switch - pitcher's blog

別名:くりぃむしちゅーな風景があるブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログで振り返る2010年

2010.12.31 21:30

category : 日記

comment(0) trackback(0)

 2010年も今日でおしまい。

 そんな中、エコポイントが減額される前に予約したテレビが思いのほか早く届いた。


 …画面の映り込みの少なさと、クアトロンによる色の鮮やかさがウリ(`・ω・´) b


 それまでは32型のテレビだったので、46型はクソデカイ!
 店頭で見たよりでかく感じるとは…32の時は小さかったのに(^^;



 さて、年末最後の更新は、2010年に更新したブログの記事を観ながら振り返ろうかと。
 [READ MORE...]より、どうぞ(`・ω・´) b ビシッ!!

[READ MORE...]
スポンサーサイト

なぜ磯山さやかを呼ばなかった

2010.12.29 23:55

category : ブログ関連

comment(0) trackback(0)

 日、フジテレビでプロ野球珍プレー好プレー大賞が復活すると聞いて、楽しみにしていたのだが…AKBの連中で台無しやん(´・ω・`)
 1時間しか放送しなかったのにもガッカリだけどさ…。


 っつか、野球といえば磯山さやかなのに、彼女が出てないことにビックリだよ(=゚ω゚)!

 これは出演していたつば九郎と共に、スタッフに小一時間問い詰めたいレベル。


 あと、みのもんたのナレーションが復活すると謳っていたが、フタを開けてみれば過去の放送の使い回し
 新作はザキヤマオンリーという詐欺っぷり(´・ω・`)

 …まぁ、ザキヤマは悪くはないんだけどね。それにしてもガッカリだよ。


 日テレでやってた「勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレー」を復活してくんねぇかなぁ…。
 あの番組のキャライジりといい、編集は神がかっていたのだが、選手会やら審判団やらがうるさいらしいからなぁ…つまらん時代になったもんだな(´・ω・`)



 さて、このあとはアクセス解析です。

 [READ MORE...]より、どうぞ!(`・ω・´) b ビシッ!!

[READ MORE...]

スリム飯!【9回目の正直! 『M-1グランプリ2010』 笑い飯が悲願の王者に】

2010.12.26 23:55

category : お笑い関連

comment(0) trackback(0)

 いわね。

 んー…依然として、体調がすぐれない(´・ω・`)
 どうした事やら…。


 そんな中、今日は最後のM-1グランプリというのをすっかり忘れていた(^^;

9回目の正直! 『M-1グランプリ2010』 笑い飯が悲願の王者に

 “漫才日本一”を決めるお笑いの祭典『M-1グランプリ2010』決勝戦が26日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、笑い飯 が決勝進出9回目にして悲願の王座に輝いた。10回目となる同大会だが、今回が最後の開催。最多決勝出場コンビである笑い飯は過去最多のエントリー4835組の頂点に立つと同時に、“最後のM-1王者”の称号と賞金1000万円を手に入れた。

 王者に輝いた瞬間、2人は喜びと安堵が入り混じった表情を見せた。哲夫は2009年決勝でのネタ“チンポジ”に触れて「やらなくてよかった」と笑いを取り、西田幸治は目に涙を浮かべ「やっとです! やっと獲りました!」と歓喜の声をあげた。

 10年目にして最後の大会となる今年は、カナリア 、ジャルジャル 、スリムクラブ、銀シャリ 、ナイツ 、笑い飯、ハライチ 、ピース のほか、同日午後に行われた敗者復活戦で勝ち上がった2009年王者のパンクブーブーが決勝戦に進出。今年初の決勝進出を果たしたスリムクラブが644点を獲得したほか、決勝最多出場の笑い飯と2009年王者のパンクブーブーが668点と同得点を叩き出し、上位3組が進出できる最終決戦に進んだ。

 これまで初代グランプリの 中川家 を筆頭に、ますだおかだ 、フットボールアワー 、アンタッチャブル 、ブラックマヨネーズ 、チュートリアル 、サンドウィッチマン 、NON STYLE 、パンクブーブーが戴冠。優勝と同時に賞金1000万円獲得だけでなく、知名度、注目度が急上昇し、数々の芸人をブレイクさせてきた“お笑い芸人の登竜門”として君臨してきた同大会。今年は司会に今田耕司と上戸彩、審査員は大会委員長の島田をはじめ、松本人志、渡辺正行、中田カウス、南原清隆、宮迫博之、大竹一樹が務めた。


http://www.oricon.co.jp/news/movie/83380/full/?from_todaysnews_photo
【ORICON STYLE より引用】


 まぁ、周りに敵がいないから当然っちゃ当然だし。
 でも、敵がいないという事は出来レースっちゃ、出来レースだし…そんなM-1だったな。


 だから、今年でピリオドを打ったのは正解だったかもね。

 例年と比べるとほとんど笑えなかったし。
 まぁ、直前に生ライブを観ていたというのもあるんだろうけどさ。


 今回のダークホース、台風の目となったのはスリムクラブ

 だが、あの空気というか、“間”というのは実力なのか、単なる緊張だったのかは審査員と同様、判断がつかなかった。
 ただ、少なくとも、4分という限られた枠なのにネタを詰め込まず、定石から外れて度肝を抜かれたのは確か。

 そういや、スリムクラブといえば、エンタの神様でやったフランチェン
 エンタは演出の補正があったとはいえ、あれを基準で考えると漫才では随分とキレがないというか、なんというか…かなり謎

 その場の勢いをつかんで評価を得るのも重要だが、何とも言えん部分があったよな。


 で、コイツのせいで場の空気がおかしくなり、後続は大混乱だった。

 イロモノの後の正統派漫才はことごとく過小評価となり、評価のしにくいものだったと思う。


 まぁ、全体の感想はそんな感じで、各芸人の感想は[READ MORE...]にて。



 あったかくして寝ろよ。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ


【このブログ内の関連記事】
2010年大会
M-1グランプリが今年で終了! 紳助「漫才へ恩返しできた」と発展的解消

2009年大会
予想的中!【2009年M-1王者はパンクブーブー 紳助「楽な審査」と満場一致で完全優勝】
しまった…(・・;)【『M-1グランプリ2009』決勝進出コンビが決定! 笑い飯が8年連続決勝へ 】

2008年大会
きたぁぁぁぁぁ\(*゚∀゚*)/ぁぁぁぁぁ!!!!!【『M-1グランプリ2008』 路上漫才出身のNON STYLEが初優勝】
今年もこの季節か…【『M-1グランプリ2008』決勝進出コンビが決定 キンコン、笑い飯ら8組】

2007年大会
う~ん…(・ω・`)【7代目M-1王者はサンドウィッチマン! M-1グランプリ史上初の敗者復活からの逆転劇】
…あれ?【M-1ベスト8が決定 6年ぶりのキングコングら】

[READ MORE...]

面白かった!【NON STYLE、『S-1』“優勝賞金1億円還元”無料ライブ開催! 「次はお金を払うシステムに」】

2010.12.23 23:55

category : お笑い関連

comment(0) trackback(0)

 日、最終回を迎えたいきものがかり 吉岡聖恵のオールナイトニッポン

 ちゃんと聴き始めたのが、山里亮太の不毛な議論を切り捨てた後だから、半年くらいしかまともには聴いてなかったけど…まぁ…たのしかった…よね?


 番組の終盤にには、ナイナイの岡村からメッセージが来たり、番組を泣きながら振り返り、「最後に一言…言わせてください」というから、なんやろなーと思ったら、

吉岡「・・・おっぱい」

とか、なんなのこの子∵ゞ(≧ε≦o)  さすが、ROP(ロケットおっぱい)精神の持ち主(^^;

 ラジオネーム:せんずr…いや、よしだただひろ農機具らが共同で表彰状を送ってきたりと、最初からしっかり聴けば良かったなーと思った番組だった。


 後継は、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔らしい。
 キリショーとか、これは予想できんわぁ。

 とりあえず、水曜の夜が救われた!これは面白い番組になりそうだぜ!(`・ω・´) b ビシッ!!



 さて、前フリはここまでで、今日の本題._〆(゚▽゚*)

NON STYLE、『S-1』“優勝賞金1億円還元”無料ライブ開催! 「次はお金を払うシステムに」

 お笑いコンビ・NON STYLEが 23日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで、1億円をかけた史上最大級の無料お笑いライブ『NON STYLE NON COIN LIVE in さいたまスーパーアリーナ』を行った。同所で初のお笑いライブを開催した2人は、大歓声のなかステージの端から端まで走り回り、井上裕介は「スターが来たよー!」と爽やかにあいさつ。3時間30分に及ぶライブを終え、エンディングトークで井上は「さすがに長丁場でバテましたね…」と素直な感想を語り、石田明は「次はお金を払うシステムにしたい!」と笑わせた。

 今年3月19日に行われたソフトバンクモバイル主催のお笑い映像コンテスト『S-1グランドチャンピオン2010』で年間王者に輝いた際の優勝賞金1億円を「今まで支えてくれたファンへの感謝の気持ち」にと開催を決めた同無料ライブ。前説は同期のキングコングが務め、会見での予告どおりギャラは“1ボケ100円”で8回のボケを披露し、800円のギャラとなった。

 10月に行われた製作発表会見で井上が「赤字なのは確実なんです!」と期待を煽ったとおり、ライブ本編はオープニングでの激しい特効やさまざまな映像など豪華演出の連続。新ネタのほか「ベストセレクション」として『M-1グランプリ』王者になった際の「ホラー」などの漫才やコントを映像ネタを交えて展開。

 また井上は、2006年より本格的に活動する音楽プロジェクト“Day of the legend”として、新曲「声をちからに・・・」をアイドルばりのフライングとともに初披露し、ファンを盛り上げた。

 この日の模様はDVD化され、来年3月9日(水)に発売される。


http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/83307/full/
【ORICON STYLE より引用】


 NON STYLE NON COIN LIVE ― またの名を「NON STYLE・井上の気持ち悪さを再確認するライブ」に、サークルの同期や後輩を誘って行ってきたが…面白かったぜ!\(*゚∀゚*)/


 ただ、前説のキングコングは微妙だったけどな(・ω・`)

 ボケをかますたびに「チャリーン☆」という、ギャラの100円が加算されるSEに救われてる感じ(^^;
 途中から終わった後にまとめて換算する事にし、ネタ終わりにジャラジャラと大量の音が鳴ったと思えば、画面にデカデカと800円の文字∵ゞ(≧ε≦o)


 ネタは、ほぼすべてのネタがひとつのストーリーとしてつながっていて、それがぶっ通しの3時間
 これはやってる方も、観ている方も疲れる(^^;


 途中、井上が「Day of the legend」として1曲熱唱した時の気持ち悪さ、ナルシスト感はMAXにきていたな_| ̄|〇∠))バンバン
 新曲「声をちからに…」は、JUDY AND MARYのTAKUYAに作曲を依頼とか、本気だし。

 ワイヤーによるフライングまで取り入れたが、ただ上に吊り上げられておしまいとか、全然ジャニーズに近づいてねーよ!∵ゞ(≧ε≦o)

10_12_23_001.jpg

 会場に入る際にもらったタオルも、よく見たらDAY様だったし…クソッ、少しかっこいいと思っちまったじゃねーか!

 なお、同期は「ちょっとYou Tubeで探して聴くわ」と、DAY様にハマった模様(^^;


 客席乱入もあったし、あるネタで石田の肩に乗っていなければならないウンコが落ちるハプニングもあった。
 映像はもちろん、会場に打ち上げる花火や紙ふぶきにも力を入れ…って、

10_12_23_002.jpg

まさかのミニ1万円札∵ゞ(≧ε≦o)

 ネタの中でも出てきたミニ1万円札。
 おそらく、1億円分が紙ふぶきとして舞ったんだろうな^^


 「そりゃ、1億円でも足らんわ!」と思わせるくらい、ものすごいライブだった。

 無料だから行った感じだけど、これは金を払っても十分お釣りがくるね(`・ω・´)
 テレビで見るネタより、面白さが全然違ったわ。

 DVDは、落っこちたウンコがどう処理されているかが気になるから見てみようかな。



 あったかくして寝ろよ。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

_| ̄|〇∠))バンバン【つば九郎ヤったね!契約更改大幅増!】

2010.12.18 23:55

category : 野球関連

comment(2) trackback(1)

つば九郎ヤったね!契約更改大幅増!

 ヤクルトのマスコットキャラ・つば九郎が17日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季のヤクルト飲み放題プラス2896円プラス出来高払いから大幅増の、ヤクルト飲み放題プラス8960円プラス出来高払いでサイン。マスコット史上初の1万円の大台には届かなかったが、来季目標に西麻布の治安維持を掲げるなど、さらなる活躍を誓っていた。


 他人のロッカーから無断拝借したエルメスのネクタイに、つば九郎の意気込みがにじみ出ていた。鈴木球団社長との交渉では、筆談で大台突破の年俸1万円を要求。だが同社長に「いろいろ問題があったと聞いている」と指摘され、“閉口”した。

 今季はイベント等で子供を泣かせること23回、ペンギンと間違えられること約400回(いずれも球団調べ)などの項目がマイナス査定となり、大台には届かず。だが大幅増に「らいきがんばる。すぎうちくんも、はんおそう」と保留中のソフトバンク・杉内にエールを送る一幕もあった。

 交渉後には会見場に現れるなり、自身の問題行動を省みて約46秒間、市川海老蔵ばりに深々と頭を下げた。昨年の交渉では今季年俸の使い道を「よあそび」としていたが、実は今も手元に残しており、「ありまきねんで まんばけん」という“夢プラン”を披露した。

 来季の目標は、チームでは優勝してのビールかけを挙げたが「こじんてきには、にしあざぶのちあんをまもりたい」と社会奉仕活動!?も宣言。来季年俸の用途については「みんなでぱぁ~っと、のみあかす」とした。

 マスコット界は中日・ドアラを筆頭に、強敵がひしめく群雄割拠の時代。ファン獲得へ、新たにテレビ各局の人気番組出演での出来高もつけたつば九郎。チームとともに、来季は頂点を目指した戦いに挑む。


http://www.daily.co.jp/baseball/2010/12/18/0003682594.shtml
【デイリースポーツonline より引用】


 クッソフイタ_| ̄|〇∠))バンバン

 2896(つば九郎)から、8960(ヤクルト)とは、随分なアップ幅やなぁ。
 今度は、大台を大幅に超す28960(つば九郎)を勝ち取ってほしい^^


 「すぎうちくんも、はんおそう」とか「にしあざぶのちあんをまもりたい」なんて言っている(?)けど、そこは触れちゃダメ(^^;
 両手で殴られたり、灰皿にヤクルト入れて飲まされても知らんぞ、つば九郎…。


 そういえば、ドアラの契約更改はしないのかな?
 アイツ、5枚切りの食パンを現物支給とか、かなりこき使われているからな…。

 その内、FAならぬ、FD(Free DOALA)宣言をしかねないぞ…なんつって(^^;



 さて、今日はプロ野球 オーナーズリーグ・第4弾の発売日。

 買おうかどうか悩んではいたが…一応、1BOXだけ購入(`・ω・´) b ビシッ!!
 その結果はこちら。

10_12_18_01.jpg

GREAT:越智(巨)/LEGEND:佐々岡(広)
SUPER STAR:森野(中)/GREAT:シコースキー(西)
STAR:田中(楽)/STAR:唐川(ロ)/STAR:篠田(広)/STAR:涌井(西)


 う~ん…LEGENDは、桑田(巨)/槙原(巨)/池山(ヤ)/黒木(ロ)のどれかが欲しかったのだが…。

 まぁ、全体的には当たりかな?
 ノーマルカードも、井口(ロ)や片岡(西)、山本(オ)などの比較的使えそうなカードがあったし。


 で、早速カードを使ってみようと登録してみたのだが、ここでちょっと問題が。

 チーム作戦の適正具合なのだが、なんと佐々岡がface5.gifだった。

 三振を取りに行き、先発を引っ張る作戦なのだが、まさか最悪の適正具合だったとは…。
 佐々岡は抑えの適正もあるが、ひょっとしてクローザー向きなのか?現状ではちょっと使いづらいな。


 あと、森野がface3.gifだった。
 それまで使っていた黒カードの森野の適正具合がface1.gifだった事、そのカードは5枚重ねである事を考えると、かなり微妙。

 コンボはSSの方が優秀だが、守備位置が少なくなってこれまた使いづらい(^^;
 ファーストは基本的に内川(横)、サードはジグザグ打線を組む関係で、今江(ロ)や小谷野(日)といった右打者が入る事も珍しくないチーム事情では…なぁ(^^;


 越智は使えそう。
 黒カードでは炎上要因と化していたが、いい活躍をしそうだ。

 田中や涌井は、STだからそれなりだろう。



 あったかくして寝ろよ。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

( ゚д゚)アホちゃうか…?【マンガの過激性描写、東京都の規制条例成立へ】

2010.12.13 23:55

category : 時事関連

comment(0) trackback(0)

 やぁ…まいったね。

 これまでの政権運営に対し、「仮免許」と発言するや、沖縄の米軍基地移設問題に対し、「(沖縄は)甘受しろ」と言う仙谷
 お察しの通り、失言ラッシュが続いているが…あまりにもアホ過ぎてコントに見えてきたわ。

 で、同時に思う事は、「自民党政権だったら、マスコミが鬼の首でも取ったかのように騒ぎ立てるのになー」って事。
 これまで数多くの失言が出ても大して騒がねぇとか、心底腐ってやがる(´・ω・`)


 さて、つぶやきレベルの前フリはここまで。

マンガの過激性描写、東京都の規制条例成立へ

 過激な性描写のある漫画の販売を規制する「都青少年健全育成条例」の改正案について、民主、自民、公明の3会派が「慎重な運用」を求める付帯決議付きで合意し、12月議会で成立する見通しになった。「表現の自由の侵害」と出版業界からの批判も根強いが、子供を性的対象にした問題が絶えない現状から、一定の規制が必要との考えで3会派が一致した。13日の都議会総務委員会の採決を経て、15日の本会議で正式に可決する。

 改正案をめぐっては、6月議会で「規制対象があいまい」とする都議会最大会派の民主などの反対で否決。今回案では、強姦(ごうかん)など「刑罰法規等にふれる性行為等」と規制対象が明確化された。しかし、漫画家や出版業界は「創作活動を萎縮させる」と反対の姿勢を崩していない。

 焦点になっているのは、過激な性表現の漫画などを成人コーナーに区分陳列する対象の範囲。出版業界は規制対象を刑罰法規とすることにも「時代設定などが異なる漫画に現行法を適用するのは無理がある。あいまいな部分が残る」として、業界の自主規制を主張。角川書店のほか講談社など漫画の主要出版社でつくる「コミック10社会」が、都が主催者に名を連ねる「東京国際アニメフェア」への出展辞退を10日に表明した。

 一方で、東京都小学校PTA協議会など保護者団体は「子供の性的な価値観がゆがめられないようにしたいという親の当たり前の願いを反映している」と訴え、早期制定を求める要望書を石原慎太郎知事に提出。石原知事は「自主規制だけで収まらない図書が現実にあり、野放図になりすぎている」とし、出版業界に対しても「販売規制が表現の自由を侵害するなんて荒唐無(む)稽(けい)な話。区分陳列を制限することが何で表現の自由にかかるのか」と批判した。

 こうした状況を受け、前回案に反対した民主内でも「子供を守るという条例の趣旨にはもともと反対ではない。反対のための反対は理解が得られない」と事態打開の動きが先鋭化。10日に3会派や都の幹部が集まり、「作品の芸術性や社会性などを勘案し、慎重に条例を運用する」「『不健全図書類』を指定する審議会での検討時間の確保に努める」などとする内容の付帯決議を盛り込み、出版業界へも配慮する形で合意した。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/education/473535/
【イザ!(産経新聞) より引用】


 こういう系の話題に関していつも思う事は、「なんでドラマとかは規制の対象外なのかな?」という事。
 それと、「見方次第でどうでも言えるのに、その部分をどう線引きするつもり?」という事。


 例えば、14歳の母

 決定的な描写はないにせよ、14歳という年齢で妊娠という性に対する意識の低さが表現されている。
 ただ、別の見方をすれば、命の大切さを考える主人公の精神的な成長も見られるといえば、そう見えるかもしれない。もっと突き詰めると、「性の意識の低さを美化している」となるが…。

 正しいのはどっちだといわれると…どっちもどっちじゃないか?


 要はそういう事よ。
 中には反論のしようがない作品もあるだろうが、それらもひっくるめて万人が納得のできる線引きができるのか?

 そこに対する議論って、結論がついてない気がする。
 現状では、判断する人間のものさし次第でどうでも言える状態じゃないかな。


 あと、この規制が行き過ぎて、例えば「少年の殺人事件が多い → よし、その殺人の描写が多い『名探偵コナン』は規制だ!」みたいな暴挙にも出かねない。

 じゃあ、同様の描写がある2時間ドラマ系はどうなん?
 と、コイツらに聞くと何も言えないんじゃないだろ…。無理やり正当化した言い訳を作っても、説得力に欠けてるし。


 まぁ、つまりはこの議論は不毛でしかないんだよな。

 もし議論するなら、作品の規制をするより先にする事は「そういうものを子供たちの目に触れない環境づくり」でしょ。

 例えば、コンビニの18禁に並んでる雑誌って、小学生でも容易に見る事ができる場所にあるじゃん?
 あの場所の問題について議論でもしてろ、と。



 あったかくして寝ろよ。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

M-1グランプリが今年で終了! 紳助「漫才へ恩返しできた」と発展的解消

2010.12.12 23:40

category : お笑い関連

comment(0) trackback(0)

 藤浩次が、足の骨折に続き今度はインフルエンザでダウンだと。

 こりゃ、めちゃイケでまたイジられるな。
 「芸能界で休んでんの、お前と海老蔵だけや!2度も言わせんな!!」ってな(^^;


 今週のおぎやはぎのメガネびいきに出演予定だったが…難しいな。

 出ても出なくても、武闘派からのメールがわんさか来そう^^
 とりあえず、パンフでも要求しておくか。


 …はい、そんなところで今日の本題。

M-1グランプリが今年で終了! 紳助「漫才へ恩返しできた」と発展的解消

 これまで9組の王者を輩出してきた漫才日本一決定戦『M-1グランプリ』が、10回目の今年をもって終了することが12日、東京・両国国技館で開催された準決勝終了後の会見で発表された。よしもとクリエイティブエージェンシーは「この大会から、多くの若いスターを生み出してきて目的を達成できた」とし、放送するABC朝日放送も「この先、ステップアップするいい時期として発展的に解消する。今後、新たなイベントに取り組んでいきたい。前向きなピリオド」と語った。

 2001年の誕生以来、年末の風物詩にまで成長した『M-1』が幕を降ろすことになった。年齢、国籍、性別、プロ・アマ、所属事務所を問わずコンビ結成から10年以内なら誰でも出場できるM-1は、毎年エントリー数が増加し、年々注目を集めていた。大会審査委員長の島田紳助は「たくさんの後輩が育ち、漫才のレベルも上がった。漫才へ恩返しできた気持ちです。最後のM-1でまたスターが生まれることを心から願ってる」とコメントを寄せた。

 今年は準決勝大会を初めて東西合同で開催。場所もお笑いイベント初となる東京・両国国技館に進出するなど、よりスケールを大きくしたばかり。この日は24組が準決勝でぶつかり、カナリア、銀シャリ、ジャルジャル、スリムクラブ、ピースが初の決勝進出を決め、さらにハライチが昨年の初出場から2年連続、ナイツも同様に3年連続、常連の笑い飯が9年連続で決勝へ駒を進めた。

 M-1は過去、初代グランプリの中川家を筆頭に、ますだおかだ、フットボールアワー、アンタッチャブル、ブラックマヨネーズ、チュートリアル、サンドウィッチマン、NON STYLE、パンクブーブーが戴冠。優勝と同時に賞金1000万円獲得だけでなく、知名度、注目度が急上昇するなどお笑い界における絶対的な登竜門として君臨してきた。それに取って代わる「新たなイベント」が今後注目される。

 『M-1グランプリ2010』決勝大会は、26日(日)にABC・テレビ朝日系全国ネットで午後6時半より生放送される。決勝進出最後の1組を決める『敗者復活戦』も同日午後4時より生放送される。


http://www.oricon.co.jp/news/movie/82924/full/
【ORICON STYLE より引用】


 10年とキリのいいところだし、ここ数年とその前の大会を比べると、面白さと言う部分では落ちてきている気がするから、ピリオドを打つにはちょうどいいんだろうね。
 審査の方法や結果もいろいろと問題視されているし、NON STYLEパンクブーブーあたりを見ると「M-1王者」の肩書きの効力も薄くなった感が否めないし。


 ただ、終わりにするなら予選前に告知するべきだったんじゃないかな?

 そして、どうせなら歴代王者勢ぞろいでの、歴代NO.1コンビの決定でもやってほしかった
 …アンタッチャブルが無理だけどな。柴田…(´・ω・`)


 まぁ、M-1はとりあえず幕を下ろすんだろうけど、すぐに別のイベントを開くんだろうな。
 紳助の事だし、そんな含みを持たせるコメントをしてるし。


 今年のM-1だが、笑い飯はどうラストイヤーを飾るんだろうな?
 本気で王者を獲りに行くのか、下ネタに走るなどして自分らしさを貫き通すのか…どっちでもいいけどな!^^



 あったかくして寝ろよ。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

(´;ω;`)ブワッ【鉄平が、草野が、嶋が…渡辺放出に涙の更改】

2010.12.11 23:55

category : 野球関連

comment(0) trackback(0)

 や、まいったね(´・ω・`)

 最後の更新から1週間以上放置してしまったか…。


 最近何をやっていたのかと言うと、卒業論文の仕上げ。
 2万3000字程度書き、あと2000字程度追加しようとしたらデータがすっ飛んで「( ゚д゚)ポカーン…」状態。

 バックアップは最新のものを用意しておらず、徹夜で必死こいて直したわ。
 途中、どんな風に書いたか忘れて、もう一度資料を見ながら書いたり…。


 なんか、この時はブログやっていてよかったな、と思った。
 駄文しか書いてない感じだが、一応文章を書く能力は無駄にならなかったというか。


 さて、そんな久しぶりの更新._〆(゚▽゚*)

鉄平が、草野が、嶋が…渡辺放出に涙の更改

 サヨナラ、直人。楽天の契約更改交渉が悲しみの涙に暮れた。9日に渡辺の横浜への金銭トレードが発表。チームリーダー的存在だった渡辺放出の波紋が広がり、この日更改した鉄平、草野、嶋の主力野手3選手が会見場でそろって号泣するハプニングが起こった。

 クールな鉄平が突然泣き始めた。「一番尊敬できる先輩。とても悔しい」。交渉の席では1000万円増の1億3000万円でサインすると、米田球団代表に「何で出なきゃいけなかったのですか」と経緯説明を求めた。05年オフに中日から金銭トレードで移籍し、渡辺を「人生の師匠」と呼んでいた。今度は自らがチームリーダーになる覚悟を決め「直人さんのようにみんなをいい方向に導きたい」と誓った。

 陽気な草野も表情が一変。「チームにとって痛いけど、選手にはどうしようもできない」と涙をこぼした。さらに今季正捕手として打率・315をマークし、倍増の5800万円でサインした嶋も涙で甘いマスクがびしょ濡れに。今オフに選手会長に就任。プロ4年目で同期の渡辺も副会長になり、新体制がスタートした直後の出来事に「直人さんの魂を引き継ぎます」と唇をかみしめた。

 渡辺はこの日荷物整理でKスタ宮城を訪れた。自身も前日に号泣。3人の涙を伝え聞くと「いい仲間に恵まれた」とまた目を潤ませた。星野新体制のもと、松井と岩村を獲得する大型補強で最下位から優勝を狙う楽天。チームを活性化させるため主力のトレードも避けて通れない。ただチームの結束力も勝つためには必要。その結束を3人の涙で感じ取った渡辺は「3人とも中心選手。そういう気持ちがあればチームはもっと強くなる」と惜別の言葉を送った。


http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/12/11/08.html
【Sponichi Annex より引用】


 これはひどい。

 楽天が一気に嫌いになったという人も少なくないんだろうな、この一件で。
 オレもその1人。


 何でこういう状態になったのか、簡単にまとめてみる。

・MLBから松井稼頭央岩村獲得
岩隈ポスティングによるMLB移籍の交渉が決裂
・岩隈放出による入札金の獲得という予定が狂い、資金繰りが苦しくなる
・松井とポジションがかぶり、今季のレギュラー選手であった渡辺直人金銭トレードで出すことで資金調達


 何がひどいって、やることなすこと全部だよね。


 まずは、交渉決裂の可能性がある岩隈のポスティング移籍
 ポスティング移籍とは、簡単に言ったらオークションみたいなもので、落札した球団から入札金が楽天に入るシステム。

 まだ手に入ると決まったわけでもないこの金を、完全に当てにしていたという事実
 そして、それを当てにしていてメジャー帰りの選手に大金を積んで獲得していた、計画性のなさ


 もうひとつは、今季ショートのレギュラーだった渡辺を、松井とレギュラーを争わせずに一方的に見切った事

 松井との契約には、「ショートでの試合出場」という内容でも盛り込まれているんだろうな…。

 それにしても、全盛期を過ぎた故障持ちの選手より渡辺の方が下であると判断したフロントはほんとにアホ過ぎる。

 「出場が減少してしまうと本人の事を思って」なんてフロントは話しているが、冗談じゃない。
 そういう中で競い、レギュラーを奪うのがプロの世界と言うもんだし、ただでさえ楽天の内野の層は薄いのに、レギュラークラスの選手をこうも簡単に放出するとは…。

 しかも渡辺は2日前に契約更改をしているし、フロントの選手の扱いはなんなんだ…。


 楽天の選手の話を見れば、相当人望の厚い選手であるように見えるし、このトレードにまったくもって理解ができない。

 資金繰りのミスはフロントなんだから、そいつの首を切れよ。
 こういう形で選手に押し付けてほしくない。


 で、横浜への移籍となったワケだが…石川藤田といった似たタイプ・ポジションの選手がいる訳だし、移籍しても状況は大して変わらないっていう。


 補強する行為自体は、強いチームを作る上で必要な事ではある。
 だが、こういうやり方には疑問。

 渡辺には何としても古巣…いや、星野に見返してやる活躍をしてもらいたいね。



 あったかくして寝ろよ。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

オッケーイ!ナインティナインのオールナイトニッポン

2010.12.03 03:00

category : ラジオ関連

comment(2) trackback(0)

101203_c.jpg

 復帰後初のラジオという事で、久しぶりに聴いてみたナインティナインのオールナイトニッポン

 5か月ぶりのコンビでのラジオだとさ。
 そう思うと、えらい長いよなぁ…(-ω-`)


 ラジオの岡村は暗いというか、テレビとは真逆のテンションでしゃべる感じだったが、今回は復帰後初という事で声が多少高めだった。

 で、オープニングトークはもちろん休養中の事について。


 病院は21時に消灯されるが、芸能人という不規則な生活を送る環境にいた岡村には当然苦痛で…。
 特にオールナイトニッポンは15年近くやっているというだけあって、木曜の深夜には目が覚めて「あっ、ラジオや!」と思ってしまう有様。

 まぁ、そんだけやっていれば、生活の一部として固定されるもんなぁ…。


 そんな中での入院。
 入院中、今度は様々なブームが岡村を襲った。

 お金がないブーム「俺、くさない?」ブーム
 「俺、めっちゃ痩せてない?」からの服を脱ぎたくなるブームや、戦後最大級のチョコモナカジャンボブーム空前の甘いものブームじっとしていられないブームなど…。

 「ブーム」と言って笑い話にしているけど、実際問題、相当精神的にヤバいのは確かのようだ。


 ここまでで、あっという間の30分。

 さすがに提供読みをしなければならず、岡村が「行こうぜ!」と言うが、すぐに別の話をし出す。
 そんなやり取りが3回ほど続いてようやく提供読み&CM。


 あのビートたけしから手紙が来たらしい。
 明石家さんまからは「俺、なんでめちゃイケ(オーディション)落ちたんや!」と電話で言われ、タモリからもメッセージがあった…BIG3すげぇぇぇ(=゚ω゚)!


 そうそう、ラジオ復帰にあたり、主治医から「5分だけ出て帰りなさい」と言われたらしい(^^;
 無理でした(ノ∀`)


 またここでCMなのだが、途中戦場カメラマンでお馴染みの渡辺陽一がラジオをやると番宣していてフイタ。
 事故るし、夜に放送とか眠くなる∵ゞ(≧ε≦o)


 CMが終わり、今度はテレビの話。
 これはめちゃイケでも言っていたが、テレビはNHKブーム。

 ゲゲゲの女房を見て、メジャーリーグや高校野球を見る…。

 野球は見ていたが、なんとサッカー・ワールドカップは見ていないらしい(=゚ω゚)!

 まぁ、入院…前だったかな?でも、本田圭佑を知らんとか、サッカー好きの岡村にはあり得ない話だろ…( ゚д゚)…
 めちゃイケの時はネタかと思ったが、ラジオで話されるとマジなんやと思った。


 家族には1番支えてもらったらしい。
 特に母親。40歳のおっさんの手を握ってベットの横で眠るオカン…母は偉大だな。

 ここで2時を迎えるのだが…いつもの様に2時!!と怒鳴らず、あっさりと「2時。」で済ませた(ノ∀`)
 リハビリが必要やな(^^;


 で、ここからは入院中の世間のニュース。

 ブラックマヨネーズ・小杉コールポコ・小野まじめ、さらに駐日・落合監督の息子の落合福嗣の結婚のニュースに「うわーっ!」と驚く岡村_| ̄|〇∠))バンバン
 ただ、1番驚いたのは広末涼子だって。「キャンドル・ジュン!?


 期間限定のコーナー「岡村隆史 空白の5か月」の募集が始まる。
 岡村が5か月間何をやっていたのかを送ってもらうコーナー…いや、知りたいのはこっち(^^;


 他にも、身の回りの世話をしてくれた大谷マネージャの話や休養直前に訪問に来た矢部の話、何もない入院生活で唯一笑えた話など、いろいろ話してあっという間に2時間が過ぎた。


 病名については最後まで明かされなかったものの、将来への不安などで押しつぶされたらしく、精神的に相当まいっていたらしい事から、鬱ではない精神的なものなんだろう。
 休養前は確か自身が主演した映画の宣伝で駆け回っていたりしていた気がするから、疲労も重なっていたと思う。

 まぁ、体の病気ならあっちが痛い、こっちが痛いとネタにするし、一部で噂されていた癌センターでの目撃情報も否定したし。


 矢部が楽しそうに岡村の話を聞いていたし、岡村も「もう、どこにも行かないから」とか「お前(矢部)好きやねん!」なんて言っていて楽しそうだった。

 まぁ…無理せんと、自分のペースで仕事してほしいね。
 もう40なんだし(^^;



 わーわー言うております。
 お時間です。
 さようなら。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

そんな流行語で大丈夫か?【「ネット流行語大賞2010」金賞は「そんな装備で大丈夫か?」に】

2010.12.02 23:35

category : その他ニュース関連

comment(0) trackback(0)

 うも、モンスターハンターポータブル3rdなんかには目もくれず、パワプロクンポケット13をやってる者です。

 今回のパワポケは、バグ等も含めて良作なんじゃない?
 前作・パワプロクンポケット12は、通称サブポジバグというのが猛威を振るい、ロクに野球なんてできたもんじゃなかったからな…(-ω-`)

 まぁ、今回も見ていないアルバムが勝手に解禁&解禁されたアルバムが一部消去されるというバグがあるのだが…まぁ、解禁の手順によっては回避できるらしいから、幾分マシかな、と。

 リアル野球というのがカード野球に変わって搭載されたが…これはどうみてもDS(3DS)でプロ野球スピリッツを出すためのテストに過ぎないな。
 正直、イラン。


 っつーか、今回ひどいのはCEROだな。
 仕事しろ!と。

 シリーズ屈指とも言ってもいい「弾道が1上がった」イベントの多さに対し、CEROが下したのは全年齢対象…だと…?
 裏サクセスも、オニザメカンドリーの大砲の管理の話もキャラ的にアウトだし、仕事しろ∵ゞ(≧ε≦o)

 まぁ、それがパワポケクオリティだけどな(^^;



 さて、今日の本題。

「ネット流行語大賞2010」金賞は「そんな装備で大丈夫か?」に

 ネット流行語大賞2010実行委員会に参加するネットサービス会社9社が、ユーザーを対象としたアンケート調査を実施し「ネット流行語大賞2010」を決定。金賞には「そんな装備で大丈夫か?」が選ばれた。
 
 「そんな装備で大丈夫か?」は、来春に発売されるアクションゲーム「エルシャダイ」の予告動画で登場するセリフ。ニコニコ動画から人気が広まったという。

 銀賞には中国漁船衝突動画に関する「流出(sengoku38)」が選ばれた。sengoku38はYouTubeに衝突動画をアップロードした人物のアカウントだ。

 銅賞は「~イカ? ~ゲソ」となった。こちらは雑誌「週刊少年チャンピオン」で連載中の漫画で、10月よりテレビ放送も開始した「侵略!イカ娘」の主人公が語尾に付ける言葉だ。また、4位には「本田△」、8位には「岡ちゃん、ごめんね」とW杯南アフリカ大会開催中に流行した言葉がランクイン。5位には「どや顔」が語源の「\どや/」がランクインしている。

 6位には遊助(上地雄輔)のシングル「ミツバチ」の歌詞に登場する歌詞をモチーフとした「~とかマジ勘弁www」、7位は米紙が鳩山由紀夫前首相を呼んだ「ルーピー」(愚か者)、9位にはmixi、Facebookの評価機能「イイネ!(いいね!)」、10位には音声合成ソフト「初音ミク」の技術に感動したユーザーが書き込んだ「胸熱(何か胸が熱くなるな)」がランクインした。

 また、同時に開催された「女子中高生ケータイ流行語大賞」では、Twitterのつぶやきの語尾に使われる「なう」が金賞。銀賞は“テンションアゲアゲ”を意味する「あげぽよ」、銅賞はお笑いコンビブラックマヨネーズ吉田敬のギャグ「どうかしてるぜっ」となった。調査期間は11月18日~24日。両大賞の投票総数は18万8,427票。


http://www.rbbtoday.com/article/2010/12/02/72507.html
【RBB TODAY より引用】


 そんな流出で大丈夫じゃなイカ?
 …と、キレイにまとまった(?)ところで、初めてネット流行語大賞について触れてみる。


 こっちの方が、本家よりしっくりくる(^^;

 けど、銀賞の「流出(sengoku38)」だけはちょっと違う気が…。
 これも本家で思う「流行…語…?」だな。


 今回思ったのは、2ちゃんねるの色が薄くなったな、という事。

 ネットといえば2ちゃんねるがイメージされるけど、今回のラインナップを見るとニコニコ動画やTwitterあたりからのヤツが増えたし、何よりよう見かける。

 イカ娘も、友人がメールで何気なく使ってたし。
 …それに気づいたのは、ニコニコ動画でイカ娘が無料配信されてランキングの上位に居座り、気になって観てみた1か月後だけど(^^;



 あっ、あと関係ない話だけど、くりぃむしゅーの上田に第2子が誕生したようで。
 上田も奥さんには飛ばしてはくれてんのね∵ゞ(≧ε≦o)

 めでてぇな~、ヨヨヨイ、ヨヨヨイ!\(*゚∀゚*)/
 とりあえず、事務所にオムツ代を送ってやるか(^^;



 あったかくして寝ろよ。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ


【このブログ内の関連記事】
2010年「新語・流行語」、大賞は「ゲゲゲの~」 特別賞は斎藤佑樹選手

2010年「新語・流行語」、大賞は「ゲゲゲの~」 特別賞は斎藤佑樹選手

2010.12.01 23:55

category : その他ニュース関連

comment(0) trackback(0)

 レンダーが最後の1枚となった12月


 寒い日にはあったかい風呂にでも…と思ったら、なんと家の風呂がぶっ壊れた(´・ω・`)

 いやぁ…まいったね。
 よう分からんが、外についてる機械から水が漏れ、もうどうしようもない状態だと。

 来週まで銭湯生活という事になったのだが、人がいると落ち着かねぇんだよな…。

 で、さっさと出たら風邪をひく始末。
 まいったね。


 さて、前フリはこんなところで、今日の本題。

2010年「新語・流行語」、大賞は「ゲゲゲの~」 特別賞は斎藤佑樹選手

 師走の風物詩『2010 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識 選)が1日、都内会場で発表され、年間大賞にNHK朝の連続ドラマ『ゲゲゲの女房』で人気を博した「ゲゲゲの~」が選出された。選考委員特別賞には日本ハムにドラフト1位指名された早稲田大学野球部主将・斎藤佑樹選手の「何か持っていると言われ続けてきました。今日何を持っているか確信しました…それは仲間です」が選ばれた。

 その年に生まれた、さまざまな言葉のなかで軽妙に世相を表現していた言葉や大衆の目や耳を賑わせた“新語”“流行語”を選ぶ同賞は1984年に創設。『現代用語の基礎知識』読者審査員のアンケートから上位60語がノミネートされ、作家・藤本義一氏を審査委員長とした委員会により、大賞とトップテンを選出する。今回、斎藤選手の特別賞は、新語・流行語大賞にとどめておく言葉ではないとしながらも「50年ぶりの早慶優勝決定戦の歴史を証明する言葉」として与えられた。

 トップテンには、わかりやすい時事解説をした池上彰の「いい質問ですねえ!」、国民的アイドルグループに成長した「AKB48」、ヒット商品となった「食べるラー油」などが選ばれている。なお、今年のノミネート語は11月12日に発表されていた。

 トップテンに選ばれた新語・流行語は以下の通り。

いい質問ですねえ! 受賞者:池上彰
イクメン 受賞者:つるの剛士
AKB48 受賞者:AKB48
ゲゲゲの~ 受賞者:武良布枝(「ゲゲゲの女房」著者)【大賞】
女子会 受賞者:大神輝博(モンテローザ代表取締役社長)
脱小沢 受賞者辞退
食べるラー油 受賞者:小出孝之(桃屋代表取締役会長兼社長)
ととのいました 受賞者:Wコロン
~なう。 受賞者:梅崎健理(IT界のスーパー高校生)
無縁社会 受賞者:NHK『無縁社会』制作チーム

特別賞
何か持っていると言われ続けてきました。今日何を持っているか確信しました…それは仲間です 受賞者:斎藤佑樹選手


http://life.oricon.co.jp/82598/full/
【ORICON STYLE より引用】


 なんだ、ルーピーじゃないのか(・ω・`)

 あと、「2位じゃダメなんですか」は?


 今年はネットからの言葉が目に付いた気がする。
 さっきの「ルーピー」もそうだし、ノミネートの中には「本田△」「岡ちゃん、ごめんね」とか…。


 その反面、「流行…語?」と、疑問を持たざるを得ないものが今年も…。

 大賞の「ゲゲゲの~」もそうだし、特別賞のヤツなんてやたら長いし、あの場限りだし…。

 今年の世相を表しているには表しているんだろうけど…。
 「流行語大賞」から感じるイメージって、万人が使った、またはよく見る言葉じゃない?

 まぁ、「ゲゲゲの~」は、向井理あたりを取り上げる際、出演ドラマの肩書きをつけるに必要だったが、それはそう表現するしかなく、それを流行でくくられるのはちょっと違う気が…。


 あと、ものすごく思った事は「~なう。」の受賞者、梅崎健理って誰?
 そもそも「~なう。」自体今年の言葉ではない気がするし、ネットから生まれた言葉で受賞者が出る事に驚き。

 例えば「本田△」で、本田本人が受賞するならまだしも…え?マジで誰だよ。



 あったかくして寝ろよ。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ
プロフィール

スイッチピッチャー

Author:スイッチピッチャー
名前の由来:野球好きの両利きで、左右どちらでもボールを投げられることから。
もちろん、ラジオネームも同じ^^
だけど、最近はあまり活躍せず…

出身:生まれは京都、育ちは埼玉(・w・`)

好きな球団:巨人…だけど、基本的にはプロ野球全体が好き^^


なんだか、この1、2年でくりぃむしちゅー色が強いブログになっちまった(^^;

通算投球数【アクセス数】
球目
※次のキリ番は【200,000】人目!

ソザイガローさんより、キャッチボールのGIFアニメをお借りしてます。
My Blog Data
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー

ブログアーカイブ
直近1年分は月単位で表示し、それ以外は年単位で表示しております。
年をクリックすると、その年が月単位で表示されます。
ブログ内検索
RSSフィード
人気記事ランキング
人気ブログランキング
相互リンク集
24時間以内に更新されたブログには、マークがつきます。
管理者ページ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム(FC2ブロガーのみ)

Copyright ©switch - pitcher's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。