switch - pitcher's blog

別名:くりぃむしちゅーな風景があるブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズラァァァァァ

2012.02.29 23:55

category : ブログ関連

comment(0) trackback(0)

12_02_29_01.jpg

 ラじゃない、だ…ってなワケで、大人買いしちゃったよ~、銀魂\(*゚∀゚*)/

 まぁ、深い理由なんてないよね。
 “ただ、読みたかった” ― それだけの話∵ゞ(≧ε≦o)


 Amazonで注文したのはいいが、昨日仕事が終わって家に帰ったら、がダンボール開けて先に読んでやがったw

 で、今日は学校が休みとか言って、何冊か部屋から持ち出しては読み、また部屋に行ってしまうと同時にまた持ち出して…と、完全に所有権がオレから離れている状態はなんでなん?∵ゞ(≧ε≦o)


 まぁ、それはともかく、マンガを大人買いするとなかなか壮観だな。

 別に、ちょくちょく買ってたって、量自体は変わらないけど、いちいちこんな風に並べないもんな(^^;
 大人買いするとこうやって写真を撮りたくなる不思議(=゚ω゚)!


 …週末に本棚買いに行こう。
 今ある本棚では収まらないぜ(・w・`)



 さて、今月最後の更新はアクセス解析です。

 [READ MORE...]より、どうぞ!(`・ω・´) b ビシッ!!

[READ MORE...]
スポンサーサイト

実は2度目のすれ違い

2012.02.27 23:30

category : 日記

comment(0) trackback(0)

12_02_27_01.jpg

 や、まいったね!

 今日のすれ違いMiiの中に、任天堂の岩田社長がいた。

 まぁ、厳密には“いつの間に通信”なんだけど、社長のおかげで3DS発売から1年経った事を知ったぜ。

 社長とのすれ違いはゼルダの伝説 25周年記念 シンフォニーオーケストラコンサート以来、2度目となる._〆(゚▽゚*)
 ありがとな~!


 しかし、もう1年も経つとは、早いよなぁ。

 最初はほとんどすれ違い通信が機能しなかったし、半年で1万円値下げとか、正直大コケした感じが否めなかったけど、マリオモンハンといったキラーソフトの登場がかなり効いてるね。

 やっぱ、ハードよりソフトなんだよな。


 朝、通勤で行く最寄駅でのすれ違い通信だけで、5人以上すれ違う事も珍しくなくなったし。
 すれ違い伝説が楽しみでしょうがないw

 こういうサプライズはどんどんやってほしいわぁ(`・ω・´) b


 今年はWii Uの発売が控えているんだよな。

 販売戦略さえ間違えなければ売れると思うし、ちゃんと考えてほしいわ。

 “価格”に関しては任天堂の事だからおおよその予想はつくけど、問題は“ソフトのラインナップ”と“Wiiとの関連性”だな。

 Wiiに関しては、データの引き継ぎができるのかどうかが個人的にすごく気になる(・w・`)

 周辺機器が全て使えても、ここができないとなぁ…。



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

過去最高のボウリング

2012.02.26 22:55

category : 日記

comment(0) trackback(0)

 や、まいったね!

 …今日はテノール編の「まいったね」でお送りしますよ、えぇ。


 先週は、会社でボウリング大会があったのよ。

 このブログでも2、3回触れているけど、そんなにうまい方ではないオレ。

 こことか、この辺でも見れくれたら分かる様に、スコアは100を超えたら調子がいい方で、アベレージは100を切るかどうかという所。

 MAXは、7ゲーム連続でやった時の6ゲーム目で出た、133


 本番を迎える前に1回は練習に行っておきたいと思っていたんだけど、月に一度の土曜出勤と重なったりで行けずじまい…(・ω・`)

 こりゃ、下位争いは必至だな、と思ったワケ。


 本番を迎えた日は、始まる前に各自2フレーム分の練習する事ができた。

 まぁ、それでも相変わらずの調子よ。

 そのまま迎えた1ゲーム目は93と、案の定の結果。


 だが、ここからが別人の様なゲーム展開だったね。

 2ゲーム目は序盤に2連続ストライク&5フレームまで連続スペアと絶好調!\(*゚∀゚*)/

 終わってみれば158とハイスコア!!_| ̄|〇∠))バンバン


 最終3ゲーム目も好調で、終盤にまた連続ストライクが決まって150

 3ゲームのトータルは401と前代未聞の数字(=゚ω゚)!


 まぁ、この数字では上位争いはできないけど、全体では中の上という順位だった。
 賞品はしょぼかったけど…(^^;



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

(´・ω・`)【オセロ中島 レギュラー消滅“引退状態”】

2012.02.23 22:35

category : その他ニュース関連

comment(0) trackback(0)

オセロ中島 レギュラー消滅“引退状態”

 東京都内のマンション家賃滞納と自称占い師の女性による洗脳騒動の渦中にある、オセロの中島知子(40)が、休養前に出演していた全レギュラー番組を降板したことが21日、分かった。前日に日本テレビ系2番組の降板が判明したが、新たにTBS・MBS系「知っとこ!」(土曜、前8・00)、「ひみつの嵐ちゃん!」(木曜、後10・00)の降板が分かった。いずれも中島が所属する松竹芸能がテレビ局側に申し入れたもので、状況が変わらない限り、芸能活動再開は難しくなった。

 奇っ怪な騒動を巻き起こしたオセロ・中島が、一気に全レギュラー番組を失った。都内の自宅マンションで、自称占い師の女性と同居中とされる中島の口からは依然、何も語られないまま。先行きの見えない事態に、所属する松竹芸能が全4番組の降板をテレビ局に申し入れ、いずれも了承されていた。

 この日、TBSは中島が体調不良を理由に出演を取りやめていた「ひみつの‐」に関して、降板していたことを明らかにした。同局は「このたび所属事務所から降板の申し入れがあり、降板を決定しました」と説明した。

 「知っとこ!」を制作するMBS(毎日放送)も松竹芸能から降板の申し入れがあったとし、「現状を鑑(かんが)みて了承しました」とした。中島は同番組で、相方の松嶋尚美(40)とともに司会を務めていたが、“産休中”の松嶋の出演継続は決まっているという。

 20日には、日本テレビ系「中井正広のブラックバラエティ」(日曜、後10・30)と「世界の果てまでイッテQ!」(日曜、後7・58)を、同様に降板することが判明。タレント仲間からのエールが続出する中、“休養”の形で続いていた芸能活動はストップし、“引退状態”に陥った。

 都内の自宅と個人事務所の家賃滞納による訴訟問題も抱えているが、現状では復帰への光は見えて来ない。かつての人気美人お笑いタレントが窮地に追い込まれた。


http://www.daily.co.jp/gossip/troubled/2012/02/22/0004832741.shtml
【デイリースポーツonline より引用】


 ントに、どうしちゃったんだろうな…(・ω・`)

 ってか、変な話、“生きているのか”すら分からんよなぁ。
 まぁ、正気ではない事は確かだろうけど。


 事務所が降板を申し入れるのはビジネス上、賢明な判断と言えるし、むしろよくここまで契約できていたものだといえる。

 だけど、なんで中島本人を救い出す行動には出てないんだろう?

 事務所にとって、レギュラー番組を多く持っていた中島は大切な存在だと思うんだけどな。


 あと、あれだな。
 “自称占い師”の素性って、テレビをはじめとするマスコミは全くと言ってもいいほど報道してないんでしょ?

 ネットで調べてみても、一部週刊誌で報じられている程度の情報しかないし…こんなん、ワイドショーなんかは非常にいい飯のタネになるはずなのに、全く食いつかなくて不思議。


 個人的には1日でも早く復帰してほしいけど…無理かもしれないなぁ。
 
 中島がいなくなって、黒バラとかクソつまんなくなったもん(・ω・`)

 中島が仕切ってくれたおかげでゆるグダな番組でも面白かったのに、いまじゃ締まりがなくて悪い意味でグッダグダだもんな…なんとかしてくれよ…。



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

光市母子殺害 本村さん会見 「喜びはない」

2012.02.20 23:55

category : 時事関連

comment(0) trackback(0)

光市母子殺害 本村さん会見 「喜びはない」


 光市母子殺害事件の遺族、本村洋さん(35)は20日の最高裁判決後、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見を開いた。会見開始までの数分間、目をつむり、深呼吸を何度も繰り返した本村さん。記者に促され、判決への思いをしゃべり出したとき、目には涙がたまっていた。


--判決を受けての思いを

 「はい、まず始めに13年間という事件発生から長い時間が経過したのにもかかわらず、これだけたくさん報道していただき、社会の皆さんが関心を持っていただいたことに感謝している。13年間の中で人間的に未熟なところがあり、感情的になって不適切な発言をしてしまい、それを聞いて不快に思われた方もたくさんいると思う。深くおわび申し上げる」

 「また13年の長い間、裁判を続けてきた裁判官、検察官、捜査された警察官の方々、そして最後まで熱心に弁護をしていた弁護士の方々に深く感謝する」

 「今回、死刑という判決が下され、遺族として大変満足している。ただ決してうれしいとか喜びとかは一切ない。厳粛な気持ちで受け止めないといけないと思っている」

 「事件からずっと死刑を科すことを考え、悩んだ13年間だった。20歳に満たない少年が人をあやめたとき、もう一度社会でやり直すチャンスを与えることが社会正義なのか。命をもって罪の償いをさせることが社会正義なのか。どちらが正しいことなのかとても悩んだ。きっとこの答えはないのだと思う。絶対的な正義など誰も定義できないと思う」

 「ただ日本は法治国家で、この国には死刑という刑罰を存置していることを踏まえると、18歳の少年であっても、身勝手な理由で人をあやめ、反省しないと死刑が科される。日本という国はそのくらい、人の命について重く考えているということを示すことが死刑だと思うので、死刑判決で日本の社会正義が示されたことは大変良かったと思っている」

 「これが絶対的な回答ではないと思うし、判決を受けて議論があると思う。死刑を存置すべきだとか、廃止すべきだとか色々な考えが出ると思うが、これをきっかけにこの国が死刑を存置していることを今一度考えていただきたい。裁判員裁判も適用されていることですし、身近に起こる事件、犯罪について考える契機になれば、妻と娘の命も、今回、死刑が科されるであろう被告の命も無駄にならないと思っている」

--この13年間、どのような年月だったか

 「一言ではとても言うことができない。やはり時間というのは最良の相談相手だった。長い年月の中で年を重ね、怒りも少しずつ収まり、色々なことを冷静に見られるようになった。こういった事件に遭ってしまったことの意味、それをどう社会に生かすことができるのかを考える日々だった」

 「犯罪被害者遺族となり痛感したのは刑事裁判で犯罪被害者の権利がないがしろにされていることだった。犯罪被害者の方と手を携え、犯罪被害者保護法など犯罪被害者の権利拡充に向け運動をでき、それを達成できたことを何よりもうれしく思っている。それを気付けたのも、妻と娘の事件があったから。被害者の声に耳を傾けてくれ、世論を作って、政治を作って、立法に結びつけてもらったのは世論の皆さんの力。そういったことに感謝する13年間だった」

--主文を聞かれたときの思いは

 「非常に短い判決文だったと思う。被告が不合理な弁解をしていると言及されて、反省の情が見られないという判断をされたと理解している。18歳の少年に生きるチャンスを与えるべきか、最高裁も非常に悩まれたと思う。反省の情があれば死刑にならなかったと思う。残念ながら、被告には反省の情が見られないということを理由に、死刑になったことが一番重いと思っている」

 「今までのような被害者の数を基準に、3人以上だったら死刑、2人だったら無期懲役というように機械的な判例主義ではなくて、一つの事件、一つの被告をしっかり見て、反省しているか、社会に出て再犯しないかをしっかり見極めた上での判決だったということで、非常に良かったと思う」

--死刑と向き合う被告にどのようなことを考えてほしいか

 「私があずかり知らないことだが、事件からずっと裁判を見てきて、やはり被告の言動を見る限り、反省に欠けているところが多々見られた。最高裁では被告が出廷しないので、どういう心境なのかは計り知れないが、いま死というものが迫ってきて、死を通じて感じる恐怖から罪の重さを悔い、かみしめる日々がくると思う。大変な日々だと思うが、そこを乗り越え、胸を張って、死刑という刑罰を受け入れてもらいたい。酷なことを言っているかもしれないが、切に願っている」

--死刑執行までの間に被告が反省するかもしれないが、被告の声を聞きたいと思うか

 「今は被告と面会する考えは持っていない。ただ私は以前、アメリカのテキサスに行き、死刑囚と面会した。私は法律のプロではないので軽々に発言できないが、アメリカでは死刑囚の最後の言葉を公開している。日本でももう少し、死刑囚の最後の言葉、最後の情状を伝えることがあってもいいかなと思っている」

--差し戻し控訴審以降、被告と接点はあったか

 「特になかった。弁護士の方から電子メールが届くことはあった」

--被告の言葉を代弁しているものか

 「代弁というよりも、いろいろな不合理な弁解を少年がしていることを解説しますという形でいろいろと説明した文章を送ってこられたり、死刑に関してどう思うのか質問してきたりした。私は回答せず、大変失礼なことをした」

--(亡くなった)奥様、お嬢様にはどう報告するか

 「まだ何も考えていない。明日、福岡のお墓に行き、今日の判決のことを報告しようと思う」

--遺影を風呂敷に包んでいたが

 「あまり人に見せるようなものではないと思ってきたし、家族もそっちの方が落ち着くのかなと思い、私の胸の方に(遺影の)顔を向けて膝の上に置いた」

--法の整備についてはどう思うか

 「まだ十分ではないが、犯罪被害者が裁判に参加して意見陳述を述べるようになるなど、権利拡充がかなり進んできた。ただ犯罪によって障害を負ったり、膨大な医療費を抱えたり、家族の収入の柱であるご主人が亡くなって家族が路頭に迷ったりしたとき、経済的な支援で不足している。積み残された課題だと思う」

--司法制度が被害者の気持ちをくむものに変わる中、象徴的な当事者に位置づけられた。葛藤や悩みはあったのか

 「どうして私の事件がたくさんの関心を集め、メディアが来てくれるのか自分でも分かっていないが、これも何かのめぐり合わせだと思う。こういった場を利用させてもらって、自分の事件だけではなく、犯罪被害者のこと、日本の刑事裁判の在り方、少年の処罰の仕方について問題提起させてもらうことが私の使命と思い、精神力、体力が続く限り対応してきた。それが本当に良かったのか、社会の役に立ったのか、むしろ不快に思われていないかなどを悩んできたのも事実だ」


http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012022000755
【時事ドットコム より引用】


 かった…本当に、良かったね。


 つくづく、日本は犯罪被害者の立場が弱い国である事を、この事件以外でも思う事がある。

 加害者のプライバシーはある程度守られているし、刑を軽くしたいのであれば弁護士に一任する事が可能。

 悪く言えば、“入れ知恵”だな。
 精神病だの、精神的未熟だの、責任能力を回避する方法はいくらでもあり、なおかつそれらが不思議と通用してしまうケースがある。


 だが、被害者は自身が望む判決を勝ち取るには自分自身でも相当動かなければならないし、プライバシーも正直ないものだろう。

 いい意味での“入れ知恵”なんて期待できない。
 法律をはじめ、多くの事を勉強し直し、あらゆる事を考えて訴えなければならない。

 でも、その“訴える場所”は今まで提供されていただろうか?
 提供されていたとしても、それは公正に扱われる場所だろうか?

 今回の判決はそれらに一石を投じた、大変大きい意味を持つものだと思う。


 被疑者の過去が原因だとか、精神的なものを理由に責任能力を追及させないとか、そういうのを防いでほしいよな。
 「母親の自殺を目にして、そこから精神年齢は止まってしまった」とか、全く持って理解できないし。

 現行の少年法もいらん。
 加害者を過度に守り過ぎていると思うし。

 「犯した犯罪・動機」そのものに目を向けて、それだけで判断を下してもらいたいとオレは思う。

 死刑制度も、いろいろ議論はされているけど必要だね。
 人権がどうのこうのと廃止論者は口をそろえて言うが、じゃあ殺された人間の人権はどうなるんだ、と。

 自分が犯罪被害者の立場だったら、加害者を何が何でも殺しに行くと思う。
 だけど、それをした瞬間に自分も人権を奪った“加害者”となってしまうので、実際はできない。

 だから、できない代わりに、司法によって裁いてもらわなければならないし、そういう存在が本来の司法だろう。
 その裁きには、“できない事”があってはならないと思う。


 まぁ、何はともあれ、本村さんはひとまずお疲れ様でした。

 この判決で全てが終わった訳ではないし、当然亡くなった妻と子供が戻ってくるものでもないので、簡単に「お疲れ様」と言っていいものか疑問には思うけど、“ひとつの区切り”が付いたという意味で言わせてほしい。



ランクリ、お願いします。
  人気ブログランキングへ

本気でまいった1週間【後編】

2012.02.13 12:00

category : 日記

comment(2) trackback(0)

 が救急車で運ばれた翌日。

 オレは心配しつつも会社へ行く。

 部長には昨日の出来事を簡潔に話して、今日だけ定時で上がらせてもらう事、携帯電話のマナーモード解除でいつでも電話に出てもいい事を許可してもらった。

 まぁ、この日は仕事なんて手が付かなかったけどな(^^;

 検査の方は4時間以上かかったらしいが、脳波の検査だけは次の日に回された。


 で、また検査をしに病院へ。

 これでやるべき検査は終了。
 結果は1週間後という事に ― 。

 それまでは別に大きな変化はなかったが、そのまた次の日に一点を見つめる様な不自然な行動が出てきた事、ひどい頭痛がすると訴えたので、朝からお袋にたたき起こされて車を出す。


 月曜日には何食わぬ顔で「会社に行く」とか言い出すもんだから、「冗談じゃない!いいから寝てろ!!」と、無理やり休ませる。

 検査結果で出てなく、病名が何だかわかってない状況で、仕事や運転中に何かあったらどうしようもないもんな…。


 で、その後でオレは会社へ。

 会社も、先週は先輩が風邪で休んだりで、実質1人で仕事をやっていて大変よ(´・ω・`)
 人数が少ない会社だと、こういう事がありうるから困る…><


 そんなこんなで、精神的ストレスが溜まりに溜まって、検査結果が出る日。

 結果は「意識消失発作」…早い話が“ただの失神”という事だった。

 まぁ、ただの失神だとは言っても、それが起きた時に倒れた場所が悪ければ(風呂場や人がいない時など)マズイので軽視はできないけど、とりあえず脳に重大な問題がなくてよかった。

 ただ、ストレスや疲労をはじめ、いろんな細かい要素が重なって起きた事なので、生活習慣に気を付けろという事だった。



 いやぁ…まいったね。

 家と会社に振り回された1週間。
 短くて長い1週間だった。


 今回は何でもないから良かったものの、親はそれなりの年になっているから、少しは“万が一”の事を考えちまうよなぁ…(-ω-`)

 疲れた…少し遠出でもしたい気分(笑)



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ


【このブログ内の関連記事】
本気でまいった1週間【前編】

本気でまいった1週間【前編】

2012.02.12 23:30

category : 日記

comment(0) trackback(0)

 やぁ…まいったね。

 先々週から本当にまいったね(´・ω・`)


 何がまいったって、親父が倒れたって事
 一応初めに断っておくけど、今は大丈夫なんで、ご心配なく…。


 会社を出た直後、家から電話があった。

 飯を食っていたら一点を見つめる感じで様子がおかしいと思ったら、けいれんが起きて嘔吐もあって…との事。
 その時はマジで「はぁ!?」って声を上げたね。


 で、1時間後に家に着くと、まだ救急車が家の前に止まっていた
 これが噂の“たらい回し”よ。

 その救急車にダッシュで駆け寄り、ドアを開けてもらったら…フツーに親父が寝てんのよ。
 どことなくボケーっとした感じは否めないが、とりあえず声をかけると返事するし、心電図を見ても脈が乱れているといった感じもない。

 ただ、搬送先の病院が一向に見つからない事にイライラ。


 そらそうよ。
 電話をかけるのはいいが、対応が全部“ザ・マニュアル”というか、超事務的な会話だもんな。

 「…そうですかー、分かりました。次、探します」って、ねぇ…。

 救急隊が感情的になってはいけないとは思うけどさ、今思えばもう少し言い方があったんじゃねぇの?

 とりあえず診察だけしてもらって、入院が必要と判断したら、そこから受け入れ可能な病院を探してもらったっていいと思うんだけどな。

 救急隊からすれば数多い救急要請の1人かもしれんけどさ、こっちはたった1人の親父なんだぜ?
 たった数分でオレが思ったんだから、このやり取りを1時間以上聞いているお袋には相当なストレスだったと思うよ。


 まぁ、何はともあれ、オレが着いてから数十分、倒れてから1時間以上経ってようやく病院が見つかり、動き出す。

 とりあえず即入院も考えられるので、着替えなどを車に積んで病院へ向かった。
 免許持っていてホントによかった…(-_- ;


 で、病院。
 当然、時間外の診察になるので詳しい検査はできないが、やれることを一通りやってもらって、出た結論は「入院の必要性なし。明日詳しい検査をする」との事。

 これに関しても、「1日でいいから入院させてくれ!」と思ったけど、取り合わない病院…なんなん、これ。

 でも、医者が大丈夫だと言う以上、オレら素人は何も言えないもんな…。

 だから、その日はとりあえず帰宅。
 時間は日付を変わる寸前だった。



 長くなったんで、今日はここまで。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

そら、ポイント交換せざるを得ない

2012.02.07 23:55

category : 日記

comment(0) trackback(0)

12_02_07_01.jpg

 て、クラブニンテンドーから小包が届いた。

 中に何が入っているのかというと…

12_02_07_02.jpg

ゴールデンヌンチャク!
\(*゚∀゚*)/

 もちろん、クラブニンテンドーでのみポイント交換で入手できる、非売品でぇ~ございやす(笑)

 まぁ、ヌンチャク自体は持っているし、必要かどうかと言われると「別に…」という具合なんだけどさ…

12_02_07_05.jpg

こういう風に出されたら、そりゃあ…お前…ポイント交換せざるを得ないだろ…w


12_02_07_03.jpg

 で、早速出してみた。

 と、すれば、

12_02_07_04.jpg

こういう事よ(ノ∀`)

 まぁ、このゼルダの伝説 スカイウォードソード 25周年記念パックに同梱されていたWiiリモコンプラス専用のヌンチャクと言っても過言ではないわな。

 んー、どうせなら、コード部分や接続端子部分もゴールドにしてほしかったよね(^^;


 さて、これでコントローラが揃ったし(色的な意味で)、久しぶりにゼルダでもやるか…( ^ω^)♪



 あったかくして寝ろよ~!


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

メディアそのものが“ステマ”【「最高で250万円」という芸能人ブログ“広告”も ステマに業界危機感、健全化へ動く】

2012.02.06 23:50

category : その他ニュース関連

comment(0) trackback(0)

「最高で250万円」という芸能人ブログ“広告”も ステマに業界危機感、健全化へ動く

 「食べログ」から火がついた「ステルスマーケティング」問題。ステマと疑われての炎上を恐れ、ネット上でのマーケティング中止を検討する広告主が出てきている中、ステマ排除が広告業界の急務になっている。「Ameba」で1万人以上のタレントブログを運営、ブログマーケティングを手がけてきたサイバーエージェントは1月末、紹介する商品やサービスが提供されたものであると記事中に書く「関係性の明示」の徹底を決定した。口コミを利用した推奨広告、いわゆる「口コミ広告」の健全化には今、どのような取り組みが必要なのか──。


 「高いタレントのブログだと、250万円ぐらいですね」。2年前、広告代理店でタレントブログに商品を掲載させる仕事に携わっていた30代男性から、生々しい金額が飛び出す。「PVによってタレントが4つくらいのランクに分けられていました。最高で250万円、安いと50万円ぐらいだったと思います。『このタレントはファッションに強い』、『携帯からよく見られている』など細かい情報が載っている分厚い資料があり、それをクライアントに見せて営業していました」

 男性はタレントブログを運営する会社を通じて、口コミ広告を手がけていた。案件がまとまった場合、「この商品はブログ運営会社から頂きました」といった文章が記事に掲載されていたが、「ネットに詳しくない一般の人がそれを読んで『広告』だと分かるかはグレー。ステマと指摘されても不思議ではない」と苦笑する。

 悪質な例だと、ブログ運営会社を通さずに直接、タレントの所属事務所に口コミ広告を持ち込む広告代理店もある。「その方が安くなりますが、広告だと書かれないことが多い。ある商品が同時期、何も注釈なしに複数のタレントブログで掲載されていたら、ステマの可能性が非常に高いです」


●Ameba芸能人ブログは「関係性の明示」必須に

 こうしたステマ問題をユーザーから度々指摘されてきたのが、現在、約1万900人のタレントが公式ブログを持つ「Ameba」だ。運営会社のサイバーエージェントでは独自にガイドラインを設け、「関係性の明示」をクライアントやタレント事務所に推奨してきた。

 しかし、2010年に「ペニーオークション」と呼ばれるオークションサイトの体験談を複数タレントが掲載、ネットで炎上した。サイバーエージェント広報担当者は、「タレント事務所に直接依頼されていたと思われ、こちらでは関与していませんでした。このように明らかに分かるものについては記事を削除していますが、細かいものは把握しきれないのが実態」と明かす。

 また、昨年9月にも、タレントの石黒彩さんと杉浦太陽さんのブログで花王製品を紹介する記事がほぼ同時に掲載された。このケースは通常の口コミ広告だったが、記事中に「関係性の明示」がなかったことから、「ステマではないか」とユーザーの批判が相次いだ。「弊社と事務所担当者間でのコミュニケーション不足が原因」とサイバーエージェントは説明する。

 ステマ排除に向け、サイバーエージェントでは、昨年11月からタレント事務所全てを訪問、炎上した際のリスクを説明するなど啓蒙活動を行っているが、年明けから「食べログ」問題も発生。ユーザーの目もより厳しくなっていることを受け、1月24日に「関係性の明示」を必須とする決定をした。

 「これまでもクライアントや事務所に『関係性の明示』を説明してきましたが、『ブロガーの言論の保護』という観点から必ず明記するという強制はしていませんでした。しかし、一連の騒動を受け、読者の利益を守ることを最優先とし、今後は『関係性の明示』に賛同していただける方に依頼をすることに決定しました。最初に事務所へ商品のお話をする際、まず『関係性の明示』について賛同いただけるかどうかを確認し、ご協力いただけない場合は、それ以上案件を進めないという形をとります」


●早急な業界基準を

 広告代理店やブロガーなどで構成するWOMマーケティング協議会(WOMJ)でも、2010年に金銭、物品、サービスの提供を受けていることなど「関係性の明示」を原則とするガイドラインを設けているが、1月16日に会員向けたガイドラインの詳細な説明を実施、一層の理解を求めた。

 WOMJではガイドラインに関して検討を行う委員会を常設しており、次回は2月6日に開かれる。また、ガイドライン委員会は駒沢大学グローバル・メディア・スタディーズ学部と協力、2012年度前期科目で学生向けの「口コミマーケティング入門」を実施する予定で、リテラシー向上に向けた啓蒙活動を行う。

 口コミが影響力を持つネットマーケティング業界にとって、深刻なステマ問題。業界全体の取り組みが急務だが、ある広告代理店で口コミマーケティングに携わっている40代男性はこう危惧する。「ステマと疑われることを恐れ、ネット上でのマーケティング活動全てを控える検討を始めている広告主も出てきています。早急に業界基準を設け、真っ当な広告宣伝活動とステマを区別できるようにならないと、ネット上でのマーケティング活動に対する信頼を失いかねない。業界の衰退にもつながります」


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1202/06/news056.html
【ITmedia ニュース より引用】


 くも今年の流行語大賞候補に挙がってそうだよね、“ステマ”∵ゞ(≧ε≦o)

 …と、いうのはさておき、「ステマに業界危機感」とか何とか言ってるけど、ぶっちゃけ、広告はステマありきの部分があるから、どうしようもないと思うんだよね。

 だって、広告は「どういうアプローチで物を売るか」という事でしょ?

 ステルスマーケティングは、特にネットでのマーケティングが注目されているけど、テレビや雑誌を始めとする既存メディアでも昔っからやられていたと思う。

 例えば、ドラマで使用されている小物。
 登場人物が持つ携帯とか、時代背景という断わりがない限りは、基本的に新しい物だろ?

 ファッション雑誌にある「今年の流行色」はどうだ?
 よくよく考えたら、そもそも「流行色」ってなんだという話じゃん?

 健康食品とかで出てくる「体験した人の声」だってそう。
 あの手で「マイナスの意見」が取り上げられた事ってあるか?

 これらだって、立派な“ステマ”だと思うのよ。


 だけど、それが騒がれないのは、情報の送り手と受け手に決定的な立場の強さがあり、一方通行で共有されないから。
 つまり、いくらこっちが「やらせ」と思っても、それを伝える術がないし、仮にできてもその立場の弱さで揉み消される。

 ネットはというと、双方向性がある。
 双方向という事は、情報の送り手と受け手の立場がほぼ対等な関係にある事を意味する。

 と、いう事は、今まで揉み消す事の出来たステルスマーケティングという存在が、単に対等な立場になれるネット上で露呈しただけの事だ。


 別に今に始まった事じゃないし、ある程度の分別が付けられる人であるなら「何を今更」という所でしょ。

 と、いうか、ステマが前提で広告が成り立っている部分もある以上、受け手である自分ら消費者が判断を下せば済む話であって、こんなに騒ぐ必要性は微塵もないと思うんだよなぁ。



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

球春きたぁぁぁぁぁ\(*゚∀゚*)/ぁぁぁぁぁ!!!!! 2012

2012.02.01 23:55

category : 野球関連

comment(0) trackback(0)

球春
きたぁぁぁぁぁ\(*゚∀゚*)/ぁぁぁぁぁ!!!!!

 …ってなワケで、2月


 去年は澤村(巨)や斎藤(日)ら、1988年世代が注目されたけど、今年は監督かな?

 セ・リーグは、高木(中)/和田(神)/中畑(DeNA)の3人が、パ・リーグは栗山(日)が新監督。


 中日は、徹底的に落合前監督の色を消している様で、これが吉と出るか凶と出るのかがものすごく気になるなぁ。

 ただでさえ気になっていた、主力メンバーの高齢化が川上(MLB・ブレーブスより移籍)、山(楽天より移籍)らの加入で加速してるし(=゚ω゚)!

 無論、監督自身の年齢も高い。
 いろんな意味で、大丈夫か?


 DeNAの中畑監督は…ありゃ、パフォーマンス要因だな(ノ∀`)

 今のところはラミレス(巨人より移籍)らとともに明るいチームが構築されようとしているけど、肝心なのはペナントが始まってからよ。

 負け犬根性が染みついていて、投手も野手もダメなチームがどこまで下馬評を覆せるか…あと、今のテンションがどこまで続けていられるかも気になる(笑)


 日ハムの栗山監督も、なかなか未知数。

 今までコーチ経験なし、去年まで解説者だったからな。
 これからは結果論で物事は語れんぞ…どうする!?

 それと、ダルビッシュが抜けた穴をどうふさぐつもりでいるのかが気になる。

 ダルビッシュが在籍していた時代は、完全に頼り切っていたからね。
 計算できるし、リリーフ陣を休ませる事は出来たし…それがいなくなったのは、ただ1人失った程度の事では済まないと思うのよ。



 今年も野球の楽しみが尽きないぜ!



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ
プロフィール

スイッチピッチャー

Author:スイッチピッチャー
名前の由来:野球好きの両利きで、左右どちらでもボールを投げられることから。
もちろん、ラジオネームも同じ^^
だけど、最近はあまり活躍せず…

出身:生まれは京都、育ちは埼玉(・w・`)

好きな球団:巨人…だけど、基本的にはプロ野球全体が好き^^


なんだか、この1、2年でくりぃむしちゅー色が強いブログになっちまった(^^;

通算投球数【アクセス数】
球目
※次のキリ番は【200,000】人目!

ソザイガローさんより、キャッチボールのGIFアニメをお借りしてます。
My Blog Data
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー

ブログアーカイブ
直近1年分は月単位で表示し、それ以外は年単位で表示しております。
年をクリックすると、その年が月単位で表示されます。
ブログ内検索
RSSフィード
人気記事ランキング
人気ブログランキング
相互リンク集
24時間以内に更新されたブログには、マークがつきます。
管理者ページ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム(FC2ブロガーのみ)

Copyright ©switch - pitcher's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。