switch - pitcher's blog

別名:くりぃむしちゅーな風景があるブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実が闇に…【取材カメラ、没収か=長井さんの遺留品を確認-現地入りのAPF社長】

2007.09.30 23:00

category : 時事関連

comment(0) trackback(0)

取材カメラ、没収か=長井さんの遺留品を確認-現地入りのAPF社長

 ミャンマーで治安部隊の銃撃を受け、死亡したジャーナリスト長井健司さん(50)が撮影していたビデオカメラが、警察側から返却されていないことが30日、分かった。長井さんが契約していたニュースプロダクション「APF通信社」(東京)の山路徹社長が同日、現地で遺留品をチェックした後、同社に報告した。
 警察当局が没収した可能性が高く、山路社長はカメラの返却を求めるとともに、遺体の搬送準備を進める。
 長井さんは銃撃され倒れた後も、ビデオカメラを握り締めていたことが、当時の映像などから分かっている。山路社長は日本を出発する際、「ビデオの映像を確認したい」と話していたが、当局の没収についても懸念を示していた。


http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007093000159
【時事ドットコムより引用】


 APF通信の社長も恐れていた事態が現実に…。

 きっと、長井さんが文字通り“命懸け”で撮ったビデオの中には、今のミャンマー政府に都合の悪いものがそこにあるのだろう。特に、永井さんを撃った治安部隊の兵士の顔が写っている可能性は高い。でなきゃ、没収なんて考えられない。

 真実が闇に葬り去られようとしている。命懸けの取材をした長井さんの死を無駄にしないよう、こちら側も命懸けでカメラを奪い返してほしいと思う。


 実は…長井さんは私の大学と関係があるようである。実際にお会いしたという訳ではないが、その事実を知ったときは、それまで以上の複雑な心境になった。


 最期までカメラを向け続けた長井さんに深く、哀悼の意を捧げます。


ランクリ、お願いします。


スポンサーサイト

「伝統」という名の“犯罪”【「かわいがってやれ」金属バットやビール瓶で殴打 時津風部屋傷害致死事件】

2007.09.27 23:30

category : 時事関連

comment(0) trackback(0)

「かわいがってやれ」金属バットやビール瓶で殴打 時津風部屋傷害致死事件

 大相撲の時津風部屋の序ノ口力士、時太山(ときたいざん)=当時(17)、本名・斉藤俊(たかし)さん=が6月、愛知県犬山市でけいこ後に急死した事件で、同県警は26日、制裁目的の暴行があったとして、時津風親方(57)=元小結双津竜、本名・山本順一=と部屋の兄弟子ら数人を、傷害致死容疑などで立件する方針を固めた。親方は斉藤さんを「ビール瓶で殴った」、兄弟子の1人は「金属バットで殴った」などと供述している。

 「かわいがってやれ」
 角界を激震させた17歳新弟子の死亡事件で、兄弟子らに制裁を指示したのは、親方だった。
 県警捜査1課と犬山署は26日、時津風親方を傷害容疑で、部屋の兄弟子ら数人を傷害致死容疑で立件する方針だ。
 調べでは、時津風部屋の兄弟子らは名古屋場所前の6月26日午前11時ごろ、犬山市に設けていたけいこ場で、斉藤さんに暴行を加え、同日午後2時10分ごろ、搬送先の病院で死亡させた疑い。
 斉藤さんは新潟県立豊栄高を2年で中退し、4月に入門。「けいこがつらい」と6月に3度、部屋を抜け出し、連れ戻されていた。
 死亡前日の6月25日も脱走に失敗。度重なる脱走に立腹した親方は夕食時、ビール瓶で額を殴りけがを負わせると、「かわいがってやれ」などと兄弟子らに暴行を指示。斉藤さんはけいこ場裏で激しい暴行を受けた。
 斉藤さんは死亡当日の26日午前7時半ごろ開始のけいこに起きてこず、11時10分ごろから開始。兄弟子ら3、4人は、5月初土俵の新弟子にとっては異例の長さとなる、約30分のぶつかりけいこを敢行。斉藤さんが土俵上に倒れても、けるなどの暴行が加えられ、金属バットも使われていた。
 その末の死亡事件。実家に戻った斉藤さんの遺体を見た遺族は「顔は赤く腫れ、体はアザと擦り傷だらけ。太ももにはたばこの火を押しつけた跡が3カ所あった」。
 真相究明を求める遺族の声に促される形で県警が動き、行政解剖の結果、死因は多発外傷性ショック死と判明。親方や部屋の全力士から事情を聴いていた。
 6月26日深夜、自宅に運ばれた斉藤さんの傷だらけの遺体を前に、親方は遺族に「通常のけいこだった」と説明。28日の会見でも、暴行やけいこの行き過ぎを否定した上で「ぶつかりけいこの直後に息が荒くなった。申し訳ないとしかいえない」などと話していた。
 大相撲のけいこや師弟関係の厳しさは伝統だが、県警は“聖域”といわれるけいこ場にメスを入れる。日大大学院の板倉宏教授は親方らについて「傷害致死は凶悪犯罪。親方も共犯として逮捕は免れない」と指摘。同容疑で現役力士と師匠の逮捕となれば、角界は権威喪失だけでは止まらない、最悪の事態に発展するのは必至だ。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/86947/
【iza:イザ!より引用】


 っきりいって、これは「集団傷害致死事件」以外の何者でもないだろう。

 気が緩んでいる力士へ一喝することはあるにしても、それが集団で、執拗なまでにやる必要性はどこにもない。むしろそれは、いつまで経っても下でくすぶっている力士のストレスのはけ口でしかない
 ビール瓶金属バット、それにタバコを押し付けられた跡…そんなものが飛び交っていて、「通常の稽古でした」という一言で、誰が納得できるんだ?おまけに、親方は火葬という名の「証拠隠滅」を図ろうとしていたではないか。立派な犯罪がここに成立している。


 「伝統」というものがある。それは重んじられるものである。
 しかし、時と場合によっては、その「伝統」が間違っているものだということもある。

 「かわいがり」という伝統は、まさに今の時代にそぐわないものではなかろうか?
 科学的なスポーツ理論が確立している今、かわいがりのような根性論を突きつけられても、それがどういう目的なのかがはっきりしていないと選手は受け入れようとしないし、そのような理論を並べているだけの指導者は“無能”だとされる。

 だから、昔は通用していても、今は「集団傷害致死事件」として警察のメスが入るようになったのだと思う。


 そういう時代背景、そしてなにより人が死んでいる事実があるのに、それは「伝統」だの何だのと言っている相撲界は終わったな。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m


想 定 内【福田内閣支持率57・5%、発足直後で4位…読売世論調査】

2007.09.26 23:10

category : 時事関連

comment(0) trackback(0)

 いにブログの連続更新が、昨日の未更新で16でストップ…まぁ、だけどよく続いたよな…。連続登板なら、とっくにプロ野球新記録か?(^^; まっ、それはさておき、今日の更新記事..._〆(・_・。)

福田内閣支持率57・5%、発足直後で4位…読売世論調査

 福田内閣の発足を受け、読売新聞社は25日夜から26日にかけて、緊急全国世論調査(電話方式)を実施した。

 新内閣の支持率は57・5%で、不支持率は27・3%だった。支持理由では「安定感」を挙げる人が最も多かった。

 新内閣が当面する最大の課題となるインド洋での海上自衛隊の給油活動継続については、「賛成」が47%で、「反対」の40%を上回った。調査で浮かび上がった民意は、民主党が参院第1党となった「ねじれ国会」での与野党攻防に影響を与えそうだ。

 福田内閣の支持率は、発足直後の調査(大平内閣以降)では、小泉内閣の87・1%(電話方式)、細川内閣の71・9%(面接方式)、安倍内閣の70・3%(電話方式)に次いで4番目の高さとなった。

 支持政党別に見ると、自民支持層は83・0%、公明支持層は約7割に上った。支持政党がない無党派層も支持(42・2%)が不支持(32・0%)を上回った。

 支持する理由(一つ選択)では、「首相に安定感がある」(50%)が「政策に期待できる」(13%)「自民党と公明党の連立政権だから」(12%)などを引き離した。「お友達内閣」と言われ、若さや未熟さを指摘された安倍内閣の反動もあり、福田首相の安定感が支持率に結び付いたようだ。

 新内閣では、安倍改造内閣の閣僚の大半が再任されたが、この首相の判断を「適切だった」と思う人は67%で、「そうは思わない」は21%だった。自民党4役にいずれも派閥の領袖(りょうしゅう)が起用されたことについては「好ましくない」(56%)が、「好ましい」(30%)を上回った。

 海自の給油活動の継続については、「賛成」(47%)が多数派となった。調査方法や質問が違うため、単純には比較できないが、9月8、9日に実施した全国世論調査(面接方式)では「反対」(39%)が「賛成」(29%)を上回っており、活動継続の必要性が国民に浸透しつつあることがうかがえた。

 この問題では国連安全保障理事会が対テロ作戦への「謝意」決議を採択したが、民主党は海自の給油活動を認める根拠にはならないとして、活動継続に反対している。こうした民主党の対応については「納得できない」(47%)が「納得できる」(38%)を上回った。

 衆院の解散・総選挙の時期については「できるだけ早く行う」は35%で、「急ぐ必要はない」は58%。9月15、16日に行った自民党総裁選告示直後の調査(電話方式)に比べて「できるだけ早く」は16ポイント減少した。


http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070926it14.htm?from=top
【YOMIURI ONLINE(読売新聞)より引用】


 ぁ、想定内の支持率だろう。個人的には、40%後半~50%台が妥当な数字、そして60%を超えたらいいほうだと見ていたが…。

 支持理由も「安定感」という声が最も多く、これも予想通り。今、必要なのは安定以外の何者でもないだろうから ― 。

 閣僚の再任については「“どちらかというと”適切」だと思う。国会の開会中で大幅な入れ替えをするには無理があったわけだし…。


 さて、問題はこの後だ。まだ「政治とカネ」によるピリピリ感は残っている。これでまた閣僚の不祥事が続出するようなことがあっては、解散総選挙に大きく響くことは間違いない。また、福田総理の動きにもマズいことがあったら致命的になりかねない。


 この数字は決して内閣に安心を与えるものではない。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m



【このブログ内での関連記事】
本格派となるか、敗戦処理か【<自民総裁選>福田氏を選出 麻生氏に133票上回る】

心身ともにボロボロ…【「改めて深くおわび」安倍首相、都内の病院で陳謝の会見】

2007.09.24 23:45

category : 時事関連

comment(3) trackback(0)

「改めて深くおわび」安倍首相、都内の病院で陳謝の会見



 安倍首相は24日夕、入院先の東京・信濃町の慶応大学病院で記者会見し、退陣を決断した最大の理由は「体調の悪化だった」ことを明らかにした。

 そのうえで、「辞意表明が国会冒頭で、特に所信表明演説の直後という最悪のタイミングになった。国政に支障を来し、国民に多大な迷惑をかけたことを改めて深くおわびする」と陳謝した。

 首相は、突然の退陣を表明した翌日の13日に「機能性胃腸症」と診断されて入院して以降、初めて公の場に姿を見せた。

 辞任の決断について、「この一か月間、体調は悪化し続け、自らの意志を貫くための基礎となる体力に限界を感じるに至った。もはや首相としての責任を全うし続けられないと決断し、辞任表明に至った」と述べた。

 また、インド洋での海上自衛隊の給油活動継続問題に関し、民主党から小沢代表との党首会談を拒否されたことについては、「健康上の理由もあり、(会談を申し入れた時点で)辞任の決意を固めていた」と述べ、退陣と引き換えに小沢氏に協力を求める考えだったことを明かした。

 自民党の麻生太郎前幹事長や与謝野官房長官が首相を辞任に追い込んだとする「クーデター」説については、「そんな事実は存在しない」と強く否定した。

 次期衆院選への対応については「地元の皆様のご理解をいただき、政治家を続けていきたい」と語った。

 会見に同席した首相の主治医、日比紀文・同病院消化器内科診療部長は、首相の容体について、「点滴と安静で数日間での完治を期待していたが、食欲が回復せず、5キロ減った体重が全く戻っていない」と述べ、もうしばらく入院が必要だとの所見を示した。


http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070924i111.htm
【YOMIURI ONLINE(読売新聞)より引用(写真も)】


 りゃ、ひどいな(´・ω・`)

 辞意表明してからはじめて公の場に現れた首相の姿は、まるで玉手箱を開けてしまった浦島太郎のような変わりっぷりだった。

 まるで覇気がない。

 あまりにもやつれている感が否めない。

 その着ているスーツは大きすぎる気がした ― 。


 確かに、あの辞意表明は最悪のタイミングだった。体調のことは本人でなければ分からないこと ― だからこそもっと早い決断をし、そしてあの会見で言うべきだった。そうすれば、まだ受け取り方は違ったはず…この期にとやかく言っても仕方のないことだが。


 拉致問題や日中・日韓関係の改善をはじめとする、プラスに働いた功績は大きいが、同時に身内の不祥事に対する対応のマズさという、マイナスの功績も大きかった。それは決して消えることのないものだけど、あの姿を見てしまった今は快方へ向かうことだけを望みたい。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m



【このブログ内での関連記事】
同情もできない…【安倍首相:辞任の意向表明 「局面を転換」理由に】

本格派となるか、敗戦処理か【<自民総裁選>福田氏を選出 麻生氏に133票上回る】

2007.09.23 22:45

category : 時事関連

comment(2) trackback(0)

<自民総裁選>福田氏を選出 麻生氏に133票上回る



 自民党の第22代総裁に福田康夫元官房長官が選出された。同党は23日の両院議員総会で、安倍晋三首相(自民党総裁)の退陣に伴う総裁選を行い、党所属国会議員と各都道府県連の代表者による投票の結果、福田氏が330票を獲得。197票を得た麻生太郎幹事長を133票上回り、新総裁に選出された。任期は安倍首相の残り任期となる09年9月30日まで。

 福田氏は同日夕に就任記者会見を行い、幹事長をはじめとする党役員人事に着手。24日に幹事長など党の新役員を指名し、公明党の太田昭宏代表らとの政策協議で公明党との連立政権維持を確認する。25日には国会の首相指名選挙を経て新首相に就任し、同日中の組閣を目指す。「福田新政権」の党役員・閣僚人事が当面の焦点となる。

 両院議員総会は午後2時から党本部で行われ、党所属国会議員(衆院304人、参院83人の計387人)各1票、47都道府県連代表各3票(計141票)の計528票(無効1票)で争われた。臼井日出男・総裁選管理委員長が開票結果を読み上げ「福田新総裁」誕生が決まった。

 福田氏は麻生派を除く党内8派閥の支持を取り付け、国会議員票で優位に立った。地方票では、麻生氏が東京、大阪など都市圏や九州地方で健闘した。

 福田氏は衆院当選6回(群馬4区選出)の71歳。故福田赳夫元首相の長男。00年10月、第2次森内閣の官房長官に就任し、続く小泉内閣でも官房長官を務め、歴代最長の1289日の在任記録を作った。06年の「ポスト小泉」の総裁選では、同派閥の安倍晋三首相が出馬したため、立候補を見送った。


http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/jinin/news/20070923k0000e010024000c.html
【MSN毎日インタラクティブより引用(写真も)】


 想通りの結果…というか、とんだ茶番劇というか…。

 安倍政権下で見られた「不安定」を払拭することだけを考えれば、キャラがたち、口のうまい麻生氏より、安定感のある福田氏の方が妥当である。政治家に求めるのはキャラではない。“そういう意味”で、私は福田氏選出でいいと思っている。

 しかし、だ。いくら福田氏に安定感があるとはいっても、今の国会は「ねじれ国会」という、この上ない不安定の中にある。民主党をはじめとする野党は一刻も早い衆議院解散へ持ち込むシナリオへ躍起になっている。

 つまり、ここで衆議院解散が決定し、民主党へ政権交代という自民党にとって最悪のシナリオが完成してしまったら元も子もないのだ。そうなっては安定もクソもないだろうな。

 まぁ、いずれにせよ、選ばれたからには着実に仕事をこなしてほしい。だって、それしかないし、それ以外をする必要性はないのだから。


 先発・安倍は立ち上がりこそまずまずだったが、大乱調の末の降板となった。さて、安倍が去ったマウンドを引き継いだ福田は ― 衆議院解散までの「敗戦処理」となるのか、この試合を耐えて「本格派」としてマウンドに上がり続けるのか、国民の注目は続く。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m


国の品格が問われる【なでしこ「謝謝」横断幕に中国で賛否激論】

2007.09.22 23:00

category : 時事関連

comment(1) trackback(0)

なでしこ「謝謝」横断幕に中国で賛否激論



 日本の女子サッカー代表チーム「なでしこJAPAN」が、17日に杭州(中国)で行われた女子W杯1次リーグA組ドイツ戦で、観客からブーイングを受けたにもかかわらず、試合後に「謝謝」(ありがとう)と中国への感謝を表した横断幕を掲げたことが、中国内で論争に発展している。「勇気に感動した。見習うべきだ」と称賛する声と「過去の侵略を認めない日本の宣伝活動に感動するなど中国の恥だ」と反発する声がメディアも巻き込んで交錯。08年の北京五輪に向け、中国では観客のマナー向上が課題となっており、今後も騒動は広がりそうだ。

 日本チームが横断幕を掲げたのは、17日に杭州で行われた女子W杯のドイツ戦。ドイツ・サポーターを装った圧倒的多数の中国人観客からブーイングを浴びる中、0―2で敗れたが、選手は試合後に観客席前で整列。「ARIGATO 謝謝 CHINA」と書かれた横断幕を広げ、深々とおじぎした。

 翌18日、四川省の成都商報(電子版)が写真付きで伝えると、話題は全国に飛び火し、主要サイトには「最大の敗者は日本選手ではなく(マナーの悪い)観客だ」(中国網)と反省を促す書き込みが。しかし「日本に手心を加えるな」「ブーイングは当然」との反論も相次ぎ、一部ではネット上でののしり合いも起きているという。

 こうした中で20日付の週刊紙「国際先駆導報」は、日中の歴史問題の重要性を認めつつも「中国には未来志向で健康的な大国意識が必要」と強調。歴史問題をスポーツに絡める態度をやんわりといさめた。

 中国では2004年のサッカーのアジア・カップで、日本チームに激しいバッシングが巻き起こった経緯がある。日本対中国の決勝では、6万人のブーイングが国歌斉唱のときから鳴り響いた。日本が勝利を収めた後も、怒った中国人群衆が会場周辺で騒ぎを起こしている。

 こうした背景を受けて、08年に行われる北京五輪に向けて中国では、観客のマナー向上が最大の課題となっていた。北京五輪組織委や北京市では、スポーツ観戦のマナー向上の活動を展開している。日本女子サッカーチームの行動は、感動か、恥か、今後も論争は続きそうだ。


http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070922-OHT1T00091.htm
【スポーツ報知より引用(写真も)】


 ポーツに政治を持ち込む国で、果たして1年後のオリンピックは問題なく運営できるのだろうか。

 内部に歴史認識の問題が絡んでいるのは分かりきったことだが、よく考えてほしい。事の原因となった場所はスタジアム ― すなわち、“スポーツ”である。政治的要素はどこにもない。だが、「過去の侵略を認めない日本の宣伝活動に感動するなど中国の恥だ」と、“こじつけている”。

 これはマナーの問題どころではない。中国の「国の品格」が問われるのではないだろうか。ご存知だろうが、中国は事実上の一党独裁体制独裁国家であるといってもいい。国民に反日感情を植え付け、煽り、利用することで国を統一することができない国であると見られても仕方がない。それこそ“恥”であることになぜ気づかない?過去のことは決して消し去ることはできないが、それをゆがんだ形で利用してはならない。

 1年後にオリンピックを控えているせいか、メディアは中国国民の行動について批判はしている。だが、その批判は本心でしているか?オリンピックなどが近い時期に控えてなくても、果たして同じことが論じられたか?

 なでしこJAPANの行動は、恥ずべき行動ではない。胸を張れ!誇りを持て!恥ずべきなのは、なでしこJAPANが示した感謝を伸し付けて返した中国にある。オリンピックまでの1年、中国の品格はどう変化するのか、見物である。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m


カテゴリー整理

2007.09.22 00:20

category : ブログ関連

 分類の記事が多くなったことに伴い、カテゴリーの整理を行いました。

 新たに「スポーツ関連」「その他ニュース関連」のカテゴリーを設置、「未分類」に分類された記事を見直して再分類いたしました。

 ブログランキング等から訪問された場合、時間によっては「最新記事」として表示されている記事とズレが生じている恐れがあります。ご了承ください。

れっきとした“犯罪”だ【「いじめというより犯罪」文科相が批判 神戸の自殺】

2007.09.21 22:50

category : 時事関連

comment(3) trackback(0)

「いじめというより犯罪」文科相が批判 神戸の自殺

 神戸市須磨区の私立高校で男子生徒が自殺し、同級生が恐喝未遂の疑いで逮捕された問題で、伊吹文明文部科学相は18日、「報道の通りとすれば、いじめというより犯罪。警察で調べているが、どういう状況だったのか実態を知りたい」と話した。

 男子生徒の自殺は、同級生からの金を要求するメールが関係していた疑いがあるが、伊吹文科相はこの点について、「目に映ることだけを把握すればいいのではない。いじめが見えにくくなっているのは確かだが、相談できる先生、保護者がいるかどうかだ」との見解を示した。


http://www.sankei.co.jp/kyouiku/gakko/070918/gkk070918001.htm
【Sankei WEBより引用】


 「いじめというより犯罪」…この伊吹大臣の言葉を聞くと、私は残念に思う。

 「いじめ“というより”犯罪」ではなく、「いじめ“は、れっきとした”犯罪」ではないのか?

 無視や仲間はずれなど、はっきりと“犯罪”とは言い難いいじめもあるので非常に難しい部分ではあるが、少なくとも殴る、蹴るということをすれば傷害または暴行罪、金銭を要求すれば恐喝罪、持ち物を使い物にならないようにすれば器物損壊罪、誹謗・中傷すれば名誉毀損や侮辱罪 ― 。

 少し考えてもこれだけの罪に当てはまりそうなのに、「いじめ“というより” ― 」という言葉は、まだいじめの存在を重く見てないことなんだと思う。しかも伊吹大臣には、過去に「自殺する」という手紙を何度も受け取り、いじめについて深く考える最大の契機があったではないか。

 「いじめ=犯罪」ということに気づかない以上、いじめを苦に自殺する者は後を絶たないし、会見で「いじめはなかった」と、自身の体面を守っているような、腐敗しきった学校もなくならない。

 加害者や自身の体面を守って、被害者を守らない ― そんな世の中だから、いじめに苦しむ子供は教師なんかに相談できないんだ。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m


ハイジも驚愕!

2007.09.20 22:25

category : 野球関連

comment(4) trackback(0)

 っ、とりあえずは次の動画を見てちょうだい^^ 話はそれからだ(`・ω・´) b ビシッ!!



[READ MORE...]

夏合宿へLet's ら GO!! ~ The FINAL Day ~

2007.09.19 22:55

category : 日記

comment(3) trackback(0)

 て、この夏合宿シリーズもついに最終回

 まぁ、最後の日は帰らなくてはならないのでイベントなんぞないですよ。バスが来るまでは完全なるFREE TIME

 まぁ、そんなわけで、白樺湖にある“水上自転車”に乗ってみようということで一路ボート場へ…。

………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………はい、到着^^

 しかし、到着した途端、そこにいた係員が放った言葉に衝撃が走った。

 先輩:『あのー、水上自転車に乗りたいんですが』
 係員:『ん?こっちにはないよ

 そう、こっちには自転車がなかった。係員がいうには、対岸のボート場にしか水上自転車がないんだと。…まぁ、よくみりゃ、こっちのボート場にそれらしきものがないな。スワンばっかり…。

 で、さらに係員は話す。

 係員:『あぁ、それと、水上自転車は4台しかないよ』

 ここにいるのは、自分と友達が3人、それと先輩が2人…。

乗れないジャン!! !Σ( ̄□ ̄;

 …で、どうしたか。

オ レ 、 あ き ら め ま し た (・ω・`)

 理由として、ムダに金がかかることがわかったんだ。水上自転車は30分で800円、そして対岸へ行くのに使う渡し舟が片道だけで200円…戻ってくるのにも200円だから、合計400円

 う~ん、いかがなものか。いや、こんなところで出し渋りをするのもどうかとは思ったんだけど、『どうしても乗りたい!』わけじゃなかったし、なにより昨日の疲れが…オマケに、かなり遅くまで飲んでたし(-_- ゞ

 で、友達3人+先輩1人が乗ったボートを見送った後、ちょっと歩くと釣りをしている先輩がいた。まっ、そこでボケーっとすることに。

 …まぁ、釣りのほうはやっぱり釣れなかった。魚はいるにはいるけど、水上自転車で釣り場を荒らされちゃ…ねf ^_^;

 で、その後はそろそろ時間が近いようだったから、お土産を買って、支度をした。


 さて、いよいよ帰る時間。来たときには天気が最悪だったから景色が見れなかったが、この日は



このように見事な天気。帰りの景色が全然違ったよ^^

 あぁ、しかし疲れた…。バスの中で大学につくまで寝るわ。

………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………で、時刻は午後6時半頃。予定だととっくに大学についてるはずなのだが…。

な ぜ か 渋 滞 の 真 っ 只 中 !

 …なんでも、30kmものの大渋滞に巻き込まれているんだと。グースカ寝ている間にナンテコッタ…(´・ω・`)


 結局、大学に着いたのは午後9時頃。そして、そっから電車で1時間半かけて帰宅。あ~っ、疲れた。

 そして、翌日はHEROを観に行く、と。そんな感じの夏合宿でした。




ランクリ、お願いしますm(_ _)m



【夏合宿シリーズ】
ちょっと行ってくらァ!
夏合宿へLet's ら GO!! ~ The 1st Day ~
夏合宿へLet's ら GO!! ~ The 2nd Day ~
夏合宿へLet's ら GO!! ~ The 3rd Day ~
夏合宿へLet's ら GO!! ~ The 4th Day ~

お疲れ様でした【古田監督 19日に引退と退団発表へ】

2007.09.18 21:50

category : 野球関連

comment(3) trackback(1)

古田監督 19日に引退と退団発表へ

 ヤクルト・古田敦也監督(42)の今季限りでの現役引退と退団が、19日にも発表されることが17日、分かった。引退は体力の限界、退団は成績不振の責任を取るためで、球界29年ぶりの兼任監督は2年の短命でユニホームを脱ぐ。

 兼任監督として2年目の今季は開幕直後から出遅れ、上位争いに絡むことができないまま下位に低迷。また、選手としても右肩痛の影響で出場わずか3試合と不本意なシーズンとなった。球団側は18年間ヤクルト一筋でプレーしてきた貢献度も考慮し、8月4日に鈴木球団社長が専任監督としての来季続投を要請。態度を保留した古田監督に対し、ここまで慰留に努めてきた。しかし、低迷の責任を感じて退団の意思を固めている古田監督を翻意させるのは困難と判断。2年の監督契約が切れる今季限りでの退団が正式に決まった。

 シーズン途中での退団発表となるが、すでにクライマックスシリーズ進出は絶望。鈴木球団社長も「方向性が出たら早めに報告する」と話している。引退試合は10月7日の最終戦(対広島、神宮)とする方向で調整されており、古田監督は残り試合に全力で采配を振ることになる。


http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/09/18/04.html
【スポニチ Sponichi Annexより引用】


 た1人、ユニフォームを脱いでいきます。分かっていることですが、さびしい限りです。

 やはり、選手監督という、二足のわらじを履きこなすことは容易なことではなかったですね。「代打、オレ」というのも少なかったですし…。

 今後のことはどうするのでしょうか。もし新監督からコーチ要請があったら、引き受けるのでしょうか。解説や、タレント…?いずれにせよ、すぐに決まるものではないですね。

 まぁ、とりあえずは明日の会見に出席し、残りの試合を悔いのないよう、戦い抜いてください。本当にお疲れ様でした。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m



【このブログ内での関連記事】
古田 今季限りで現役引退へ

※「夏合宿シリーズ」は本日お休みします。

※この記事の投稿が、おかげさまで本ブログ100記事目の投稿となりました。
  本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

夏合宿へLet's ら GO!! ~ The 4th Day ~

2007.09.17 23:00

category : 日記

comment(2) trackback(0)

 こ1週間、ブログを毎日更新していることにビックリしつつ、夏合宿も4日目ですか(^^ ゞ


 夏合宿4日目はスポーツ大会。宿から少し離れたところに体育館があるということで、またもやバスで移動。

………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
……… で、体育館に着いたわけだけど、

なんか異常なまでに施設がキレイ過ぎるんだわ(=゚ω゚)!

 …まぁ、場所的に頻繁に使われるものではないけどさぁ…f ^_^;

 そんなところで各学年が均等になるようにチーム分けをして、最初にやったのはバレーボール

 しばらくトスやらサーブの練習をしてボールになれたところで試合をしたんだけど、直前になってボールがフツーのヤツからフニャフニャのボールに変わったんだよ。

 これがマズかった

 最初にサーブを打つことになったんだけど、ボールの質が練習のときと全然違ったからさぁ、失敗しそうな予感があったんだよね(^^;

………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………予 感 的 中 。

 えぇ、見事なまでのネットまっしぐらですよ。もう、ダメだわぁ…。

 …あっ、結果?まぁ、『よくなかった』とだけ言っておこう。

 1回トーナメントをやった後に、今度はフツーのボールでもう1回トーナメントをやったんだけど、最初とさほど変わらない結果だった(-_-;)


 で、昼飯と休憩を挟んで、午後はドッジボール

 ドッジボールは学年別での試合。ドッジボールはいろいろとハプニングがあったな。

 まずは自分に起きたこと。4年生との試合で、残り少なくなった内野にいたんだけど、ボールがずっと4年生のターンだった。

 で、とりあえずは来るボールをひたすらに避け続けるわけだが、あまりにも攻撃が激しいから靴が脱げたんだよ

 すぐさま脱げた靴を取ると、目の前にはボールを持った先輩…。

 『やばい!!』って本気で思ったとき、人ってとてつもない動きをするんだね。

靴を拾わずに、そこからものすごいスピードで逃げたんだよ、『うひゃあぁぁぁぁっ!!!』って><

 そしたら『そんなに逃げなくても…さすがに靴ぐらいは待つから(¨;)』って。お~っ、恥ずかしいぃ~っ!o(≧≦)o

 その後3分くらいは1人で逃げ続けたものの、力…尽き…ま…した…(バタッ


 次に2年生との試合。いくつかのファインプレーがあったけど、攻められてこっちの内野が女子1人という後がない場面。

 2年生が投げたボールがその女子の顔にクリーンヒットしてしまったときの、体育館の空気がすごかった。

 コートは2面あって、2試合ずつやってたんだけど、もう1試合のほうは先に終わっていたからこの試合はサークル全員が見ていたわけだ。

 当たった瞬間、敵味方関係なしに一斉に

Boooooooooooooooooooooooooooooo!!!!!

 ボールが当たったときの音がすごく響いたから、余計にこのブーイングはすさまじい威力だった(^^; カワイソスギル…><


 まっ、そんな感じでスポーツ大会も、ものすごい盛り上がり(!?)のうちに終わり、宿へ戻って夜に。

 今まで特に触れなかったけど、合宿中ずっと夜は飲み会なんですよ(というか、触れちゃいけない気がする…年齢的に(ぁ )。

 その最後の飲み会で、なにやら1年生にプレゼントが。

 1人1人前に呼んで、中を確認してもらっては後ろのステージへ姿を隠していき…しばらく経ってステージから出てくると安O総理のかぶりものやら、ヘリウムガスを吸ってヘンな声を出したり…と、めちゃくちゃおかしいプレゼント(^^; その場限りだと思うのはナイショ。

 で、順番がまわってきて…出てきたのはみんなのプレゼントよりデカい袋。否応なしに笑いへの期待が高まる><

 『じゃあ、開けちゃってくださいっ!』と、袋を開けて中を確認…ん?なんだこれは。少なくともかぶり物ではないな…。

 オレ:『ええと…これは…?(・・;)』
 先輩:『ん?…あっ、これか。じゃ、ここで出していいよ^^』

 で、袋から出てきたのは…[READ MORE...]で確認してちょーだいっ!><

[READ MORE...]

閉園すべき【大阪・エキスポランド コースタートラブル当日、地元吹田市に報告せず】

2007.09.16 22:35

category : 時事関連

comment(2) trackback(0)

大阪・エキスポランド コースタートラブル当日、地元吹田市に報告せず

 「エキスポランド」(大阪府吹田市)のジェットコースターが正常に停止せず、コースをほぼ2周したトラブルで、運営会社のエキスポランド社が、エキスポランドを所管する吹田市に、トラブルの発生を当日中に伝えていなかったことが16日、わかった。一方、この日の同社の調査ではトラブルの原因特定には至らず、17日も引き続き運行停止して調査を行う。

 連絡の遅れについて同社は「担当部局に電話をかけたが、不在だった。けが人なども出ていなかったので、15日夕にFAXで報告した」と釈明。市側は16日朝、報道でトラブルを知り、同社に説明を求めた。

 5月に起きたコースター死傷事故では119番通報が遅れたため、8月の営業再開に当たって作成した「危機管理マニュアル」で緊急時の連絡体制を見直したばかり。市関係者は「担当者の携帯電話の番号ぐらいは知っているはず。あまりに意識が低い」と話している。

 市は16日、エキスポ社幹部を呼び、事故原因の究明と再発防止策が講じられるまでの間、トラブルの起きたコースター「OROCHI(オロチ)」を運行しないよう文書で指導。現場に職員3人を派遣し、原因調査に立ち会った。

 調査は同日午後、メンテナンス会社の係員が実施。車両の接近を関知するセンサーや制御装置のプログラムなどを調べたが、原因特定には至らなかった。

 トラブルは、15日午後に発生。乗客10人を乗せたコースターが全長1200メートルのコースを1周した後、ホームで停止せず、2周目を走行。再度ホームに戻る直前で安全装置を操作し、停止させた。


http://www.sankei.co.jp/sports/sports/070916/spt070916001.htm
【Sankei WEBより引用】


 年5月に死者を出す大惨事を起こしてから4ヶ月…杜撰な管理体制は改善の兆しを見せないことがこれではっきりしました。

 15年も遊具の点検をしないという、起こるべくして起きた「事件」を、エキスポランドは重く受け取ってないのでしょうか?人を殺しておいて、まだ“安全”を軽視し続けるというのでしょうか?

 「けが人が出なかったから」などと釈明しているようなら、もうエキスポランドは閉園すべき。すべてのトラブルを防ぐことは不可能であることは重々承知だが、その対応が杜撰で、過去の教訓を生かせないような会社に、とてもじゃないが「安全」を求めることはできない。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m



【このブログ内での関連記事】
金属疲労、一度も検査せず=コースター含む全遊具で-エキスポランド捜索・大阪


※「夏合宿シリーズ」は本日お休みします。

夏合宿へLet's ら GO!! ~ The 3rd Day ~

2007.09.15 22:30

category : 日記

comment(2) trackback(0)

 て、合宿も折り返しとなる3日目^^


 …っとその前に、いまさらだけど合宿中に更新できなかった訳を書いておく。

 まぁ、こんだけの文章をケータイひとつでズラズラとやってられないのも理由のひとつなんだけど、実は泊まっていた宿はほぼ

圏 外

だったんだ。これじゃ、話にならないわ┐(´ー`)┌ 1歩宿の外に出ると圏外から脱出できるのだが、どうも中に入るとつながらない…どんな隔離だよ。気がめいるわぁ…(´・ω・`)

 じゃ、話を元に戻そう^^


 3日目ともなれば、ようやく(?)“合宿”らしい部分が出てくる。それは…

………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………

ミ ー テ ィ ン グ !

 …まぁ、これがなければ何の変哲もないサークル旅行だわいなf ^_^;


 学園祭の企画会議というものなのだが、これが長い長い

 朝飯を食べ終わって少したった午前9時半頃から会議が始まる。基本的には企画の資料を順番に検討し、どんどん質問をしていくというもの。

 …とまぁ、なんだか昨日までと流れている空気がまるで違うように思うだろうが、実際はそうでもなかった。

会議の中心となった2年生がめちゃくちゃハイテンションだったんだよ!( ^ω^)

 いやぁ、これには助けられた(^^ ゞ さすがに違った方向に行きそうになったときには4年生が『ちょっと抑えようか』と、止めるシーンもあったんだが(あくまでも“会議”だからね)、ハイテンションじゃなかったらとてつもなく重苦しい空気が流れていたと思う。ただハイテンションだったわけじゃなく、質問の答えがしっかりしていたのはさすが先輩。

 …だけどね、さすがに明るい会議でも長時間やってると正直キツイね。休憩やら昼飯の時間やらを含めて会議が終わった時間が4時頃って…。なんでも、これでも早く終わったほうなんだと(-_-;)


 で、しばらくするともう夕飯だよ。この日は豪華だぜ~^^

その名も B B Q !

 んで、ガッツリ食った後はHA☆NA☆BIをドッカ~ンと^^

 空を見れば一面の星空…晴れてよかったよ。あんなにキレイな星空はそうそう見れるモンじゃないし^^ …写真にうまく取れなかったけど(´;ω;`)ウッ…

~The 4th dayへ続く!~


ランクリ、お願いしますm(_ _)m



【夏合宿シリーズ】
ちょっと行ってくらァ!
夏合宿へLet's ら GO!! ~ The 1st Day ~
夏合宿へLet's ら GO!! ~ The 2nd Day ~

夏合宿へLet's ら GO!! ~ The 2nd Day ~

2007.09.14 23:15

category : 日記

comment(2) trackback(0)

 日目の合宿はつまらなかった

 …あっ、いや、楽しいんだけどね…なぜかつまらない。う~ん、何を矛盾したことを言ってるんだ?(・ω・`)

 まぁ、つまらない原因となったのはすべてTyphoonであることには間違いないな。見事に直撃だもん。

 朝からニュースはその台風情報ばっかで、聞いていると通学で使ってる路線がすべて運休だと。…ハハッ、今日が合宿の出発日でなくてよかったぜ(^^;


 さて、合宿2日目の最初のイベントは“そば打ち体験”。そりゃ、場所が信州だもん。信州といえばそばでしょ。

 ってなわけで、バスに乗り込んでそば道場なる場所へ行ってきた。今日作るのは六割そば…っていってたかな?十割だと素人にはとてもじゃないけどまともに作れないんだと。“つなぎ”がないから、ボロボロになってどうしようもないんだと。

 で、最初にやることは『そば粉に水をいれ、いくつかの塊になるように手早く混ぜていく』。で、やってみるんだけど…どうも言われたような感じにならない。指がベットベトでさぁ…言っちゃあ悪いけど、まるでガキの泥遊び。早くも絶望感が…(´・ω・`)

 そう思っていたのもどうやら最初だけのようで、次第にそば粉がまとまってきた。どっかで見たことのある感じの生地になったよ。よかったよかった。

 んで、生地をこねたり、伸ばしていったり、切ったり、茹でたりしてめでたくそばの完成!なんとかボロボロにならず、まともな長さのそばができてよかった。ちなみに、これが今日の昼飯…まだ12時もなってないのに(^^ ゞ

 さて、そば打ち体験も終わってしまい、また宿へと引き返すわけだが、この後の予定が“ハイキング”となってますが…天気?聞くまでもないでしょ(-_-;


 で、結局どうなったか。このままずっとFREE TIMEにするわけにもいかないということで、ハイキングの代打でかくれんぼをすることに。何度でも言う、宿は貸し切りだ!( ^ω^)

 最初は隠れる側になったんだけど、肝心の隠れる場所がないんだよ。部屋はいくらでもあるんだけど、押し入れだけじゃねぇ…。

 まぁ、何もしないわけにもいかず、とりあえず押し入れに隠れることに。押し入れには布団がたくさん…ん?

………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………隠れましたよ、布団の中に!

 …だけど、失敗だね。重いわ、暑いわ、息苦しいわ、動けないわで…。はよ見つけてくれ…。

………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………あ っ さ り と バ レ ま し た 。

 そんなかくれんぼもあっという間に終わってしまい、やっぱり残り時間はFREE TIME。まぁ、しょうがないよなぁ。


 もうね、この後はホント何もないからここら辺で2日目は終了!\(・ω・´)ピタァ!

~The 3rd dayへ続く!~


ランクリ、お願いしますm(_ _)m



【夏合宿シリーズ】
ちょっと行ってくらァ!
夏合宿へLet's ら GO!! ~ The 1st Day ~

夏合宿へLet's ら GO!! ~ The 1st Day ~

2007.09.13 23:00

category : 日記

comment(2) trackback(0)



 うやく夏合宿のネタを書くことになったぜ!(`・ω・´) b ビシッ!!

 …まっ、このネタを書こうとしても、HEROを観に行っちゃったり成績表が家に送り付けられたり安倍総理がKY辞任しちゃったりして、別のネタを書いていたからどうも遅くなるわけだ。1日に何度も更新はしたくないし。


 さて、話を戻そう。行った場所は写真をどっからどう見ても

白 樺 湖 なんだ( ^ω^)

 この写真は合宿初日、宿へついてすぐに撮ったもの。

天気の悪さがよくわかるだろ?(^^;

 なんでも、ウチのサークルは天気に恵まれないらしい。今年は強烈な台風が直撃間近だったしねf ^_^;

 しかし、ホントに行くときから天気はひどかったな。集合が大学なので、荷物を持って大学へ行くわけだが、大学の駅に着いたときにはすでに大雨。折りたたみ傘で耐えられるレベルじゃねーぞ!!(#´`ω´)/

 まさに駅で立ち往生だよ。どしゃ降りの中を突っ走ったら確実に荷物が濡れる…。荷物が濡れないよう、袋をかける?んなことできたら、苦労しねぇよ。

 そんな感じで向こうに着く前から途方に暮れていたんだが、奇跡が起きた!!

晴れたんだよ!!

 いやぁ、5分間途方に暮れた甲斐があったってもんだ(^^;

 で、その晴れ間を見計らって、とっとと集合場所である駐車場へすっ飛んで行き、バスに乗ってさぁ出発!

………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………あっ、ごめん、移動中は特段何もなかったので省略(ぉぃ


 宿に着いたのは午後2時頃。夕飯の6時まではFREE TIMEだったんだけど、何してたかな…。天気は悪かったから外は行ってないはず。う~ん…。

………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………あっ、思い出した、大富豪だ!!(^^ ゞ

 大富豪ってさ、いろいろとルールがあるよな。“しばり”は当然として、その上を行く“激しば”とか、“スペ3”やら…。あと、ルールとはちと違うけど、“8切り”というのを『やぎり』と言っていたんだけど、ある友達は『はちきり』って言ってたんだ。言い方もいろいろあるんだな。

 ただ、『あれ、“大富豪の没落”ってアリ?』って聞いた瞬間、みんななぜか

へ?(・・;)

だとさ…。ちょちょちょちょちょ…えっ、没落ルールは超ローカルルールなの?えぇぇぇぇぇっ!?

 …後でウィキペディアを見たらありました。ただ、ネーミングが“都落ち”だったというのはナイショ。

 まぁ、その没落ルールはみんな知らなかったようなので、この日は却下。まぁ、この日は何度やっても大富豪がずっと大富豪のままというありえない強さだったから、ルールがあっても無意味だったな(^^;


 さて、メシを食い終わると夜の定番(?)肝試し!…ただし、雨が降っているので室内で。まぁ、宿は事実上の貸し切りだしな!( ̄ー ̄)v

 クジの結果、3年生の先輩と組むことになり、もらった地図を片手に進んだのだが…意外に怖いね(^^ ゞ 暗闇に真っ黒い服装でジッとしてる姿とか…『いつ動くんだよ』ってね。動かないと逆に怖いぞ。

 だけど、一番怖いのは身内にいた。そう、ペアとなった先輩。

 とある部屋に入ろうとした瞬間、後ろから

ウワッ!!!

って…。予想外にも程があるぞ…(´Д` )


 そんな感じの肝試しも終わると、あとはずっと飲み会だとさ。やれやれ。

~The 2nd dayへ続く!~


ランクリ、お願いしますm(_ _)m



【夏合宿シリーズ】
ちょっと行ってくらァ!

同情もできない…【安倍首相:辞任の意向表明 「局面を転換」理由に】

2007.09.12 22:50

category : 時事関連

comment(4) trackback(0)

安倍首相:辞任の意向表明 「局面を転換」理由に



 安倍晋三首相は12日午後2時から首相官邸で緊急に記者会見し、「本日、総理の職を辞するべきと決意した。局面を転換して、新たな首相のもとでテロとの戦いの継続を目指すべきだ」と述べ、辞任の意向を表明した。首相は参院選惨敗後、内閣改造による政権立て直しを図っていたが、臨時国会でテロ対策特措法の延長問題の展望が開けないうえ、「政治とカネ」の問題をめぐり激しい攻勢にさらされることが確実なことなどから、政権の維持は困難と判断したとみられる。政権が昨年9月に発足して以来1年をたたずに辞任に追い込まれたことで、後継総裁問題は混迷が予想される。

 安倍首相は記者会見で、辞任を決意した理由について「(参院選後も)改革を進めていくとの決意で続投し、内閣改造を行ったが、今の状況ではなかなか国民に支持、信頼され、力強く政策を前に進めていくことはできない。ここは自らがけじめをつけることで局面を打開しなければならないと判断した」と説明。

 また「私がいることによって、残念ながらマイナスになっている。私が首相であることで野党党首との会談もできない状況が生まれている」と語った。さらに「なるべく早く、本日から次の自民党総裁を決めて欲しい」と述べた。


http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/jinin/news/20070912k0000e010084000c.html
【MSN毎日インタラクティブより引用(写真も)】


 月にあった参院選で自民党が惨敗を期した時、私はこのブログで『続投宣言をしても即効性のある結果を出さない限り、安倍政権は終焉を迎える』というコメントで締めくくった。
 確かに結果を出すどころか、逆に内閣改造をしても問題噴出の状態ではあったが、このタイミングでの“終焉”はあまりにも予想外だった。

 なんかもう…記者会見の時の安倍総理の表情を見ると涙目で、心身ともにボロボロでかわいそう…だけど、これまでの経緯を見ると同情したくてもできないよなぁ。


 ここまで追い込む直接の原因を作ったのは、紛れもなく総理を支えるはずの閣僚たち。“総理の任命責任”というものがあるにせよ、それを差し引いても5人の閣僚(佐田玄一郎 松岡利勝 久間章生 赤城徳彦 遠藤武彦)の不祥事は、安倍総理を大きく苦しめたと思う。

 つまり、閣僚の問題だけを見れば、ある程度は安倍総理に同情できたわけだけど、問題に対する対応があまりにもまずかった。大臣をかばうことで、自身の任命責任をもうやむやにするというのはいかがなものだろうか。スパッと首を切ったほうがまだ事態はスッキリしていたものを…。


 それと、このタイミングでの辞意表明。これは非常に理解しがたいし、私が同情できない最大の理由だ。

 『わが国の将来のため、子供たちのために、この改革を止めてはならない』と所信表明演説で語り、『職責にしがみつくことはない』とテロ特措法延長へ自身の進退をも賭ける覚悟もし、諸外国と約束までしておいての辞意表明 ― はっきりいって、責任放棄にも程がある。タイミングがあまりにも違いすぎるのはガキでもわかるレベル。おかしな話だ。

 タイミングなら後にも先にもあっただろう。『私を選ぶか、小沢さんを選ぶか』で敗れた参院選直後なら絶好のタイミングだったわけだし、これからだってテロ特措法の延長が失敗した後がそのタイミング。本当に理解に苦しむ。

 『局面を転換』と述べているが、転換どころか余計に事態をややこしくしているだけだ。どうするんだよ、諸外国との約束は、所信表明で誓ったことは ― 所信表明って、『私はこうしていく』と約束するものだろ?


 結果的に美しい国どころか、カネにまみれた『汚い国、日本』を残して、日本のトップの席から退く安倍総理。ポスト安倍となった人物は大変だ。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m


あいつがやってきた。

2007.09.11 23:05

category : 日記

comment(3) trackback(0)

 ん、ついに“ あ い つ ”がやってきたんだ。


 高校までなら、待たずしてやってくるのにさ…。


 大学になると、だいたいこの時期にやってくるものらしい。


 中には“あいつ”を迎えに行かなければならない大学もあるみたいだね。


 さて、“あいつ”の正体とは?気になったら続きをどうぞ。

[READ MORE...]

TAKUYA KIMURA in HERO

2007.09.10 23:40

category : 日記

comment(0) trackback(0)



 やぁ、やっぱり久利生公平はいいよ(`・ω・´) b ビシッ!!

 合宿先から帰ってきてまだ疲れが残っている中、今日はどうしても見たかった映画「HERO」を見て来た訳だが、すっごく面白かった!


 さて、この感想はネタバレ(とはいっても、パンフに書かれている程度)が入るので、確かめてから見てちょうだいな^^
 ランクリ、忘れずに!

[READ MORE...]

帰還

2007.09.09 22:00

category : 日記

comment(3) trackback(0)

 れたなぁ~…(-.-;)

 はいはい、無事に長野から帰ってきた、スイッチピッチャーです。


 まぁ、合宿先ではいろいろとありましたよ。現地から更新したかったんですけどねぇ…。

 でもね、とりあえず今は疲労が…そりゃ、4泊5日だもんな(´・ω・`)

 ブログ ― 更新していないおかげで更新ペースは0.5/日を切る寸前だし、ブログランキングは…えっ?120位以下まで急落…?

………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………ランキングなんてゴミだゴミだぁ~!(ウソ)

 …あっ、このゴミフレーズ、くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンのポッドキャストを久しぶりに聴いてみたら上田が、とある後輩芸人の外れた行動に対して「ゴミだゴミだぁ~!」って言っていたのがツボに入り…ちょっとしたマイブームです(^^ ゞ


 さて、これからいつものブログに戻るよう、頑張りますよ、えぇ。

 合宿先での話は後日ってことで( ´ ▽ ` )ノ


ランキング定位置へ戻るようにランクリ、お願いしますm(_ _)m


ちょっと行ってくらァ!

2007.09.04 21:55

category : 日記

comment(5) trackback(0)

 日(5日)から9日までの5日間、ちょいとサークルの合宿長野へ行ってきます!

………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………「合宿」なんて響きはいいものの、実際問題、その中身は「遊び」も同然なのだがf ^_^;
いやいや、ちゃんと「合宿」らしいこともしますよ!\(・ω・´)ピタァ!


 さて、その間のブログの件なのだが…(-_-; ゞ

 とりあえず、ケータイで更新できるよう、努力はしますよ、えぇ。まぁ、ネタの集まり具合やら何やらでは、まったく合宿について触れない可能性もなきにしもあらず…なんだな(・ω・`)

 残念なことに、合宿中はちょうど台風のヤローが来ていることんだな。何にもできないぞ…。
 そして8日に映画「HERO」が始まってしまうこと…観たかったのに…(ぁ (´;ω;`)ウッ…


と、いうわけで、ちょっと“長野”へ行ってくらァ!
(`・ω・´) b ビシッ!!



合宿へ行っている間でもランクリ、お願いしますm(_ _)m


なんという…【金で解決…親も子供も宿題丸投げ 代行業者が繁盛】

2007.09.01 23:35

category : 時事関連

comment(3) trackback(0)

 てさて、早いものでもう9月ですよ。

 夏休みといったら「宿題」。私も夏休み後半になってからエンジンをかけ始めたものです…が、下の記事を見るとなんとも…。

金で解決…親も子供も宿題丸投げ 代行業者が繁盛

 「読書感想文」から「自由研究」まで、夏休みの宿題を片づける「宿題代行業者」が登場し、賛否を呼んでいる。メールなどで届いた依頼に、アルバイトの学生らが有料で応える。多くの小中学校で夏休み最後となる今週末は“駆け込み客”が殺到しているというが、「家庭学習の習慣を身につけるという本来の趣旨に反している」と、教育関係者は批判的だ。


■有名大学生らが登録

 インターネット上で宿題代行サイトを主宰するのは大阪市内の20代の男性。このサイトには東大や京大、阪大、関関同立など全国の有名大学生らが多数、登録している。

 算数の文章問題は1問500円、読書感想文は2万円で引き受けるほか、大学生のリポート(2万円~)や卒業論文(30万円程度)まで幅広く手がけている。

 そのほか、夏休みの宿題の定番である工作(5万円)や自由研究(2万円)なども請け負っており、これまで実際に「アリの研究」や「河川敷の水質調査」などを提供したという。

 依頼は主に親からで、「子供の宿題が期限に間に合わないから」という理由がほとんど。中には小学生本人から注文が来たこともあるという。メールやFAXで受けた依頼を、業者を介して登録学生に発注。高額バイトとして一部の学生に人気があり、中には月20万円以上稼ぐ学生もいるという。


■夏休みは稼ぎ時

 夏休みには問い合わせが通常の約3倍になるといい、今年はこれまでに、小学生の夏休みの宿題だけで約40件の注文があったという。代行業者は「夏休みが終わる今週末は全国からの駆け込み客が増えている」と話す。

 こうした状況に文部科学省は「家庭学習の習慣を身につけるのが宿題の本来のねらい。その趣旨からも、宿題を丸投げするのはおかしい」。大阪府教育委員会も「宿題をお金で解決するという保護者の考えが気になる。それをビジネスにしてしまう業者もどうか。子供の成長を一番に考えればゆゆしき事態だ」と異議を唱える。


■韓国でも問題化

 一方、代行業者は「読書感想文などは、あくまで参考用に渡しており、そのまま提出することは禁止している」というが、実際は目が届かないのが現状だ。

 インターネット上では、ほかにも大学生の卒業論文を代行する業者が増えており、韓国では500サイト以上が乱立。すでに出来上がっている論文などを提供するサイトもあり、日本よりも一足早く問題になっているという。

 三重大学の奥村晴彦教授(情報教育)は「宿題や課題は結果より努力した跡が大切。お金で買ったものでは意味がない。保護者や業者も『何でも金で解決できる』という考え方を子供の心に植え付けるのは良くない」と話している。


http://www.sankei.co.jp/kyouiku/kyouiku/070901/kik070901000.htm
【Sankei WEBより引用】


 なんというバカ親…。こういう親が給食費を払わなかったり、「OOちゃんと同じクラスにしろ」といったことを学校に言ったりと、教師を悩ませることをしているんでしょうな。


 卒論代行業者の登場というのを以前このブログでも取り上げましたが、案の定、 夏 休 み の 宿 題 にまで手をつけているとは…。

 「カネで何でもできる」と知った子供の将来はどうなるのだろうか。

 今の世の中、「何をするにもカネはつき物」ではあるさ。勉強するにだって、参考書を買う費用やら予備校等に通う費用やらがかかる。夏休みの宿題だって、工作ならそれにかかる費用だってつき物。

 だけどさ、“それ”と“これ”とでは、まったくの別物でしょ。たかが子供の宿題に何万もつぎ込んで「はい、宿題やりました。何か問題でも?」って、どうなの?

 普段から「宿題やれ」っていって、分からないところは親が一緒になって考える…それが親の役目でしょうが。まぁ、子供の宿題を一緒になって考えるのは共働きの家庭が増えている今の時代では難しいにしても、「宿題をやれ」って監視をするくらいはできるでしょ。

 それすらできないのならば、保護者失格だ。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m


プロフィール

スイッチピッチャー

Author:スイッチピッチャー
名前の由来:野球好きの両利きで、左右どちらでもボールを投げられることから。
もちろん、ラジオネームも同じ^^
だけど、最近はあまり活躍せず…

出身:生まれは京都、育ちは埼玉(・w・`)

好きな球団:巨人…だけど、基本的にはプロ野球全体が好き^^


なんだか、この1、2年でくりぃむしちゅー色が強いブログになっちまった(^^;

通算投球数【アクセス数】
球目
※次のキリ番は【200,000】人目!

ソザイガローさんより、キャッチボールのGIFアニメをお借りしてます。
My Blog Data
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー

ブログアーカイブ
直近1年分は月単位で表示し、それ以外は年単位で表示しております。
年をクリックすると、その年が月単位で表示されます。
ブログ内検索
RSSフィード
人気記事ランキング
人気ブログランキング
相互リンク集
24時間以内に更新されたブログには、マークがつきます。
管理者ページ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム(FC2ブロガーのみ)

Copyright ©switch - pitcher's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。