switch - pitcher's blog

別名:くりぃむしちゅーな風景があるブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かっけぇ…(=゚ω゚)!【自身の美学に従った横浜残留の三浦】

2008.11.30 23:30

category : 野球関連

comment(2) trackback(0)

自身の美学に従った横浜残留の三浦

 FA宣言からの2週間、三浦の気持ちは阪神へ移籍するかで揺れ動いた。「小さいころ、おやじに連れられていった球場が甲子園。地元の関西ということで悩んだ」。阪神側の意を尽くした対応には心底、感謝した。父親が岡田彰布前監督の後援会メンバーだったという縁もあった。

 容易な決断ではなかったが、最終的には自身の美学に従った。「三浦大輔はどうしたいのか。原点に返った。やっぱり強い者を倒したい。高校時代(奈良・高田商高)は天理や智弁を倒して甲子園へ行きたいと思った。今年は(最下位で)一番優勝から遠い位置にいるけど、何とかはい上がりたいとの気持ちがある。自分のプロ野球人生をここにかけたい」。17年在籍した横浜への愛着、残留を願ったファンの声も後押しになった。

 横浜との交渉では、チーム再建策も論議した。表立った批判は避けたが、球団への疑問に他ならない。「ご迷惑をおかけした」と阪神側に陳謝したうえで、「FA宣言してよかった」と語った裏には、球団が真剣に強化に思いを巡らす一助になったとの意味もあるのだろう。来季は35歳の三浦にとって、最大4年10億円の契約は破格。今まで以上にエースとしての活躍が求められる。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/npb/200347/
【イザ! より引用】


 っけぇ…かっこよすぎる!!><

 FA宣言をした上での残留というのは、そうそう聞かないね…あっても「残留前提での宣言」みたいな。
 中村紀洋の1回目のFA宣言(メジャー希望)が当てはまりそうだけど、あれは直前に情報が漏れたとか、よう分からん理由があったからなぁ…ホント、他球団の誘いがあった上での残留は聞かないわ。


 こういう決断を下すまで、悩みに悩んだだろうな…。自身の選手生命や今後を考えると、阪神移籍の方が安泰だったかもしれない。提示された条件は横浜以上に破格だし、熱意も半端ないものだったし。あとは“地元”である事とか…。

 だけど、それを蹴るというのは、今まで応援してくれたファンの事であったり、“いったい自分は野球人としてどうするべきか”と自身に問い詰めた結果であったり…。



 球団は「宣言残留」を進言し、三浦がそれに応えてくれたのだから、来季に向けたチーム再建に本腰を入れてもらわないと。

 球団を想う三浦を裏切ってはいけないし、また三浦本人も裏切るような結果を出してはいけない。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m

スポンサーサイト

メディア王は映画界へ ―

2008.11.26 23:55

category : ラジオ関連

comment(0) trackback(0)

 や~…まいったね。

 ひっさしぶりに生理がきてさ…あっ、くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンの話な。
 そもそも、オレだし(^^;


 このラジオでいう“生理”っちゅーのは、有田上田にする“むちゃぶり”で、月に1度の割合でむちゃぶりが入るんだよな。

 で、ここんとこの番組は罰ゲーム・クライマックスシリーズだったり、紅白出場を決めた“あの”アーティスト(笑)が番組自体を潰しにきたりと、とにかくいろいろあって生理がきてなかった(^^;  たぶん、7月あたりにやった“上田が洞爺湖サミットに出席した”というむちゃぶり以来。

 まぁ…毎週水曜にこうやってくりぃむの放送レポを書いていることも、一種の“生理”かもな(^^;  週1で生理だなんて、危険にもほどがあるぜ…∵ゞ(≧ε≦o)


 で、ひっさしぶりのむちゃぶりは、有田がS社のブルーレイディスクを買ったんだと。まぁ、コイツはポータブルにも動画を持って行けて…いわゆるP・S・Pですけど!_| ̄|〇∠))バンバン  まぁ、そいつはすげぇや。

 ほんで、そのブルーレイの「おまかせ機能」を使ってみたところ、『上田晋也物語』なる映画が録画されていたらしい!

上田の反応:「…MA☆SA☆KA ひさびさにぃ!?」><


 有田は寝ぼけていたのか、その番組を消去してしまって見てなかったんだと(^^;  でも、気になって上田にこの映画を撮ったのか聞いてみたら「…撮ったけど」∵ゞ(≧ε≦o)


 で、その上田晋也物語の内容を聞いてみると、「長嶋茂雄物語とか…ああいう感じの一環だと思ってもらってもかまわんよ」らしい。

 さらに詳細を聞いてみると、冒頭はシロクマと決闘しているシーンから始まっているらしい。で、世界のいろんな大陸を支配していく物語がストーリーなんだと_| ̄|〇∠))バンバン

 でも、シロクマを闘って「北極を支配した!」と思っても、北極に大陸なんぞないことに気づく上田。それをADにツッコまれる∵ゞ(≧ε≦o)


 その後、エジプトでテキトーに人を捕まえてツアーガイドに「コイツ強ぇの?」と聞いたら、“胃腸が強い”という人と対決することに。

 「ジャブ、ワン、ツー」と6~7分闘って、相手が「飲み物くれ」といって飲み物を飲んだところ、現地の水でギブアップ!_| ̄|〇∠))バンバン  胃腸の強さがウリなのに…∵ゞ(≧ε≦o)


 その他、飛行機の機内食で「ビーフ頼んだっつってんのにシュリンプ持ってきやがって」という大どんでん返しも入っていて、なんと105分の物語!

上田晋也脚本・監督・主演
本格冒険活劇『上田晋也物語 vol.1 ~世界を支配しろ~』
【内容】
・どんでん返し
・スリル・サスペンス
・美しい景色
・CA(キャビン・アテンダント)との口論

 …春先にvol.2、その後は調子づいて続編を出す予定なんだと_| ̄|〇∠))バンバン


 久しぶりのむちゃぶり、やっぱり時間の無駄だったというか…。


 その後、あの晋也上田のハンパねぇ質問をやったけど…なんだろ、飽きてきた(^^;  っつか、すり減ってきたな…。


 あったかくして寝ろよ~!


ランクリ、お願いしますm(_ _)m

まいったね!(テノール編)

2008.11.24 23:40

category : 日記

comment(2) trackback(0)

 や~…まいったね!(テノール編^^

 いつの間にか、このブログも2万ヒットとなったか!1万ヒットを達成した時は、ブログ開設から410日かかっていたが、今回は開設から621日 ― つまり、211日で1万ヒット上乗せということか!(=゚ω゚)!

 確実に訪問者が増えているというのは嬉しいねぇ。ありがとな~、ガハッ!><


【20,000訪問者達成時点でのブログデータ】
・開設から:621日目
・全記事数:323記事
・更新ペース:0.52記事/日

 ただ…更新ペースが下降気味(1万時点では0.55記事/日)というのはいただけないねぇ(・ω・`)  更新したいんだけど、下手すると…あと2か月は低迷するかもしれんなぁ(・ω・` ゞ  あと、コメント返しも遅れ気味…すんませんm(_ _)m

 いや、でも頑張るわ(`・ω・´) b ビシッ!!



 さて、今日は珍しく、本の話でも。

 最近、この「くりぃむしちゅー語入門」という本を買った。

 ラジオのリスナージングルでこの本の存在を知ったんだけど、どうもこの本は4年前に単行本として出したものを文庫本にして再び出した…だけらしい。
 上田はどれだけ稼げは気が済むんだろ~なゞ(≧ε≦o)  オレ、上田がこえぇ~よ…(^^;

 まぁ、その上田のえげつない稼ぎ方に騙されたワケだが(ぉぃ  、4年前じゃこの本の存在すら知らんかったし…まっ、いっか(^^ ゞ


 ちなみにこの本、先週の放送で、エジプトの文献などと称して(=お土産)プレゼントしてたな(^^;  ついで、「上田の鼻につくところ」も書いて応募とか_| ̄|〇∠))バンバン


 で、本の話だけど…まいったね!(テノール編^^  上田の彼女に放った名言なんて、あまりにもクサすぎる!_| ̄|〇∠))バンバン


 ちょくちょく、名言を言った時のイラストがはさんであるんだけど、これを見るだけでも面白いわぁ^^

 「だって俺だぜ(2回目)」や「これって喫煙者の宿命だよね」「ほんとにとっておいたほうがいいかもね」のイラストが特にツボで…_| ̄|〇∠))バンバン


 こういう本を新しいエピソードを加えて出してほしいな^^  きっと、オールナイトやイズムの話がほとんどだと思うけど(^^ ゞ  いや、くりぃむナントカからでもアリだな…。

 あとあれな、上田のプロフィールに「うんちく&たとえツッコミ王」って書いてあるけど、ここは「メディア王&カリカリ君」に改訂しないと(^^;


 …まぁ、気になったら書店で読んでみてもいいんじゃない?そのままレジに持っていってもかまわんよ、500円だし。ガハッ!


 あったかくして寝ろよ~!(←実は、これも本に書いてある^^;


ランクリ、お願いしますm(_ _)m

うわ、最低や…(´・ω・`)【早くも亀裂!中日が選手の派遣“拒否”】

2008.11.22 23:55

category : 野球関連

comment(4) trackback(0)

早くも亀裂!中日が選手の派遣“拒否”

 侍ジャパンに早くも亀裂が走った。来年3月に開催される国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の第2回スタッフ会議が21日、都内のホテルで行われた。会議では代表候補48選手の意志確認などを行ったが、12球団の中で唯一、中日が選手の派遣を“拒否”。一枚岩で連覇を目指すはずが思わぬ“ボイコット”に、日本代表の原辰徳監督(巨人監督=50)もショックを隠せなかった。

 なぜだ。約4時間30分にも及んだ会議。山田投手コーチによると、よもやの事態に原監督は「がく然としていた」という。出場辞退。それも1球団だけが協力姿勢を見せなかった。一致団結して戦うとの指揮官の思いも雲散霧消してしまった。

 「ほとんどの球団が協力的だけど…。事情はあるだろうが、1球団は誰一人も協力者がいなかった。少し寂しい部分もある。要請はしたけど、結果はNOだと。球団の方針?それは分からない」

 原監督は明言しなかったが“派遣拒否”のチームは中日だ。13日の第1回スタッフ会議で選出した候補48選手に入っていた岩瀬、森野の北京五輪組と浅尾、高橋の4選手の辞退がこの日決定。「当てにしていた大切な部分の1人が辞退した。構想が崩れた」と山田コーチも戸惑いを隠さない。岩瀬は中継ぎ陣の切り札的存在で、森野も内外野を守れるユーティリティープレーヤーとして期待されていた。構想の練り直しはもちろん、原監督が訴えていた「団結して戦う」との一体感にひびが入ってしまったことが何よりの痛手だ。

 今回、同様に辞退した阪神の新井、矢野は、それぞれ故障内容の詳細を説明した。しかし、中日側からは一切説明がなかったという。それが首脳陣の不信感を増幅させた。「ジャパンとしてそれでいいのかと思う。断るにしても理由を言うべき」。特に浅尾らは自ら推薦したとあって、山田コーチも首をひねった。

 中日は北京五輪に12球団最多の5選手(台湾代表チェンを含む)を派遣も、川上は五輪後に右肩不安で戦線離脱。岩瀬の起用法をめぐっても落合監督が批判を展開した。そんな事情があるにせよ、今回の“拒否”はチームとしてシーズンに比重を置いたとも受け取られかねない。落合監督は北京五輪後、内々のWBC監督就任要請を拒否。WBC体制検討会議での28選手アンケートも白紙で提出した。それらも含め、中日球団の日本代表への姿勢も問われる。

 北京での悪夢をぬぐい去ろうと、一枚岩となって球界復興の旗印となるはずだった侍ジャパン。よもやのドタバタ劇の露呈は、今後にも波紋を呼ぶことは必至だ。


http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/11/22/01.html
【スポニチ Sponichi Annex より引用】


 ガや手術明けなんかなら分かるけどさ、「理由なし」ってなんなんだよ!?


 っつか、球団がどうかしてるよ。予選の主催がライバル社である読売新聞だとか、いわゆる「オリンピック後遺症」でまいったとか、そんな感じがしてならないんだけど一切関係ないでしょ。だいたい、選手派遣によるシーズンの影響なんざ、どのチームでも一緒やないか…。

 あと、落合監督の“秘密主義”っていうやつ?2軍落ちした選手の理由(故障個所など)を“戦略上の理由”として一切公表しない、と。
 まぁ、シーズン中ならそれでもいいが、それをここでも貫くの?

 ほかにもWBC体制会議のアンケートを白紙で提出したりとかさ…この時点で非協力的だな。断言したっていい。


 野球界発展とか何とか言うけど、中日は足を引っ張るというより引きずりおろしているよな?そんな球団や人なんか、NPBから除名処分でもされろ!というくらい思うわ。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m

2008年☆プロ野球総括【セ・リーグ編】

2008.11.19 23:55

category : 野球関連

comment(4) trackback(0)

 日のくりぃむしちゅーのオールナイトニッポンは、エジプトロケから帰ってきた2人の話で始まったが、相変わらずマネージャーのババァは飛ばしてはくれてんのねぇ。

 あっ!と、突然デカイ声で叫んで何があったのかと思って聞いてみたら「ケータイの電波が3本立った!」とか_| ̄|〇∠))バンバン  電波から何から飛ばしてはくれてるよ、あのババァ∵ゞ(≧ε≦o)


 晋也上田のハンパねぇ質問は、相変わらずの破格のスケール。「ラグビーは泰葉ですか?」の質問に、「ラグビーは楕円形のボールを…(中略)…。泰葉は波紋を呼んでる人だ」と(^^;
 「サッカーと『そっかー』の違いは?」にと、「その時点で分かってんだろうが!」とカリカリ(^^;


 例えてガッテンのコーナーでは、有田が5連敗してまた罰ゲームが決定!年末はこれで決定だな(^^;



 …と、ラジオの話はこの辺にしておいて、「プロ野球総括 セ・リーグ編」を_〆(・_・。)



【予想】
1.読売ジャイアンツ
2.中日ドラゴンズ
3.阪神タイガース
4.横浜ベイスターズ
5.東京ヤクルトスワローズ
6.広島東洋カープ

【実際の順位】
1.読売ジャイアンツ【CS:1位】
2.阪神タイガース【CS:3位】
3.中日ドラゴンズ【CS:2位】
4.広島東洋カープ
5.東京ヤクルトスワローズ
6.横浜ベイスターズ

 巨人連覇きたぁぁぁぁぁ\(*゚∀゚*)/ぁぁぁぁぁ!!!!!
 …あとはヤクルトの順位が当たっただけ。3強3弱は結果的には変わらなかったが、終盤の中日・広島の動きは見ものだった。


【読売ジャイアンツ】
 シーズン前に「スロースターターなペナント運び」と予想していたが…見事的中やないか!(=゚ω゚)!

 まず投手陣。スターターは1年通してみると、グライシンガー内海以外はちょっと…。前半戦絶不調の上原は後半戦こそ復帰したものの、高橋(尚)らは今一歩という感じだった。東野は後半良かったが、まだ経験不足というところか。
 リリーフ陣は打って変わって好調だった。序盤にフル回転した西村、プロ3年目の山口越智、ベテランは豊田といったセットアッパーが踏ん張ってくれた。
 クローザー・クルーンも結果は残したものの(防御率2.21/41セーブ)、後半に見られた制球難のイメージがぬぐえない。

 打線は、(個人的に)1番にようやく鈴木(尚)が定着してくれたのがうれしかった。
 高橋(由)イ・スンヨプ二岡らは不調続きだったが、代わりに坂本亀井隠善といった若手、木村(拓)大道や鈴木(尚)という中堅・ベテランがカバー。ラミレスはシーズン通して安定した働きを見せ、前半不調の小笠原もチームの上昇とともに復調した。


【阪神タイガース】
 歴史的V逸を引き起こした原因は打線の貧打、リリーフ陣が例年通りの働きを見せなかったことか。

 投手陣。スターターは昨季誰1人として規定投球回に達していなかったが、今年は下柳岩田安藤が達成している。成績も、防御率は悪くない。これ以降に続く投手がいないのが残念。
 リリーフ陣は、藤川を除くと不調。特に後半戦は打線が打たずに疲労だけが溜まり、9月にはリリーフ陣が決勝打を打たれるケースが多かった。

 打線は、チーム打率リーグ2位(.268)、得点リーグ3位(578)と昨季(どちらも12球団ワースト)よりは改善したが、新井がオリンピックから故障が発覚して戦線離脱すると、抜けた穴をカバーすることができなかった。ホームランではなく、つなぐことで得点を挙げるチームで、新井はその中心にいただけに、非常に痛かった。


【中日ドラゴンズ】
 投手陣は、規定投球回を超えた投手が不在となってしまった。
 チーム防御率としてはリーグ3位の3.53とそこそこであったが、川上中田岩瀬らの不調、山井久本らの故障が目立つ。

 打線は主砲・ウッズの不振が目立つ。ホームランこそ35本を放っているが、打点は77打点と昨季(102打点)より大幅ダウン。相手投手にダメージを与えるような打撃ができなかった。ちなみに、この77打点はチーム打点王である。
 井端森野ら主力選手の故障も多く、またチーム打率がリーグ最下位(.253)となったことも、チームが勝てなかった要因だと思う。福留の抜けた穴は大きかった…!


【広島東洋カープ】
 黒田新井の投打の中心が抜けてどうなるかと思ったが、終わってみると7年ぶりの4位に落ち着いた。

 エース・黒田が抜けた後は新外国人のルイスが穴を埋める活躍(防御率2.68/15勝)。この後には大竹高橋前田(健)が続くが、5、6番手になるような選手が不在。
 リリーフ陣は梅津横山シュルツがいい成績を残した。クローザーの永川も昨季より安定した働きができた。これらの投手の踏ん張りがなかったら、この順位に落ち着かなかっただろう。

 打線は、栗原が序盤苦しんだが、終わってみれば打率がリーグ3位の.332、打点はリーグ4位の103打点と結果を残す。アレックスも中心打者として活躍し、東出も自身初の打率3割、も不振から抜け出すことに成功した。チーム打率はリーグトップの.271である。

 数字上ではなかなかの数字を残したものの、やはり慢性的な戦力不足を解決するまでには至らず、それによってAクラス入りを逃してしまう結果となった。


【東京ヤクルトスワローズ】
 石川(防御率2.68/12勝)、館山(防御率2.99/12勝)がスターターの仕事をこなしてくれたが、川島の不調、村中が故障で戦線離脱してしまうなどで3番手以降に安定したスターターが不在。
 一方のリリーフ陣は昨季と変わって信頼のおける投手がでてきた。日ハムから移籍の押本、著しい成長を見せた松岡、故障から復活した五十嵐、そしてクローザーの。特に松岡の存在は全幅の信頼が置けるまでに至る。

 打線はシーズン前の予想通り、足を軸とした戦い方となり、盗塁の数は2位の巨人(78盗塁)を大きく引き離す148盗塁となっている(12球団でもダントツ)。得点もリーグ2位の583得点
 しかし、打点のチームトップが青木の64打点という、いわゆるポイントゲッターが不在なのが痛いか。

 課題はスターターの経験か。


【横浜ベイスターズ】
 開幕からぶっちぎりの最下位。まるで5年くらい前の横浜に戻ったかのような有様だった。

 原因は投手陣の崩壊。チーム防御率4.74は12球団ワースト、次に悪かったロッテでも4.14というのを考えると致命的だった。
 スターターの勝ち頭は三浦の7勝どまり。防御率も三浦を除けば4、5点台と悲惨な状況である。
 リリーフ陣は、シーズン途中で寺原がクローザーに抜擢されたものの、チームがなかなか試合の主導権を握ってもらえず精彩を欠く。石井横山以外のセットアッパーは軒並み不調であった。

 打線は村田吉村らの活躍でチーム本塁打はリーグ2位の145本となっている。また、内川が首位打者(.378)を獲得している。ちなみに、この打率はチーム勝率(.338)を上回るという、2リーグ制以降では初の珍記録らしい。

 すべての元凶は投手陣。継投のタイミングもあっただろうが、試合ぶち壊しの投手陣の再建なしに、来季の巻き返しはない。



 …と、まぁ、個人的にはこんな風に思った(^^;  来年はWBCもあって慌ただしいけど、どうなるのかなぁ?


 あったかくして寝ろよ~!


ランクリ、お願いしますm(_ _)m



【このブログ内の関連記事】
2008年☆プロ野球総括【パ・リーグ編】

2008年☆プロ野球総括【パ・リーグ編】

2008.11.18 23:55

category : 野球関連

comment(3) trackback(0)

 っべ、すっかり忘れてたぜ(-_-;

 何をってさ…プロ野球がストーブリーグに入ったから、総括をしないと!

 まっ、“総括”って聞こえはいいけど、単にシーズン前の順位予想とはどうだったか?って話なんだけどな(^^;  あとは、シーズンの戦いはどんな感じだったかとか…。


 じゃ、さっそく予想と結果から ― 。

【予想】
1.千葉ロッテマリーンズ
2.福岡ソフトバンクホークス
3.北海道日本ハムファイターズ
4.埼玉西武ライオンズ
5.東北楽天ゴールデンイーグルス
6.オリックス・バファローズ

【実際の順位】
1.埼玉西武ライオンズ【CS:1位】
2.オリックス・バファローズ【CS:3位】
3.北海道日本ハムファイターズ【CS:2位】
4.千葉ロッテマリーンズ
5.東北楽天ゴールデンイーグルス
6.福岡ソフトバンクホークス

 …日ハムと楽天だけ(^^;  っつか、今年は予想できないチームが多すぎたぜ。


【埼玉西武ライオンズ】
 ナベQ…いや、渡辺監督は見事なまでにチーム立て直しに成功したな。

 昨シーズンのウィークポイントであったトップバッターの出塁率(昨季は2割前半)が、今年は3割に乗せることができた。1番・片岡は盗塁王を獲得する機動力の高さを見もせ、2番・栗山も打率3割・出塁率3割後半と結果を残す。
 他にも首位打者・中島本塁打王・中村が上位打線に組み込まれ、非常に攻撃力が増したことはチーム打率リーグ2位(.270)、本塁打12球団トップ(198本)、得点12球団トップ(715得点)という数字から見てもわかる。

 投手陣は、課題のスターター陣が結果を残す。帆足涌井石井(一)が10勝を達成、続く西口も防御率が悪い(5.03)ながらも8勝をあげている。
 チーム防御率は3.86と良くはないが、クローザーのグラマンが安定し(防御率1.42/34セーブ)、得点力のある打線がカバーした。失策数が12球団トップの98個が改善されるといいが…。

 まぁ…一言でいえば、そら勝つわな(^^;


【オリックス・バファローズ】
 シーズン前の予想で「台風の目になる可能性」と書いていたけど、本当になりやがった…!><

 コリンズ監督が突然の辞任でシーズン途中から監督代行→監督となった大石監督。思えば、これがチーム浮上のきっかけだったのか…?

 シーズン前は致命的とも思われたスターター陣だが、終わってみれば10勝を達成したのが小松金子山本近藤と若い選手がそろう。いずれも実績を残していた選手だけではないだけに予想できなかった…。
 ただ、チーム防御率はリーグワースト2位(3.93)だったので、改善すればまだまだ安定した試合を作れると思う。危惧されていた失策数も、そんなに悪くなかったし(78/リーグ5位)。

 打線はリーグ2位の152本塁打を記録した重量打線が引っ張った。特にローズカブレラの2人は安定した成績を残す。ローズはもう40歳だぜ…それで、40本118打点という成績を残すんだぜ…?
 ただ、この2人の年齢が高く、これに続く成績を残した選手がいないのが現状であり、早く中心打者を育てなければ…。


【北海道日本ハムファイターズ】
 今年は多くの選手のけがに泣かされたシーズンだった。

 投手陣は、オリンピックで途中抜けたものの200投球回を超えたダルビッシュを中心に、まずまずの成績を残している。だが、リリーフ陣が例年に比べると今年は悪かった。それでもチーム防御率リークトップ(3.54)はさすが!ボークの数がずば抜けている(14)のは来季の課題。

 打線は近年の貧打から脱却することができなかった。得点(533)、本塁打(82本)、打率(.255)はすべてリーグワースト。出塁率(.316)や長打率(.366)もワーストである。
 犠打は12球団トップの173を記録しているが、得点力は低いし、機動力も思っている以上にない(盗塁はリーグ4位の79)ので、とにかく得点力アップが急務


【千葉ロッテマリーンズ】
 シーズン前は優勝候補なんてぶち上げたが、結果をみると何とも言えんな…(・ω・`)  去年の持ち味であった投手力が崩壊したのが原因。

 まずは投手陣。昨季のチーム防御率は3.26だったものが、今季はリーグワーストの4.14となっている。スターターは成瀬を除くと防御率が4点に近い。その成瀬も、昨季は鬼神の活躍を見せたが、今季は防御率3.23、8勝6敗であった。
 リリーフ陣もパッとせず、クローザーを務めた荻野はよかったがセットアッパーが微妙…。チーム最多ホールドの川崎は、防御率は3.00だが5敗している。

 打線は、オープン戦で大きくアピールをしていた大松が、シーズン中も中心打者として活躍(24本塁打/91打点)したが、これに続く打者が大きく離されている。もし、大松が戦線離脱していたら、得点力はガクッと下がっていたかもしれない。チーム得点は662(リーグ2位)ではあるものの…。

 スターターがしっかりと試合を作ってもらわないことには、来季も怪しいかもしれない。


【東北楽天ゴールデンイーグルス】
 今季は非常にムラのあるペナント運びであった。前半戦は単独首位になるほど連勝を重ねたと思えば、そこから一気に転げ落ちたりと…。

 投手陣は岩隈が完全なる復活を遂げた。が、そこに続くようなスターターが見当たらない。オリンピックに召集された2年目の田中はまずまずだったが、あとは負けが混んでいたりと…(・ω・`)
 クローザーがまともな結果を残せなかった。10セーブ以上をマークしている選手は12球団で唯一不在となっている青山小山がチームトップの4セーブを挙げているが、敗戦数が多く、防御率も悪い。
 これでもチーム防御率は昨季よりは改善されたが(3.89)、ここ一番で打たれているようでは…。

 打線は、12球団トップの打率を残した(.272)。シーズン途中で加入した、元日ハムのセギノールは、39試合の出場ながら13本塁打40打点となかなかの成績を残している。来季は期待できそう!^^

 課題は投手陣の安定化といったところだろうか。


【福岡ソフトバンクホークス】
 主力のケガによって、シーズンも大詰めとなった9月に大ブレーキがかかり、2位からここまで転落してしまった。

 投手陣は、杉内和田大隣に続くようなスターターが不在。新垣は制球に苦しみ、ガトームソンパウエルといった助っ人は結果を残せず。
 リリーフ陣はスターター以上に不振が続いていた。クローザー・馬原はシーズン前から長期離脱が確定、セットアッパーも散々たる結果だった。

 打線はリーグ5位の得点力(556)が貧打っぷりを表している。投手陣が崩壊している上、この得点力では勝てるワケがなかった。
 昨季はどん底であった松中はなんとか調子を戻したものの、ピークは過ぎたとしか言えない。小久保も低迷し、その後に3年目の松田が続くが、これ以降に続く成績を残した打者がいない。

 …こう考えると大混戦だった交流戦の優勝をもぎ取ったり、9月までCS出場圏内にとどまっていたことが不思議でしょうがない(^^;



 次回はセ・リーグ編!


ランクリ、お願いしますm(_ _)m

いけ!走れ!!回れ!!!突っ込め!!!!あっ、間に合わな…よっしゃぁぁぁぁぁ!!!!!

2008.11.16 23:55

category : 野球関連

comment(4) trackback(0)



 ジアシリーズの決勝戦を見に行ってさ、9回の西武の攻撃でサヨナラになるかという所で、思わず席を立ってあんな風に叫んでたo(><)o


 予選の観客動員数が4ケタとか、そんな風に聞いていたから「今日も閑古鳥が…」と思ったけど…やっぱり決勝だね、人いるじゃん!(=゚ω゚)!  ちなみに、決勝戦の観客動員数は“18370人”だって。

 西武側は人でいっぱいだから、三塁側ダッグアウト上の席に座った。
 そしたらさ、統一ライオンズの選手がイニング終わるたびにボールを放ってくれて、運良くボールをゲットすることができたぜ( ^ω^)♪


 試合は初回からヒヤヒヤもんだった。先発・涌井は3回までに毎回ヒットを打たれるし、その後星野につないだ後の大沼の制球が悪く、キャッチャー・野田がまさに体を張ってボールを止める有様。いやね、大沼のコントロールの悪さなんて百も承知だけどさ…(・ω・`)

 かなり面白い試合だった。地上波で放送されないのがもったいないぜ…(´・ω・`)


 でもさ、アジアシリーズを観て「将来的にはワールドシリーズへ ― 」なんていう当初の構想とはちょっと違う気がした。こういう記事があるんだけど…。

岐路に立つアジアシリーズ 来季以降の開催は微妙

 4回目を終えたアジアシリーズは、来年以降の存続が微妙になっている。今大会の総観客数は過去最低を記録。採算面から廃止の可能性を完全には否定できない状況だ。

 当初は今年の開催も危ぶまれていた。昨年までの冠スポンサーの撤退が理由だ。過去3年の冠スポンサー料は3億円(推定)。これに入場料収入を加えて総額1億円の賞金や、韓、台、中チームの招待費用をまかなったのだが、今年は日本プロ野球組織(NPB)がすべてを負担せざるを得なくなった。

 最終的にNPBの実行委員会が「赤字を覚悟してでも続ける」と決断したものの、今大会で実際に赤字が確定した場合、今後に暗い影を落とすのは間違いない。

 大会の最終目標は、スローガンの「アジアの頂点、世界へ」が示す通り、米大リーグ球団との「世界一チーム決定戦」にあるが、実現のめどは立っていない。それが日本のファンの関心の薄さにつながっている。

 「この大会はアジアの野球界にとって大きな意義がある。いつになるかわからないが、世界一決定戦を実現するための重要なステップでもある。何としても続けたい」。加藤良三コミッショナーは存続に強い意欲を示した。韓台中球団の大目標にもなっており、だれもが大会の意義を認めるのだが、NPBの財政が苦しいのも事実。第5回大会が開かれるかは楽観視できない。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/npb/196210/
【イザ! より引用】


 NPBが諸費用すべて負担したというが、しょうがない部分もあるんだよねぇ…。


 日本以外の国の野球は規模が小さめ。中国はまだはじまったばかりだし、台湾は今年2球団に八百長が発覚して解散や連盟除名処分を受けて、来季は4球団で運営していくらしい。韓国も身売りを聞くしな…元ヤクルトの高津が所属するウリ・ヒーローズも、今年創立したばかりなのにメインスポンサーのウリ・タバコが撤退しているし。
 だからって、全額負担はどうかと思うが…。

 開催国をまわすにしても、球場の不備が目立つというし。収容人数が15000人程度の球場とか…。


 個人的には続けてほしいけど、どうなるんだろうね…?


 あったかくして寝ろよ~!


ランクリ、お願いしますm(_ _)m

ストーブリーグがアツイ!

2008.11.14 23:55

category : 野球関連

comment(5) trackback(0)

 いっ…てますね(´・ω・`)

 ブログ更新する時間がないわ、くりぃむのANNは三度GIRL NEXT DOORに潰されるわ…。
  でも、来月は12月17日(水)に放送予定みたいで、ようやく解放きたぁぁぁぁぁ\(*゚∀゚*)/ぁぁぁぁぁ!!!!!って感じだがな!


 アンタッチャブル・柴田misonoの間に不倫疑惑が出ていてびっくりしたけど、昨日のシカマンで「ザキヤマ(山崎)がリークした!」「misonoにハメられた!!」と大騒ぎ!!!_| ̄|〇))バンバン  いやぁ、番組冒頭から20分もこの話を破格のスケールでお送りしてくれるとは、やっぱ芸人だねぇ( ^ω^)
 ただ、奥さんにちょっとだけ怒られたらしい(^^;



 さて、本題に入ろう。ストーブリーグ…今年は結構熱い気がするぜ。

 まずは、【二岡智宏林昌範(巨人) ⇔ マイケル中村工藤隆人(日ハム)】のトレードか。
 二岡は相変わらずの故障持ちに加えて、坂本が成長したチーム状況では来季も厳しいしな。

 だが!の放出はどうも納得いかんよ(´・ω・`)  今季は手術明けもあって満足のいくシーズンではなかったが、貴重な左の中継ぎじゃないか…。代わりに、トライアウトで歌藤達夫(元・日ハム)を獲得したとはいえ…。


 マイケルはリリーフ陣が厚くなるからよしとして、工藤は正直、居場所がない気が…代走/守備要員?打撃向上で鈴木尚広と1・2番を組ませたら面白そうだけどな…。


 【小坂誠(巨人) ⇒ 金銭で楽天へ】【清水隆行(巨人) ⇒ 金銭で西武へ(予定)】という、2人の金銭トレード。
 小坂は、あまりにも打てなさすぎたからなぁ…あと、2007年に肩を痛めてしまったのも残念(´・ω・`)  ただ、地元(宮城)でプレーできるというのは相当大きい!是非とも地元で復活してほしい><

 清水のトレードはまだ発表されていないが(11/14現在)…ものすごく残念(´・ω・`)  もう、Go Westに合わせて「しぃみーず!オォオ・オ・オ!!」と応援できなくなるのか…。

 この2件は本人の希望だから、本当に新天地で頑張ってほしいわ(`・ω・´) b ビシッ!!


 【石井琢朗(横浜) ⇒ 広島へ】
 今季以上に活躍できれば文句ないが、若手の見本としてプラスになれば。サードとしての起用が見込まれているが、問題はないと思う。
 ただ…赤ヘルのイメージが個人的に全くつかない(^^;


 あとは、何だろ…森岡良介(中日)のヤクルト移籍が決定し、森笠繁(広島)が横浜へ金銭トレード、土肥義弘(横浜)が古巣・西武というのはまだ噂というか、検討中というか…。


 東出輝裕(広島)や福浦和也(ロッテ)、サブロー(ロッテ)、稲葉篤紀(日ハム)らの残留は大きいね。特にロッテはレギュラークラスの選手がごっそりいなくなる可能性があったのを考えると、ファンとしたらホッとできたかと。


 海外移籍は、川上憲伸(中日)、上原浩治(巨人)、高橋建(広島)、相川亮二(横浜)の4人?
 行くなら行けばいいけど、近年のMLBから過大評価が気になるんだよな…事実、勘違いしてる選手がいるし。



 あったかくして寝ろよ~!


ランクリ、お願いしますm(_ _)m

( ゚Д゚)…【平尾V打!西武4年ぶり13度目の日本一!…日本S第7戦】

2008.11.09 23:55

category : 野球関連

comment(5) trackback(0)

平尾V打!西武4年ぶり13度目の日本一!…日本S第7戦

 ◆日本シリーズ第7戦 巨人2―3西武(9日・東京ドーム) 西武は1―2の8回1死三塁、中島の三塁ゴロで同点に追いつくと、2連続四球のあと、頼れる男・平尾博嗣の中前適時打で逆転に成功! 先発の西口から石井一―涌井―星野―グラマンのパーフェクトリレーで原巨人を振り切りった。対戦成績を4勝3敗とした西武は、2004年以来4年ぶり13度目(前身の西鉄時代を含む)の日本一を達成した。

 西武は5回2死走者なし。石井一の代打・ボカチカがカウント1―1からの3球目。外角高めに抜けたチェンジアップを鋭く振り抜くと打球は西武ファンの待つレフトスタンドへ一直線。

 8回には先頭の片岡が左肩に死球を受け出塁すると、すかさず二塁へ盗塁を決め、栗山の一犠打で三塁へ。中島の三塁ゴロの間に、片岡がホームへ突入し同点。さらに中村、野田が四球を選び一、二塁。このチャンスに平尾がフルカウントからの6球目、外角の変化球を中前に弾き返し、二走の中村が一気に生還し、逆転に成功した。

 先発の西口は2回を投げ2安打2失点。バトンを受け継いだ投手陣は無安打、無四死球の内容で強力巨人打線を完ぺきに封じた。

 渡辺久信・西武監督「チームの思いと家族の思いと全国のファンの思いが、この2連戦に凝縮されていた。就任1年目の駄目な監督を盛り上げてくれて、選手には感謝している。負け犬のままは嫌だった。今季はチームを立て直そうとやってきた」

 パ・リーグ・小池唯夫会長「アクシデントもあり、フルメンバーを組めない状況にありながらも、気迫あふれるプレーは見事というほかありません。チーム一丸となっての戦いぶりは心に強く残りました」

 ◆日本シリーズ表彰選手
▽最高殊勲選手 岸孝之投手(西武)
▽敢闘選手 ラミレス外野手(巨人)
▽優秀選手 平尾博嗣内野手、中島裕之内野手(以上西武)鈴木尚広外野手(巨人)


http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20081109-OHT1T00228.htm
【スポーツ報知 より引用】


( ゚Д゚)  ・ ・ ・

 原監督…最後の最後で采配にキレがなかったな。

 今となっては結果論でしかないだろうけど、越智は引っ張りすぎた感があったなぁ。不振のイ・スンヨプ起用に関しても…。


 勝っても負けても日本シリーズ最終戦なんだからさ、西武のようにスクランブル態勢と言うか、総力戦で戦った方が良かったね。巨人も最初のうちはできていたが…。


 今年の日本シリーズはどちらも長打がウリだったから、毎試合5点6点は当たり前のような感じの試合だと思っていたが、そうでもなかったな。決め手がホームランという試合はほとんどだが…。


 あ~っ、しかし悔しいっ!><  昨日の飲み会を勝手に祝勝会にしようと思っていたが、それができなくて悔しいっ!!(ぉぃ


ランクリ、お願いしますm(_ _)m




※追記(お知らせ)
 本日、埼玉西武ライオンズの日本一が決定し、2008年度のプロ野球が閉幕したことに伴い、ブログパーツ「プロ野球速報」の機能を2009年度プロ野球開幕まで凍結させていただきます。ご了承ください。

2008☆ハンパねぇ学園祭

2008.11.07 23:55

category : 日記

comment(2) trackback(0)

 、なんだってー!?まともに日記を書くのは9月26日以来だってー!?(・・;)

 …いや、まいったね(・ω・`)  正確には、近況を前フリみたいな感じで書いてはいたが、まさか日記カテゴリーを使ってなかったとは…(・・ ゞ


 まっ、10月はラジオがとにかくパネェことになっていたからな(^^;  あと、野球もメークレジェンドが起きたり、帰宅時間が遅くて更新できなかったり…。


 さて、本題と行くか…このネタも1週間前になってしまうが(ぁ


 ちょうど1週間前は学園祭の前夜祭(準備日)となっていた。去年もそうだったが、この日はお笑いライブしか目的がねぇ…んだけど、正直、今年は観に行くかどうか迷っていたところがあった。

 チケットこそ、友人に買ってきてもらったものの、メンツを見ると「う~ん…(・ω・`)」みたいな。あとさ、最近芸人のネタで笑えなくなってきた部分があったんだ
 テレビを見ても、こう…どれも似たりよったりというか、なんというか…。

 だが、どうせヒマだったから、とりあえず行ってきた。

………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………
………

ガハッ、やっぱおもしれぇぇぇぇぇ!!!><

 要は“生”よ。あんなん、テレビでネタを見るのとはワケが違う!_| ̄|〇∠))バンバン


 …で、最後にサインのプレゼントがあったのだが、なんと

当選きたぁぁぁぁぁ\(*゚∀゚*)/ぁぁぁぁぁ!!!!!

 えぇ、もらいに行く時、しっかりと芸人からおいじりをいただきました(^^;  「昼ドラにいそうなキャラやな」だって…いやいや、意味分からん∵ゞ(≧ε≦o)


 さて、次の日からは学園祭・本番。今年はとある後輩が破格のスケールで番組をやった“らしい”…というのも、ちょうど別の仕事で現場を離れていたから、見てねぇんだよ!_| ̄|〇

 あと、同期もずいぶんと飛ばしてくれてはいたし、先輩は生放送でポケモン実況(むじんはつでんしょでサンダーゲット)を試みたりと、去年とは一味も二味も違うものになっていた。ただ…ドラマやPVは恋愛モノでかぶりまくりというのがなんとも…(・ω・`)
 みんな同じネタでキレイに一直線とは、信長の鉄砲隊か!\(・ω・´)


 まぁ、そんなパネェ学園祭もあっという間に終わって、去年同様、3年生お疲れ様でした会をやったらみんなボロ泣き自分のエラーで甲子園敗退してもそんなには泣かないだろ、っていうくらいに。
 そんなぶっこみをかましているオレも、ちょいキテいたのは言うまでもない(ぉぃ


 そして最後の片づけ日は、今年も寿司をごちそうになりやしたっ!(`・ω・´)b



 …う~んと、今までは「今日はここまで。」という言葉でシメていたけど、寒くなったから別の言葉でシメるか。

 あったかくして寝ろよ~!


ランクリ、お願いしますm(_ _)m

胸元あたりから否定的

2008.11.05 23:55

category : ブログ関連

comment(2) trackback(0)

 日のくりぃむしちゅーのオールナイトニッポンで、久しぶりにゴミちゃん(ゴミメガネ)のことが出てきたと思えば、今は非現実的なファッションになっているんだと!∵ゞ(≧ε≦o)  胸元あたりから否定的になっているとか、なってないとか…。


 オープニングトークでは、上田が金とゴールデンタイムにまみれたせいで、番組がうんこちんこ番組になり下がっているから初心に帰るべきだ!有田が発言、リスナーからふつおた(フツーのお便り)を募集してそれに答えようとなった。


 だが!この番組にふつおたなんてくるワケがない!パネェものしか来ないのだ!!

 今回は内容よりラジオネームがパネェ対象になった。最初こそ、「上田ですぅ。………(質問に答える)………。斯様に思いますぅ」と、比較的フツーに答えたが、ラジオネームがとにかく下半身ネタになっているから、上田はだんだんラジオネームにしか反応しなくなった(^^;
 有田が質問を読もうとすると「  お  名  前  は  ?  」「  ラ  ジ  オ  ネ  ー  ム  !  」と_| ̄|〇∠))バンバン

 “アソコがヤマタノオロチ”というラジオネームに対し、「ただの巨根伝説じゃねーか!」とぶっこんだり、“オバマのバナナ”“私とan・an”“しいたけ”には「なんかしらのニュアンスがあるだろーが!」と。深読みにもほどがあるぜ_| ̄|〇∠))バンバン  “お稲荷”でもアウトだからな…。
 あとは、“ケツ毛アフロの防波堤”や“右手で握る男の塊”などというパネェラジオネームがあったが…これ以上は自重しよう><



 さて、くりぃむの話はこの辺にしておいて、今日は10月のアクセス解析の結果を[READ MORE...]にて、どうぞ!(`・ω・´) b ビシッ!!


[READ MORE...]

1日がパネェ!\(*゚∀゚*)/

2008.11.01 23:55

category : バトン関連

comment(0) trackback(0)

 京で“木枯らし1号”が吹いてはじまった11月

 ほんで、ニンテンドーDSiの発売日でもあるか…。あいにく、オレの初代DSは連打で塗装がはげていることを除けば何の問題もない状態だから、DSiでしか遊べない、やりたいゲームでも出ない限りは買わないな…。

 ってか、これは第5.5世代といってもいいほどチェンジの度合いが激しい(^^;  バッテリーの劣化GBAスロットの廃止が相当マイナス点だけど(´・ω・`)


 さて、話は変わるが、今は学園祭で1日がパネェことになっていて、ロクにブログが更新できそうもないっていう…><

 だが、月はじめの更新だけはやっておきたい!ので、今日はバトンをやることで堪忍してなm(_ _)m



意外とありがちバトン


1.とんがりコーンを指にはめたことがある。
― 全部の指にはめて、1個ずつ食べる!やらない人間はいないでしょ(^^;

2.バームクーヘンをはがす。
― はがしてぇ…かさぶた並にはがしてぇ…><  えぇ、そうです、必ずはがして食べる派です(`・ω・´) b

3.扇風機の前であーーーって言う。
― やるでしょ!?

4.ポッキーのチョコの部分だけを舐めとる。
― これをやろうとして、途中でポキッと折れた時のショボーン感ときたら…(´・ω・`)

5.全校生徒の前でバンド演奏という妄想。
― まず、バンドをやろうという発想自体…左利きで楽器がねぇし(ぇ

6.自分の写メを何度も撮って、自分が一番カッコ良く、可愛いく写る角度を研究する。
― どこのイケメン芸人やねん∵ゞ(≧ε≦o)

7.歩いてるとき余計なこと考えて足がグキッてなる。
― う~ん…ないかも。

8.カップ焼きそばを作ろうとしたが、お湯を入れる前にソースを入れた。
― ねーよ!ぜってーねーよ!!_| ̄|〇∠))バンバン

9.自転車に乗ってる時ペダルを踏み外して空転したペダルがひざの裏にヒットする。
― ないない、ないな!

10.部屋の電気のひもを使ってボクシング。
― あの…そのまえにひも自体がないっていう…(・・;)

11..鏡をみて、「自分はカッコぃぃ、カワィィ」とか思うけど、それは光や角度の問題で町の外で
ふとガラスに映った自分を見て落ち込む。
― _| ̄|〇

12.自分の声を録音して聞いて、死にたくなる。
― 鬱だ、死のう…。

13.深夜にやっている映画を勝手にエロだと勘違いして夜更かしして後悔する。
― でも、言うほど深夜に映画ってやってないよな…気のせいか?

14.街中で考え事してたら、他の人に聞かれてんじゃと思い「聞いてんだろ?」と、意味不明なテレパシーを送る。
― テレパシーまでは…(^^;

15.向かってくる歩行者をかわし損ねて、フェイントのかけ合いみたいになる。
― いまだに1発でかわせたためしがない(・ω・`)  だから、相当前で進路を決めないと><

16.全部でいくつ当てはまりましたか?
― 後半になるにつれてパネェ質問をぶつけてくれんのね(^^;

17.バトンを渡したい人
― ご自由に^^



 [READ MORE...]には、このバトンのテンプレートがあります。ご自由に。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m



[READ MORE...]
プロフィール

スイッチピッチャー

Author:スイッチピッチャー
名前の由来:野球好きの両利きで、左右どちらでもボールを投げられることから。
もちろん、ラジオネームも同じ^^
だけど、最近はあまり活躍せず…

出身:生まれは京都、育ちは埼玉(・w・`)

好きな球団:巨人…だけど、基本的にはプロ野球全体が好き^^


なんだか、この1、2年でくりぃむしちゅー色が強いブログになっちまった(^^;

通算投球数【アクセス数】
球目
※次のキリ番は【200,000】人目!

ソザイガローさんより、キャッチボールのGIFアニメをお借りしてます。
My Blog Data
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー

ブログアーカイブ
直近1年分は月単位で表示し、それ以外は年単位で表示しております。
年をクリックすると、その年が月単位で表示されます。
ブログ内検索
RSSフィード
人気記事ランキング
人気ブログランキング
相互リンク集
24時間以内に更新されたブログには、マークがつきます。
管理者ページ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム(FC2ブロガーのみ)

Copyright ©switch - pitcher's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。