switch - pitcher's blog

別名:くりぃむしちゅーな風景があるブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

柔道・野村忠宏が引退会見「豪快に1本負けしてスッキリ」

2015.08.31 23:20

category : スポーツ関連

柔道・野村忠宏が引退会見「豪快に1本負けしてスッキリ」

 前人未到の五輪柔道3連覇を果たし、29日に兵庫県尼崎市で行われた全日本実業個人選手権で現役を引退した野村忠宏(40=ミキハウス)の会見が31日午後、大阪市内のホテルで行われた。多くの報道陣が詰め掛ける中、野村は「最後負けてはしまいましたが、豪快にぶん投げられた40歳の柔道家に対して、激励のお言葉をかけてもらえたのは一番うれしい」と述べ、終始さわやかな笑顔を見せていた。


◆最後の大会で1本勝ちできたのは誇りに思う

 同日午後1時から始まった会見にスーツ姿で現れた野村。冒頭のあいさつでは「最後の試合は1回戦、2回戦、自分を育ててくれた1本勝ちでしたが、最後の3回戦は豪快にぶん投げられました。今までの戦いも1本勝ち、最後の大会で1本勝ちできたのは誇りに思う」と述べた。

 また、負けた時の気持ちにも触れ「豪快に1本負けしてすっきりいたしました。寝そべってすぐに立つことができなかったんですけど、うまく投げられた瞬間、豪快に投げられたなあというのが頭をよぎり、これで真剣勝負の戦いが終わったんだなあと少し寂しい気持ちにもなりました」と続けた。

 「最後の試合を終え、いまこの場にいる気持ちは?」という質問には「優勝報告というのは何回もさせて頂いたんですが、引退会見は始めてのことなんで、ちょっと不思議な気持ちというか、ちゃんとしなきゃいけないなあという感じです」と、野村らしい明るい笑顔を見せながら笑いを取る場面もあった。

 そして「多少ピリッとした気持ちなんですけど、試合が終わって短い時間ですけど、仲間と時間をすごし、家族とすごし、ちょっとふぬけになってます。柔道のことって考えるし、ああ、もう自分がピリピリした真剣勝負の場に立つことがないんだと思ったらすごい寂しいなぁと思いますけど、自分がやれることは精一杯やってきたし、後悔というものはないですね」と続けた。


◆オリンピックにかかわっていければ

 報道陣から出た「将来のビジョンは?」という問いには「3歳から37年間柔道と向き合ってきました。弱かった子供時代、夢を持って努力し続けた少年時代。大学で細川先生に出会ってチャンピオンに育ててもらってチャンピオンとして戦った最強の時代。3連覇して、それでも柔道を続けたいと苦しみ続けた時代、柔道を通していろんな経験をしたし、いろいろ乗り越えてきた。これから若い選手、世界を目指す選手らに技術を含めて伝えていきたいし、心の中に柔道が大好き、柔道への愛、楽しさ。これは自分のじいちゃんに教わったものなんで、子供たちには柔道のすばらしさというものを伝えていきたいなあと思ってます」と述べた。

 そして「自分をひとまわり、ふたまわり以上、自分を成長させてくれたオリンピック、5年後には東京でオリンピックがあって、選手としてはもう出れないが、オリンピックにかかわっていければと思います」と2020年の東京五輪への思いも触れていた。


◆北島康介から花束もらい涙、あの時の気持ちは?

 また、野村さんにとって柔道とは? という質問には「ほんと人生です」と即答。「特に勉強ができたわけでもなく運動神経もよくなかった。ただ、子供ながらなにかひとつ誇りにもてるものがほしい、そういう思いがあるなかで、唯一真剣になれたのは柔道だった。周りからは弱いといわれて、親父にも『もう無理して柔道せんでええぞ』と言われて、それでも柔道を続けてきて、本当にその中で、柔道が自分に与えてくれたものはいっぱいあるんですよね。そして最後ね、ほんとに競技者として最後になりましたけど、自分の中で誇りに思えるもの、自分が輝ける場所を手に入れることができたんだなあと。それは柔道が与えてくれたもの。だから胸をはって、柔道が自分の人生といえます」と笑顔で答えた。

 最後の試合で北島選手と抱き合った時の涙についても質問が飛び「会場で最後応援に来てくださった皆様にあいさつ行こうと思って、間違いなく自分泣くなと思ってたんですよ」と照れ笑いしながら答える野村。

 だが「笑顔を貫くぞと思ってたんですけど、そこで両親の顔を見て、家族の顔を見て、涙腺がだめになって、そこに来て康介でしょ。北島康介というのは特別な存在やし。仲いいのに見に来てくれたの初めてで、花束渡してくれて、どうしても泣いちゃいましたね。また、家族と対面したときと違う、いろんなもんと向き合ってきて、戦ってきた後輩であり、親友であり、ああいう形で迎えてくれて、おつかれさまでしたと声をかけてくれたのは、うれしかったし。ただ、北島選手はまだチャレンジの最中だし。野村の戦いは終わったけど、お前はもう一勝負あるぞという思いで花束を頂きました」と力強く語った。


http://osaka.thepage.jp/detail/20150831-00000001-wordleafv
【THE PAGE 大阪 より引用】


 リンピック三連覇というのは、文字通り歴史に残る偉業といってもいい。


 1本勝ちにこだわってきたその姿勢は、見る者を魅了したよね。

 テレビで大会直前のトレーニングの様子を映したものをみたけど、40歳とは思えない肉体で、どこまでもストイックなんだなぁと思うのと同時に、テーピングの多さに「あぁ、文字通りの満身創痍なんだな」とも思った。

 そんな中で、1本勝ちでき、また1本負けした事で、柔道人生を全うできたんじゃないかとオレは思う。


 今後は指導者としてはもちろんだけど、しゃべりもイケるから、篠原信一との掛け合いも見てみたいよな。

 何だかわからんが、積み重ねた実績やしゃべれる割にはいまいちスポットが当たってない感じがあるので、もっと注目されてもいいよなぁ。

 あと、国民栄誉賞をあげても問題ないと思うんだよなぁ。


 まぁ、ひとまず、お疲れ様でした。



ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

スイッチピッチャー

Author:スイッチピッチャー
名前の由来:野球好きの両利きで、左右どちらでもボールを投げられることから。
もちろん、ラジオネームも同じ^^
だけど、最近はあまり活躍せず…

出身:生まれは京都、育ちは埼玉(・w・`)

好きな球団:巨人…だけど、基本的にはプロ野球全体が好き^^


なんだか、この1、2年でくりぃむしちゅー色が強いブログになっちまった(^^;

通算投球数【アクセス数】
球目
※次のキリ番は【200,000】人目!

ソザイガローさんより、キャッチボールのGIFアニメをお借りしてます。
My Blog Data
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー

ブログアーカイブ
直近1年分は月単位で表示し、それ以外は年単位で表示しております。
年をクリックすると、その年が月単位で表示されます。
ブログ内検索
RSSフィード
人気記事ランキング
人気ブログランキング
相互リンク集
24時間以内に更新されたブログには、マークがつきます。
管理者ページ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム(FC2ブロガーのみ)

Copyright ©switch - pitcher's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。