switch - pitcher's blog

別名:くりぃむしちゅーな風景があるブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日から3年目

2013.03.31 23:10

category : ブログ関連

comment(0) trackback(0)

 や、まいったね。

 何だかんだで、明日から社会人3年目

 先輩が人事異動で商管から外れるのと同時に、初めて直属の後輩が入ってくる。


 …正直、これってかなりのストレスなんだよなぁ(・ω・`)

 このブログでも何回かは書いたと思うんだけど、先輩は正直言って頼れる存在ではなかった。

 だが、それでも“いないよりかはマシ”だったから、異動になるとツラい部分はある。

 だって、オレはまだ3年目だぜ?
 仕事の方はまだまだ自信はないし、そんな中で同時に後輩の指導をしなければならないって…ねぇ。


 そのせいか、ここ1か月は体調は崩すわ、気持ちもスッキリせんわで、ホントにまいってます(ノ∀`)



 さて、今回の更新は、アクセス解析です。
 今日は1月分。

 [READ MORE...]より、どうぞ!(`・ω・´) b ビシッ!!

[READ MORE...]
スポンサーサイト

新シーズン開幕!

2013.03.30 23:55

category : 日記

comment(0) trackback(0)

13_03_30_01.jpg

 シーズン最初のプロ野球 オーナーズリーグ

 とりあえず、恒例の2箱買いです(`・ω・´)


 このカードより、同一選手であれば過去弾の選手カードを重ねる事ができ、過去弾のスキルやコンボを最新弾のカードに引き継がせられるシステムが適用される。

 コンボの塊である阿部(巨)や田中(楽)あたりは欲しいところ。


 で、早速1箱目。

13_03_30_02.jpg

GREAT:高崎(De)/SUPER STAR:大島(中)
SUPER STAR:里崎(ロ)/GREAT:今江(ロ)
STAR:石原(広)/二岡(日)/鳥谷(神)
BOOST:益田(ロ)/堂林(広)
STAR:金子千尋(オ)/十亀(西)


 う~ん…微妙(・w・`)

 むしろ、ハズレか。

 ブーストの2人(益田&堂林)は嬉しいけど、能力変動だから現実の活躍に左右される(ノ∀`)

 大島はセンターしか守れなくて、非常に使いづらい。



 2箱目。

13_03_30_03.jpg

GREAT:鶴岡(日)/SUPER STAR:三浦(De)
SUPER STAR:西(オ)/GREAT:高崎(De)
STAR:ウィリアムス(西)/藤井(神)/聖澤(楽)
BOOST:国吉(De)/武田(ソ)
STAR:ロマン(ヤ)/和田(中)


 見事なハズレボックス…_| ̄|〇

 ってか、なんで高崎ダブったし。



 2013年の1弾の試し買いは、過去最低の出来だった。

 もう1箱買うか、シングル買いに切り替えるか…いや、まいったね。



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ


【このブログ内の関連記事】
変な期待持たせやがって…

(´・ω・`)【侍ジャパン3連覇の夢断たれる プエルトリコに1対3で敗退=WBC】

2013.03.18 23:00

category : 野球関連

comment(0) trackback(0)

侍ジャパン3連覇の夢断たれる プエルトリコに1対3で敗退=WBC

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝が17日(日本時間18日)、サンフランシスコのAT&Tパークで行われ、日本代表はプエルトリコ代表に1対3で敗れ、3連覇の夢を断たれた。勝ったプエルトリコは19日(同20日)、準決勝のもう一試合、ドミニカ共和国対オランダ(現地時間18日、日本時間19日)の勝者と決勝を戦う。

 侍ジャパンの先発・前田健太は初回、2者連続四球でピンチを招くと、2死一、二塁から5番・アービレイスのセンター前タイムリーで先制を許した。今大会初失点を喫した前田は、2回以降持ち直し、追加点を許さずに5回で降板。しかし、続く2番手の能見篤史が7回、リオスにレフトスタンドへ2点本塁打をたたき込まれ、リードを3点差に広げられた。

 一方、打線はプエルトリコ先発のM・サンティアゴに3回まで無安打に抑えられ、4回に井端弘和が初ヒットを記録。5回には先頭打者の坂本勇人がセンター前ヒット、中田翔が四球で出塁し、1死一、二塁としたが、稲葉篤紀、松田宣浩はいずれも空振り三振に倒れた。6回には内川聖一が二死から三塁打を放ち、一打同点の場面を迎えるが、4番・阿部慎之助は空振り三振と、またもチャンスを生かせず。

 日本がようやく反撃に出たのは8回、鳥谷敬が三塁打を放ち、井端がライトへのタイムリーで1点を返す。さらに内川もライト前ヒットで出塁し、1死一、二塁としたが、内川が盗塁死、阿部はセカンドゴロに倒れ、絶好機を逃した。日本はチャンスをつくるも6安打1点止まり。要所であと1本が出ず、準決勝敗退となった。


http://baseball.yahoo.co.jp/wbc/news/detail/20130318-00000008-spnavi/
【スポーツナビ より引用】


 やぁ…まいったね。


 選手たちは、本当によくやったくれた。

 特に井端内川の2人は、いなければ1次 or 2次ラウンド敗退は大いにあり得る話だった。

 メジャーリーガーが不在だろうと、参加までのゴタゴタでしっかりとした準備ができなくとも、本当によくやったと思う。


 山本監督も、誰も監督をやりたがらない中、よく火中の栗を拾ったもんだ。


 ただ、言わせてほしい。

 監督のしての技量は、素人目から見てもなさすぎた。


 不調の選手を頑なに起用し続けたり、逆に好調な選手を起用しなかったり。

 デメリットでしかないのに、ベラベラと次の先発ピッチャーとかしゃべっちゃったり。

 ただでさえ重責なポジションを守る阿部に「4番」と「キャプテン」という責任を負わせたり。

 やりたい野球が分からない。
 長打力はないのに大振りが目立ったし、代走の切り札の本多は、結局ロクな使われ方をされなかった。

 動くのは追い込まれてから。
 だが、今日のダブルスチールの指示が「行けるなら行ってもいい」という、非常に曖昧な物で選手を混乱させた。


 采配は基本的に結果論だと思うオレでも、これらは結果論で語るまでもなく、“ない”と思った。

 逆に言えば、そんなんでベスト4まで進む事ができたのはすごいけど、でも勝てるチームだっただけに、指揮官の勝利に対する考えが甘すぎたと思う。



 なんやかんやあるWBCだけど、振り返ってみれば今回も楽しめた!

 世界の野球レベルが上がっているのがすごく感じたし、見ごたえのある試合も多かった。

 WBCという大会自体はなくしてはならないと思う。
 だが、アメリカ主導の大会運営の在り方、国によってボールやストライクゾーンが異なる曖昧な部分のルールは、なんとかしてほしい。



 お疲れ様でした、侍ジャパン。

 胸を張って帰ってこい!



ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ


【このブログ内の関連記事】
侍!!【WBC 浩二ジャパンが1組1位で通過、渡米へ】
\(*゚∀゚*)/【日本6発16点でコールド大勝!アメリカ行き決めた!!】
神様 仏様 井端様!
【WBC】日本、9回猛反撃もキューバに惜敗!8日・2次R初戦で台湾と激突
(´・ω・)む~ん…【侍ジャパン 次のキューバ戦が試金石】
オッケ━(ゝ○_○)━イ!!!【侍J白星発進! ブラジルに逆転勝ち/WBC】

侍!!【WBC 浩二ジャパンが1組1位で通過、渡米へ】

2013.03.13 23:55

category : 野球関連

comment(0) trackback(0)

13_03_13_01.jpg

 た行ってきましたよ。
 WBC 東京ラウンド 日本vsオランダ戦(GAME6)。

 何だかんだで楽しんでいるWBC。

 台湾戦は内野席で見ていたが、今回はレフト外野席で観戦(`・ω・´) b


 ちなみに、その台湾戦の時みたいに、終電で帰って翌日仕事はしんどいので、翌日は有休にしてもらった。
 「ちょっと、世界と戦ってくるんで」と言う理由でw

13_03_13_02.jpg

13_03_13_03.jpg

 平日の試合だからしょうがないけど、内野席は空席が目立っていた。
 ただ、外野は見事な満員\(*゚∀゚*)/


 さて、試合の方はと言うと…

【WBC】浩二ジャパンが1組1位で通過、渡米へ

 「WBC2次ラウンド1組、1位決定戦・日本10‐6オランダ」(12日、東京ドーム)

 日本は先発の大隣が先頭のシモンズに左翼スタンドに飛び込む2号先頭打者本塁打を浴び先制を許した。

 1点を追う二回に阿部が右翼越え1号ソロで同点に追い付くと、1死満塁から松田の中前適時打で勝ち越した。さらに阿部のこの回2本目となる2号3ランなどで一挙8点を挙げオランダを突き放した。

 しかし、粘るオランダは七回に森福、八回に山口、涌井を攻め2点差に迫る。

 日本は重苦しい空気の中、八回に2死二、三塁から長野が左前2点適時打で突き放した。長野は5打点。

 最後は牧田が締めた。

 日本は試合後、チャーター機で準決勝の舞台となる米国へと飛び立つ。


http://www.daily.co.jp/baseball/wbc/2013/03/12/0005809493.shtml
【デイリースポーツonline より引用】


 いやぁ…まいったね。

 勝ったとはいえ、課題が残る試合だったと思う。


 打線は、不調だった長野5打点の活躍を見せるなど、まずまずの結果が出たと思う。

 阿部にも待望のホームランが2本も出たしね。

 ただ、2回と8回の攻撃以外はちょっと単調すぎたかな…2回が凄かっただけに、なおさら思った。


 投手陣はリリーフ陣が…ありゃ、崩壊と言ってもいいかもしれん。

 まぁ、キャッチャーにも問題があるかもしれんがな。
 何だかんだで阿部が一番いいのかもしれんよ。

 相川は、田中のスプリットが取れないという噂がある。
 台湾戦で失点したのは、キャッチャーが変わったタイミングと重なるし。

 炭谷は、全体的に経験不足。

 若いからしょうがない部分であるとはいえ、福岡ラウンドでの山口のバッテリエラーはひどかった。
 あれは止めてほしかったよなぁ…。


 まぁ、結果論と言えば、それまでなんだけどね。

 でも、後半の失点は見ていて「やられる!」と思うくらい、内容は良くなかった。
 何とか、準決勝が始まるまでに直してほしいね。


13_03_13_04.jpg

13_03_13_05.jpg

 さて、試合が終了して、ハイタッチする侍ナイン。

 この後、セレモニーとして両チームの選手のサインボール投げ入れがあったが…

13_03_13_06.jpg

サンキュー マッチ\(*゚∀゚*)/

13_03_13_07.jpg

 いいね~、「侍!!」の文字。

 まぁ、一緒に見に行った友達が運よく拾えたんだけどね(ノ∀`)


 これで盛り上がってしまって、山本監督のインタビューは全然聞いてなかった∵ゞ(≧ε≦o)

13_03_13_08.jpg

 東京ラウンドのMVPは井端!

 これは当然でしょ。
 彼がいなかったら、今のジャパンはここで終わっていたと言っても過言じゃない。

 それくらいの活躍だよ。
 準決勝でも頼んだぜ!\(*゚∀゚*)/



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ


【このブログ内の関連記事】
\(*゚∀゚*)/【日本6発16点でコールド大勝!アメリカ行き決めた!!】
神様 仏様 井端様!
【WBC】日本、9回猛反撃もキューバに惜敗!8日・2次R初戦で台湾と激突
(´・ω・)む~ん…【侍ジャパン 次のキューバ戦が試金石】
オッケ━(ゝ○_○)━イ!!!【侍J白星発進! ブラジルに逆転勝ち/WBC】

\(*゚∀゚*)/【日本6発16点でコールド大勝!アメリカ行き決めた!!】

2013.03.10 22:55

category : 野球関連

comment(0) trackback(0)

日本6発16点でコールド大勝!アメリカ行き決めた!!

 WBC2次ラウンド1組(10日、オランダ4-16日本=七回規定によりコールドゲーム、東京ドーム)日本打線が本塁打6発、先発全員安打となる17安打の大爆発。七回まで毎回の16得点を挙げ、七回コールド勝ちで、2次ラウンド1組で2位以上が確定し、米サンフランシスコで開催される決勝ラウンド進出を決めた。

 日本中が度肝を抜かれた。試合開始1分。鳥谷(阪神)のひと振りが試合を動かした。珍しく感情を爆発させる背番号1。叫びながら、ベンチ前でのハイタッチに飲み込まれた。

 「いつも以上の力を出すのは難しい。できることをしっかり。そのスタイルは変わらないです。打順どうこうより、状況に応じた打撃をしたい」

 普段通りの姿勢が最高の結果を呼んだ。一回先頭、2球目の直球を完璧にとらえた打球が右翼席へ一直線。WBC初安打は、値千金の先頭打者本塁打。それどころか、侍ジャパン待望のチーム1号となった。

 初めて「1番」に起用された。これまでトップが機能しない試合が続いた。首脳陣が注目したのが、鳥谷の眼と足。過去4試合で5打数無安打も、4四球で出塁率は・400。8日の台湾戦では絶体絶命の九回一死、二盗を決めて逆転劇を呼んだ。強打のオランダに対抗する策は機動力。そのための1番打者が、意外なところで魅せた。

 波に乗った打線は二回に火を吹く。松田(ソフトバンク)が左翼席上段へ2ラン。内川(ソフトバンク)がバックスクリーン左へ3ラン。オランダのお株を奪う一発攻勢で、流れを一気に引き寄せた。内川は「いい流れで来ていたので、これをとめてはならないと思った」と、ニヤリ。さらに三回には稲葉(日本ハム)にソロ、四回には糸井(オリックス)にも3ランが飛びだした。

 過去のWBCでも、日本代表の1試合4発以上は初めて。ここまで長打が2本しかなかった侍打線がよみがえった。

 五回、六回にも1点ずつを追加。六回裏に内海(巨人)が4点を返されると、直後の七回に坂本(巨人)が満塁弾を叩き込みトドメを刺した。

 試合前に、うれしいサプライズもあった。巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄氏(74)が東京ドームを訪問。連覇を祈って、日の丸にダイヤモンドをあしらったピンバッジをプレゼントした。第1回大会の王貞治監督(72)=ソフトバンク球団会長=、第2回の原辰徳監督(54)=巨人監督=にも贈った特注品で、2度の世界一を呼んだ縁起のいい代物だ。

 長嶋氏は、8日の台湾戦について「チームが一丸となってつかんだ勝利。粘り強い戦いをしていけば、必ず勝利をものにできる」と山本監督を激励した。その逆転劇の立役者が、この日は猛打の火付け役だ。

 決まらなかった「1番」がついに見つかった。主軸の内川、糸井。下位の松田、稲葉。攻撃の幅が大きく広がった。決勝ラウンドに向けて、これ以上ない好材料だ。

 日本は12日に、キューバ対オランダ(11日)の勝者と、2次ラウンド1位通過を懸け対戦する。


http://www.sanspo.com/baseball/news/20130310/npb13031017460002-n1.html
【SANSPO.COM(サンスポ) より引用】


 ッハッハッハッハッハッwww \(*゚∀゚*)/

 こんな試合、一体誰が予想できたというのか!?


 ここまで点は取れど、そのほとんどが終盤の粘りによる得点。
 しかも、ホームランはゼロ。

 相手は強豪のキューバ・韓国を破って波に乗るオランダ。

 この試合に勝たなければ、次の試合が苦手意識の残るキューバとの敗者復活戦となり、厳しい道になる ― 。


 そんな感じだったのに、フタを開けてみれば鳥谷先頭打者ホームランに始まり、トドメは坂本満塁弾!
 ついでに、(チームとして)ソロ/2ラン/3ラン/満塁のサイクルホームラン達成w

 こんなホームラン、パワプロか!と言いたかったが…

seb75ec80.jpg

パワプロ君が始球式やってたね、そういや_| ̄|〇∠))バンバン


 まぁ、打線爆発した次の試合はそうならないという説があるものの、とりあえず打線が目覚めてくれてよかったわ。

 そして、これでアメリカ行きが決定!\(*゚∀゚*)/

 オレの12日のチケットも日本戦が決定w
 12日の試合も頼むぜ!



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ


【このブログ内の関連記事】
神様 仏様 井端様!
【WBC】日本、9回猛反撃もキューバに惜敗!8日・2次R初戦で台湾と激突
(´・ω・)む~ん…【侍ジャパン 次のキューバ戦が試金石】
オッケ━(ゝ○_○)━イ!!!【侍J白星発進! ブラジルに逆転勝ち/WBC】

神様 仏様 井端様!

2013.03.09 23:55

category : 野球関連

comment(0) trackback(0)

13_03_09_01.jpg

 やぁ、まいったね!

 昨日行われたWBC東京ラウンド 日本vs台湾

13_03_09_02.jpg

急遽、現地観戦です(`・ω・´)


 例えイチローダルビッシュがいなくとも、山本監督の采配にボヤいてばっかりマンになってしまっても、見たくなっちゃったんだよね。

 まぁ、そう思ったのが東京ラウンドが始まる直前。

 チケットは、内野席しか空席がなく、安くても値段が12000円と迷ったが…4年に1回だし、思い切って購入。

 福岡ラウンドでは空席も目立っていたし、チケットは直前でも買えたから心配してはいたが…

13_03_09_03.jpg

見事な満員御礼!\(*゚∀゚*)/


 まぁ、三塁側なので、台湾の人たちも多く観戦していて、とにかく応援がすごかった。

 特に先発・王建民に対する声援はハンパなく、英雄と言われるだけの事はあるわ。


 試合の方は…文字通り、死闘よ。

侍ジャパン、台湾に逆転勝ち! 中田が決勝犠飛=WBC

 WBC日本代表は8日、東京ドームで2次ラウンド1組初戦となるチャイニーズ・タイペイ戦に延長10回、4対3と勝利した。次回は10日にキューバを破ったオランダと戦い、この試合に勝てば決勝ラウンド進出を決める。

 侍ジャパンが終盤に粘りを見せた。2点ビハインドの8回無死一、三塁から4番・阿部慎之助のライト前タイムリーで1点を返すと、1死一、二塁から坂本勇人のレフト前タイムリーで同点へ。再び1点のリードを許した9回には2死一塁から一走の鳥谷敬が二盗を成功させ、井端弘和がセンターへはじき返すヒットで、鳥谷が同点のホームを踏んだ。延長戦に突入した10回には途中出場の相川亮二のヒットをきっかけに1死二、三塁のチャンスを作ると、中田翔のレフトへの大きな犠牲フライで勝ち越した。

 投手陣は先発・能見篤史の制球が定まらず押し出し四球で1点を失うなど3回途中で降板、2番手・攝津正、3番手・田中将大もそれぞれ1点を失うなど安定感にやや欠いたが、同点の9回から守護神の牧田和久を投入するなど大崩れすることなく味方の逆転劇につなげた。


http://baseball.yahoo.co.jp/wbc/news/detail/20130308-00000006-spnavi/
【スポーツナビ より引用】


 正直言って、負けを覚悟したのが3回くらいあった。

 ヒットは出るがあと1本が出ないし、終盤に台湾打線に長打を打たれて一気にピンチになったり、気が付けばあと1球でゲームセット。

 そんな中での、井端のあの右打ちは本当に助かった!

 8回にようやく出た坂本&阿部のタイムリーも良かったけど、やっぱ今大会井端は外せないや。

13_03_09_04.jpg

 試合が終わったのは、日付が変わる直前。

 次の日は仕事だったし、あと10分試合終了が遅かったら終電に間に合わなかったし、こっちは時間との戦いだったね∵ゞ(≧ε≦o)

 勝利が決まった瞬間、「いよぉぉぉぉぉし!」とは言いつつ、みんな一斉に出口に向かわないといけないっていう(ノ∀`)


 でも、高い金を払ってみる価値のある試合だった!

 途中、オーロラビジョンに映った、東日本大震災での台湾の多額の義援金に対する感謝のメッセージボードを掲げるファンの姿が映し出された時、周りの台湾の人たちは割れんばかりの拍手を送っていたし、雰囲気もいい感じだった。


 この試合がターニングポイントになったかもしれん。

 阿部や坂本、稲葉に当たりが出たし、鳥谷は大事なところで盗塁を決める度胸を見せたし、中田はあの重圧の中で仕事をしたし、投手陣は多く崩れる事もなかったし…。

 あと1勝でアメリカ行きのチケットが手に入る。
 何としてもオランダに勝って、すんなりと決めようぜ!



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ


【このブログ内の関連記事】
【WBC】日本、9回猛反撃もキューバに惜敗!8日・2次R初戦で台湾と激突
(´・ω・)む~ん…【侍ジャパン 次のキューバ戦が試金石】
オッケ━(ゝ○_○)━イ!!!【侍J白星発進! ブラジルに逆転勝ち/WBC】

【WBC】日本、9回猛反撃もキューバに惜敗!8日・2次R初戦で台湾と激突

2013.03.06 23:55

category : 野球関連

comment(0) trackback(0)

 や、まいったね!

 ってか、よくやった!の方が正しいか。


 何がって、WBC B組の韓国が1次ラウンドで敗退したったいうのが、もう笑えてしょうがない∵ゞ(≧ε≦o)

 オランダの勝利がかなり効いていたね。

 あれで得失点差を考えると、かなり追い込んだと思う。
 ホント、オランダは良くやってくれたよ。


 これで面倒くさいヤツが日本に現れないで済んだと思うと、ホッとするね。

 まぁ、その後の敗因を聞かれて「台湾の設備が悪い」「台湾の料理の味が濃い」「そもそも、ルールが意味不明」とか、得意の言い訳で胸糞悪い思いをさせられたがな。

 つくづく思ったね、韓国にスポーツマンシップや反省と言う言葉は存在しないと。


 さて、日本のA組は、キューバとの最終戦。

【WBC】日本、9回猛反撃もキューバに惜敗!8日・2次R初戦で台湾と激突

 ◆第3回WBC 1次ラウンドA組 キューバ6―3日本(6日・ヤフオクドーム) 侍ジャパンは9回猛反撃を見せたが、宿敵・キューバに惜敗。A組2位での2次ラウンド(R)進出となった。

 日本は1回2死後、腰に違和感を覚えた内川(ソフトバンク)に代わって3番DHに入った井端(中日)が二塁内野安打で出塁。続く阿部が右中間に大飛球を放ったが、フェンス際でキャッチされた。

 日本の先発・大隣(ソフトバンク)が3回、先頭のトマスに左中間スタンドへの一発を浴び、先制されると、4回から登板の田中(楽天)も先頭のフェルナンデスにいきなり中前打。続くセペダに右中間真っ二つの適時二塁打を打たれ、わずか5球で1点を失った。それでも田中は2回を投げ、5連続を含む6Kと復調の気配は見せた。

 しかし、三番手・沢村が6回、1死三塁のピンチを背負うと、アブレウに三塁線を破る適時打を浴び、1点を追加された。さらに五番手・今村(広島)も8回、A・デスパイネにダメ押しの中越3ランを浴びた。

 侍打線の反撃は最終回だった。キューバの小刻み継投の前に8回まで無得点だったが、9回1死満塁から長野の遊内野安打で1点を返すと、続く鳥谷(阪神)の中犠飛で2点目。さらに井端も右前適時打で3点目。しかし、反撃もここまでだった。

 A組はキューバの1位、日本の2位が決定。日本は3大会連続の2位通過。2次ラウンドは敗者復活のある変則トーナメント「ダブルエリミネーション方式」で行われ、1組(8~12日・東京ドーム)の日本は8日の初戦でB組1位・台湾と対戦する。

 日本代表・山本監督「最後は粘ったが、それまでタイムリーが出なかった。チャンスはあったが、つながらなかった。キューバ打線の速球を打ち返すパワーは大したもの。(台湾戦は)また次の戦いが始まるという気持ちで臨みたい」

 キューバ代表・メサ監督「大きな勝利だし、大きな自信になる。(WBCで)初めて日本に勝つことができたが、もう気持ちはオランダ戦で勝つことに向いている。どんな形であれサンフランシスコに行きたい。練習して調子を上げていきたい」


http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20130306-OHT1T00107.htm
【スポーツ報知 より引用】


 いや、まいったね。

 いくら2次ラウンド進出が決定していて、この試合は調整試合みたいなものだとしても、守備のうまい井端をDH起用だとか、絶不調の長野を1番に起用するとか、全く持って意味不明なんですけど。


 誰か、監督に「調子のいい選手を起用して」って言えるヤツはいないの?

 そうでなくとも、本多とか、まだ出場してない、また出場数が少ない選手の起用をしようとはしないの?


 まぁ、その本多は9回に代打で出てきたけどね。

 結果は四球だったが、セーフティバントを試みるなど、揺さぶろうとする姿勢が見られてよかった。

 レギュラー選手でそんな事をする選手は、ほとんどいないもん。
 必死さが伝わらないんだよなぁ…特に、調子の悪い選手ほど。


 どんな形でも勝てばいいけどさ、今のままじゃ本当にアメリカ行きのチケットが危ぶまれる。

 オレも含めて、日本中で山本監督に対してボヤいてばっかりマンが増殖中だよ。


 頼むから、本多を本職のセカンドとしてスタメン起用してほしい。

 それで、井端との1、2番コンビを組んで、3番内川で返せばいいと思う。
 現状、調子のいい者で打線を組むなら、こっちの方が良いでしょ。


 2次ラウンドの初戦は台湾戦。

 今までの台湾と思っていたら、負ける事を大いにありうるだろう。

 気持ちを入れ直して戦ってほしい!



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ


【このブログ内の関連記事】
(´・ω・)む~ん…【侍ジャパン 次のキューバ戦が試金石】
オッケ━(ゝ○_○)━イ!!!【侍J白星発進! ブラジルに逆転勝ち/WBC】

(´・ω・)む~ん…【侍ジャパン 次のキューバ戦が試金石】

2013.03.03 23:55

category : 野球関連

comment(0) trackback(0)

侍ジャパン 次のキューバ戦が試金石

 「WBC1次ラウンドA組、日本5‐2中国」(3日・ヤフオク)

 お立ち台に立った山本監督は、第一声で「今日は投手陣が頑張ってくれました」と声を張り上げた。

 侍ジャパンが中国に快勝し、2次ラウンド進出に大きく前進した。立役者は投手陣だ。

 先発の前田が5回を1安打無失点と、安定感抜群の投球を見せた。球数制限(65球)がある中で、56球で5回を投げ終えた。

 前田は「球数が限られた中で、5回を投げられてよかった」。打線は四回までわずか1得点だったが、まったく不安を感じさせない投球だった。

 2月中旬の合宿で右肩の張りを訴えた。「いろいろと心配をかけてしまいました。何とか払しょくしたかった」。万全であることを結果で示し、「(右肩は)もう大丈夫です」と完全復活を宣言した。

 2番手の内海は2回を投げ1人の走者も許さなかった。そして八回から登板した沢村は、三者連続三振。九回にマウンドに上がった山口は2安打に自らの暴投も絡んで2点を失ったのは誤算だったが、八回までは相手を寄せ付けなかった。

 中国打線との力の差はもちろんある。それでも首脳陣を安心させたのは間違いないだろう。2日の開幕・ブラジル戦は、田中、杉内、摂津の3投手が失点している。それを考えれば、何として結果がほしかっただろうし、その結果が出たことで気持ちは少し楽になるはずだ。

 一方で打線は、まだまだ目覚めたようには見えない。ただ4点を奪った五回の攻撃に、侍ジャパンの本来の姿が見えた。

 無死一塁で、山本監督は1番の坂本に犠打を命じた。坂本がこれをしっかりと決めてチャンス拡大。そこから内川の右前適時打、糸井の走者一掃中越え三塁打とつながった。

 もともと破壊力抜群の打線ではない。まず投手陣が抑え、つないで得点を重ねるのが、侍ジャパンが目指す野球だ。中国相手にではあるが、それが形になった。あとは強豪相手にも同じ野球ができるかどうかだ。

 ブラジルには苦戦し、中国には力の差を見せた侍ジャパン。次は6日、キューバと戦う。侍ジャパンの力を量る試合になるだろう。


http://www.daily.co.jp/baseball/wbc/2013/03/03/0005784717.shtml
【デイリースポーツ online より引用】


 ~ん…勝ったとはいえ、どうもスッキリとしないなぁ…(・ω・`)


 格下の中国相手なら、今までの対戦の様に完膚なきまで叩きのめす勢いで勝ってほしかったのよ。

 特に打線なんて、今までが湿っていた分、ここで1本でも出たら気分的にも違うでしょ。


 それがどうだ、終わってみれば6本しかヒットが出てないって…(・ω・`)

 それで5点も取れたのは、相手投手がノーコンで6個の四球を与えてくれたからとしか言い様がない。

 5回の点の取り方は理想的ではあるが、中国の投手陣のコントロールが良かったらどうなっていた事やら…。


 坂本阿部長野稲葉はもうスタメンを外すか、下位打線で起用した方が良いんじゃね?

 ただ、長野は外すとセンターラインが崩れる(他にセンターを守れる選手がいない)から、今の位置で起用する他ないっていうのがツライ…。

 次戦のキューバ戦もそうだが、2次ラウンドに上がってきそうなオランダや台湾が好調なだけに、ここまで貧打だと今後がキツすぎるぞ。


 …と、まぁ、打線は依然として不安しかない感じだったが、投手陣はいい収穫があったと思う。

 中国相手だとはいえ、先発のマエケンが壮行試合での不安を払しょくする投球内容だったし、内海澤村涌井も上出来。

 澤村が、この時期で150km/h出るとか、すげぇ…(=゚ω゚)!
 あれで緩急とか、ボールを微妙に動かせる様になるといいんだけど。

 山口は失点してしまったが、バッテリエラーによる失点だし、なにより彼がクローザー向きでない事は2011年シーズンで証明済み。
 ぐっさんは7or8回のセットアッパーで、クローザーなら牧田でええやん…(・w・`)


 まだまだ日本の力はこんなもんじゃないと、キューバ戦ではしっかりと戦ってくれよ!

 でないと、2次ラウンドの戦いが怪しくなるぞ(=゚ω゚)!



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ


【このブログ内の関連記事】
オッケ━(ゝ○_○)━イ!!!【侍J白星発進! ブラジルに逆転勝ち/WBC】

オッケ━(ゝ○_○)━イ!!!【侍J白星発進! ブラジルに逆転勝ち/WBC】

2013.03.02 23:55

category : 野球関連

comment(0) trackback(0)

侍J白星発進! ブラジルに逆転勝ち/WBC

 WBC1次ラウンドA組(2日、ブラジル3-5日本、ヤフオクドーム)第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の本大会が開幕し、3連覇を目指す日本は逆転勝ちで白星スタートを飾った。1点を追う八回に代打・井端の右前打で3-3の同点とし、代打・阿部の二ゴロの間に1点を勝ち越し。続く松田の中前打で5-3とした。九回は5番手・牧田が抑えて逃げ切った。

 先発田中がいきなりつまずいた。初回、1番・オルランドの二塁内野安打に鳥谷の一塁悪送球が絡んで二進を許すと、2番・ブリンの右飛で三塁へタッチアップ。続く3番・レジナットに初球を左前に運ばれ、1点を先制された。

 1点を追う日本は三回、先頭の坂本がブラジル先発フェルナンデス(ヤクルト)の4球目を中前に弾き返し、チーム初の安打で出塁。角中が投前バントで送り、内川の死球で一死一、二塁とすると、4番・糸井の右前打で二走・坂本が生還し、1-1に追いついた。

 四回には四球の相川に松田が左前打で続いて一死一、三塁とし、坂本の左犠飛で相川が勝ち越しのホームを踏んだ。だがその裏、2番手・杉内がこの回先頭のレジナットに左二塁打を打たれ、一死後から5番・佐藤の中前打で2-2に追いつかれた。

 五回には3番手・摂津が三前バント安打と盗塁で二死二塁とされ、レジナットに左中間を破る適時二塁打を打たれて逆転を許した。

 迎えた八回、日本は内川が3番手・仲尾次から左前打で出塁すると糸井の投前犠打で二進し、稲葉の代打・井端の右前打で3点目の同点ホームを踏んだ。さらに長野の遊撃内野安打と鳥谷の四球で一死満塁とし、相川の代打で阿部が登場。初球をたたくと痛烈な打球は二塁手を強襲し、一走・鳥谷を二塁封殺する間に三走・井端が勝ち越しのホームイン。二死三塁から松田が中前適時打で続き、長野が生還して5-3とした。

 その後は4番手で登板の能見と5番手・牧田が相手打線を無得点に抑え、2点差を守り切って白星発進した。先発田中は先制点を許すなど2回を投げて4安打1失点。2番手・杉内は2回2安打2奪三振1失点。逆転を許した摂津は3回を2安打1失点4奪三振で勝ち投手となった。日本は3日に中国と第2戦を行う。

 先発田中は先制点を許すなど2回を投げて4安打1失点。2番手・杉内は2回2安打2奪三振1失点。逆転を許した摂津は3回を2安打1失点4奪三振で勝ち投手となった。日本は3日に中国と第2戦を行う。


日本代表・山本監督「苦しかった。これが国際試合の厳しさかね。本当によく逆転した。井端はしっかり自分の打撃を持っていて右打ちのうまさ。(代打阿部は)あの場面は慎之助しかなかった。大変苦しい戦いをしたが、まず1勝できたことが明日につながる」

ブラジル代表・ラーキン監督「日本が一枚上だった。そのことが勝負を分けた。日本に勝つことは難しいと分かっていた。負けはしたが、自信を持つことができたし、誇りに思う。選手は緊張をみんなで分け合った。予選でパナマに勝ったときとよく似た状態だった」

松田(八回に5点目の適時打)「阿部さんで勝ち越した瞬間、自分も続こう、打ってやるという気持ちになった」

内川(八回に先頭で左前打。逆転につなげる)「何とかきっかけをと思って、打席に入った。勝ったことをプラスにしてやっていきたい」

杉内(2回1失点)「(適時打は)もうちょっと低めに投げたかった。徐々に良くなっていけばいい」


http://www.sanspo.com/baseball/news/20130302/npb13030218480009-n1.html
【SANSPO.COM(サンスポ) より引用】


 オッケ━(ゝ○_○)━イ!!!

 いやぁ、どうなるかと思ったけど、何とか勝てて良かったぜ。


 壮行試合で不調の選手が多く、序盤はそれを引きずる形となった。

 好調だった摂津までもが失点をし、いよいよベンチの空気がどん底になったところで、8回の攻撃は見事なものだったね。


 ノーアウトで内川が出塁、糸井が4番でもバントをしっかりと決め、井端が芸術的な右打ち!

 そして、阿部がセカンドの守備に助けられた感はあれど、逆転の一打を放つ!

 実に理想的な点の取り方だった。


 「勝って当たり前」「3連覇」というのは、結構なプレッシャーだと思うのよ。

 そんなガチガチの中で初戦をこういう形で勝つ事ができたというのは、チームにとって大きなプラスに働くと思いたいね。


 まぁ、あとは山本監督が選手の起用を間違えない事を願いたい。

 能見は先発で使ってほしいし、井端や松井もスタメン起用してほしいところ。

 阿部は起用するなら、DHが良いんじゃないかな。



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

変な期待持たせやがって…

2013.03.01 23:55

category : 日記

comment(0) trackback(0)

 一番が吹いて、花粉も一緒に舞い込んできた3月

 いや、まいったね。
 目はかゆいし、くしゃみは止まらないし、最悪や∵ゞ(≧ε≦o)



 …さて、プロ野球 オーナーズリーグの話。

 3月になって、サイトが2013年仕様に変更、2013年の第一弾の内容も少し公開された。

sbannerTopMain.jpg

OL13_abe_blog.jpg

 カードデザインは、まずまずかな。
 少なくとも、2011年シーズンよりかははるかにマシ。

OL13normal.png

 ノーマルカードのみだが、5枚重ねができるという仕様変更があった。
 だけど…あんまり意味なくね?

 詳しい事は今の段階じゃわからんが、この画像を見る限りは「2枚重ね/4枚重ね」は意味を成してない様だし、そうだとしたら従来の3枚重ねと変わらん。
 変わったのは、リアルのコスト(カードを買う金)が増えただけw

 むしろ、1枚の時の能力が今まで以上に低く設定される様な気がしてならん
 それって、弱体化やないか…(´・ω・`)


 まぁ、同一選手なら弾が違っても重ねられるシステムがあるという情報もあるし、分からない事だらけだが気長に待とう…。


 あと、選手の海外移籍や引退に伴う、カードの画像・名前変更もされた。

 まぁ、それはしょうがない事だが…



 スラッガーやビクトリー、マスターズのカードまで対象になるとは思わなかった。゜。゜(ノД`)゜。゜。

 権利の関係はよく分からないけどさ、その年代での収録であるなら、レジェンド選手の様に権利関係は上手くクリアできていたもんだと思うやんか…。

 バンダイに「そんな事は一切言ってない」とでも言われたらそれまでだけど、変な期待持たせんな!とは言いたい。

 ビクトリーのページとか、全然変更されてないし、相変わらず対応が甘いなぁ…。


 せっかく、最初の箱買いで手に入れた城島(OL12)や金本(OL11)が…。
 いくら使えるとは言っても、こんなカード表示で誰が使うんだってばよ…。



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ
プロフィール

スイッチピッチャー

Author:スイッチピッチャー
名前の由来:野球好きの両利きで、左右どちらでもボールを投げられることから。
もちろん、ラジオネームも同じ^^
だけど、最近はあまり活躍せず…

出身:生まれは京都、育ちは埼玉(・w・`)

好きな球団:巨人…だけど、基本的にはプロ野球全体が好き^^


なんだか、この1、2年でくりぃむしちゅー色が強いブログになっちまった(^^;

通算投球数【アクセス数】
球目
※次のキリ番は【200,000】人目!

ソザイガローさんより、キャッチボールのGIFアニメをお借りしてます。
My Blog Data
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー

ブログアーカイブ
直近1年分は月単位で表示し、それ以外は年単位で表示しております。
年をクリックすると、その年が月単位で表示されます。
ブログ内検索
RSSフィード
人気記事ランキング
人気ブログランキング
相互リンク集
24時間以内に更新されたブログには、マークがつきます。
管理者ページ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム(FC2ブロガーのみ)

Copyright ©switch - pitcher's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。