switch - pitcher's blog

別名:くりぃむしちゅーな風景があるブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

(´・ω・`)【長く厳しい復帰への道 ダルビッシュ有、トミー・ジョン手術で今季全休へ】

2015.03.14 23:55

category : 野球関連

長く厳しい復帰への道 ダルビッシュ有、トミー・ジョン手術で今季全休へ

ダルビッシュが右肘のトミー・ジョン手術を受けるため今シーズンの全試合を欠場することが明らかになった。ポピュラーになりつつあるトミー・ジョン手術だが復帰への道のりは長く厳しいものになる。


■復帰には1年以上、来季開幕は微妙か

 現地13日、レンジャースのダルビッシュ有投手が右肘の靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けることが球団から発表された。
 これで今シーズンの登板は絶望的となった。

 昨シーズンは右肘の炎症で故障者リスト入りし、8月7日の登板を最後にシーズンを終了。手術を回避して臨んだ2015年シーズンだったが、オープン戦初登板となった5日のロイヤルズ戦では右上腕三頭筋の張りで30~40球予定のところを1イニング12球で降板するアクシデント。

 その後受けたMRI検査では、6日の第一診、10日にニューヨークで受けた第二診ともに「右肘靭帯の部分断裂」と判断され、今回の手術を受ける運びとなった。手術は現地17日、ジェームズ・アンドリューズ医師が担当し、術後は、キャンプ地サプライズに戻りリハビリを開始する予定となっている。

 レンジャース首脳陣、そして日本のファンにとって何よりも気になるのはダルビッシュの復帰時期だろう。米『YAHOO! SPORTS』は以下のように報じている。

Recovery from the surgery typically takes about 12 months, so there’s a chance Darvish would be ready by opening day next season as long as he doesn’t experience any setbacks.
(トミー・ジョン)手術からの復帰には一般的に約12カ月かかるとされている、順調にいけばダルビッシュは来年の開幕までに復帰できる可能性がある。

 トミー・ジョン手術からの復帰には約12~15カ月かかるとされており、最短で復帰できれば来季開幕には間に合う計算になる。しかし、近年同手術を受けた投手では、ヤンキースのイバン・ノバは昨年4月末に手術を受け復帰予想は今季の6月以降、同じく昨年3月にブレーブスで手術を受けたクリス・メドレンは今季後半戦の復帰が期待されているなど復帰に時間のかかっているケースも多い。ダルビッシュも同様のケースに陥った場合、16年に日本で開催が予定されているレンジャースの開幕戦にも影響がありそうだ。


■ダルの執刀医のアンドリューズ医師とは?

 昨年はメジャー、マイナーを含めて70人以上が受けており、成功率も現在では90%を上回るなど非常にポピュラーなものになってきているトミー・ジョン手術。確かに昨年、田中将大が選択した保存療法と比べれば、その後に爆弾を残す心配はないものの、術後の回復が完全に保証されているものではない。
 ダルビッシュの同僚であるネフタリー・フェリースはかつて剛腕クローザーとして名を馳せたものの術後、平均96マイルから92.9マイルへと球速が大幅に低下。手術から2年がたった今でもかつての速球は戻っていない。またレンジャースの大先輩である大塚も2008年の手術を皮切りに、3度の肘の手術を行うも結局現役復帰することはできなかった。

 今回ダルビッシュの手術を担当するアンドリューズ医師はトミー・ジョン手術の権威であるフランク・ジョーブ博士の愛弟子。過去にメッツの剛腕、マット・ハービーや殿堂入り投手のジョン・スモルツ、日本人メジャーリーガーでは田沢純一や藤川球児の手術も執刀してきた名医だ。手術においての心配はない。あとはトミー・ジョン手術の肝になるとされる術後の長いリハビリをダルビッシュが乗り切れるかだろう。

 幸運なことにレンジャースには16歳で手術を受け、手術後現役では最も長く活躍しているコルビー・ルイスを筆頭に藤川、フェリース、マーティン・ペレスらトミー・ジョン手術経験者が非常に多い。彼らのアドバイス、存在はきっとダルビッシュの力になるはずだ。

 サイヤング賞の有力候補とも言われた今季のダルビッシュ、そのシーズンが開幕前に終わってしまったのは残念でならない。

Darvish’s injury is not just a big blow to the Rangers’ chances, but a major disappointment for any fan who has watched him dominate over the past couple seasons.
ダルビッシュの怪我はレンジャースの(優勝の)チャンスへの大打撃だけでなく、過去2年間、彼の支配的な投球を見てきたファンにとって大きな落胆となった。


http://www.baseballchannel.jp/npb/4047/
【ベースボールチャンネル(BaseBall Channel) より引用】


 や、まいったね。

 まぁ、このままシーズンに入って、その途中で手術せざるを得ない状況になった時、時期によっては丸2シーズン棒に振る可能性もあった訳だし、残念だけどいいんじゃない?


 ただ、アレだよなぁ…マー君の時もそうだけど、やっぱ先発の中4日登板は問題でしょ。

 靭帯が切れてしまっても手術で直るから…ではなく、そもそも手術をしない様にしないと。

 肘・肩は消耗品とは言うけれども、それなら長く使える様にするなら、負担を減らす他ないでしょ。


 …しかし、ダルビッシュはタイミングがある意味悪すぎたな。

 プライベートで騒がせていたんだし、活躍する事で黙らせる事ができたけど…これじゃあなぁ…。



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ


【このブログ内の関連記事】
田中将大が右肘靭帯の部分断裂で全治6週間 「リハビリがうまくいかなければ、手術を受けることになるだろう」と現地メディア

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

スイッチピッチャー

Author:スイッチピッチャー
名前の由来:野球好きの両利きで、左右どちらでもボールを投げられることから。
もちろん、ラジオネームも同じ^^
だけど、最近はあまり活躍せず…

出身:生まれは京都、育ちは埼玉(・w・`)

好きな球団:巨人…だけど、基本的にはプロ野球全体が好き^^


なんだか、この1、2年でくりぃむしちゅー色が強いブログになっちまった(^^;

通算投球数【アクセス数】
球目
※次のキリ番は【200,000】人目!

ソザイガローさんより、キャッチボールのGIFアニメをお借りしてます。
My Blog Data
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー

ブログアーカイブ
直近1年分は月単位で表示し、それ以外は年単位で表示しております。
年をクリックすると、その年が月単位で表示されます。
ブログ内検索
RSSフィード
人気記事ランキング
人気ブログランキング
相互リンク集
24時間以内に更新されたブログには、マークがつきます。
管理者ページ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム(FC2ブロガーのみ)

Copyright ©switch - pitcher's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。