switch - pitcher's blog

別名:くりぃむしちゅーな風景があるブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

安保関連法が成立=戦後政策、歴史的転換-集団的自衛権行使容認・野党抵抗未明まで

2015.09.19 23:55

category : 時事関連

安保関連法が成立=戦後政策、歴史的転換-集団的自衛権行使容認・野党抵抗未明まで

 安全保障関連法は19日未明の参院本会議で採決が行われ、自民、公明両党と元気、次世代、改革の野党3党の賛成多数で可決、成立した。関連法は従来の憲法解釈を変更し、集団的自衛権行使を可能にすることを打ち出しており、戦後日本の安全保障政策は歴史的な転換点を迎えた。民主党など野党5党は関連法を「憲法違反」などと主張、ぎりぎりまで抵抗したが、今国会成立を掲げた安倍政権の方針の下、与党が数で押し切った。

 採決の投票総数は238で、賛成148票、反対90票だった。
 安倍晋三首相は19日未明、成立を受けて首相官邸で記者団に「幅広い支持の下に、法案を成立させることができた。今後も国民に誠実に、粘り強く説明を行っていく」と強調。これに対し、民主党の岡田克也代表は、記者団に「これからが本当の勝負だ。集団的自衛権の部分は白紙に戻さなければいけない」と訴えた。
 27日の会期末を待たず、週内の成立を目指した与党側は、民主党などが審議続行を求める中、参院平和安全法制特別委員会で17日に採決に踏み切った。野党側は、担当閣僚である中谷元防衛相や首相の問責決議案、安倍内閣不信任決議案などを提出して対抗したが、与党は元気などと連携して順次否決、当初方針通り成立させた。
 成立したのは、自衛隊法など10本の改正法を束ねた「平和安全法制整備法」と、自衛隊の海外派遣を随時可能にする新たな恒久法「国際平和支援法」の2本。政府は、北朝鮮による核・ミサイル開発や中国の海洋進出で日本の安保環境が大きく変化したことを踏まえ、日米同盟強化により抑止力を高めるとしている。

 関連法は、米国など日本と密接な関係にある他国が攻撃を受け、日本の存立が脅かされる事態での武力行使の要件を規定。朝鮮半島有事を想定した周辺事態法から「日本周辺」の概念を外し、他国軍支援への地理的制約を取り払った。国連平和維持活動(PKO)では、任務遂行の目的などでの武器使用を解禁した。
 与党と元気などの合意を受け、参院特別委は自衛隊海外派遣の際の国会関与を強化する付帯決議を行った。政府は19日、閣議と国家安全保障会議(NSC)をそれぞれ持ち回りで開き、法施行に当たって「合意の趣旨を尊重し、適切に対処する」ことを決定した。
 衆参通算で約216時間に及んだ審議では、閣議決定による憲法解釈変更の正当性や憲法9条との整合性、武力行使の要件の一つとされた「存立危機事態」の定義と具体的なケース、自衛隊活動拡大に伴う隊員の安全確保などが焦点となった。審議の過程で、憲法学者や内閣法制局長官経験者らから「違憲」との指摘が続出。報道各社の世論調査で賛否が二分し、市民らの反対デモが国会周辺を中心に各地で繰り広げられた。


http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015091900025
【時事ドットコム より引用】


 っと決まったか…。

 戦争を回避するための法案なのにも関わらず、テレビを見ればほとんど反対意見しか取り上げないとか、野党の「あらゆる手段を使ってでも法案成立を阻止する」といった内容が暴力だったり逆セクハラだったり、この法案がどうのこうの以前にアホらしくでうんざりだわ。

sCPOhVSeVEAAJRWO.jpg

 まっ、その行為が、集団的自衛権の必要性を野党自ら身を持って証明した感じになったけどなw

 民主党の小西議員鴻池委員長に飛びかかり、それを防ごうと自民党の佐藤議員が守りに入る。

 静止画だとパンチがストレートに入った感じになってしまっているが、動画だと殴っているというよりは抑えにいった感じだからね。
 言うなれば、「必要最小限の武力行使」か?


 反対の意見を聞くと、「これは戦争法案」と言うけど、何でそうなるのかが分かんないんだよね。
 全く持って意味不明。

 日本がどこに“戦争”しに行くんだよ。
 ってか、反対派の思っている“戦争”って、たぶん起きないと思う。

 その“戦争”って、侵略戦争の様な事を指しているでしょ?
 んなもん、誰が好んでやるかっての。

 ってか、ここまで誰も「戦争をしに行く」なんて、一言も言ってないし。


 今の戦争は、相手から守る為の戦争が主だと思う。

 まぁ、その相手が国ではなくテロリストだったりする時もあって、それらをまとめて“戦争”という言葉にしていいのかどうかは微妙だが、守る為に戦っている事に変わりはなし。

 テロリスト相手なら、世界と協力して立ち向かわなければならないし、守る為なら戦わなければならないでしょ。

 協力するなら集団的自衛権が必要になるし、現に日本は中国にやられてもおかしくない状況にある。

 報道される事が少ないけど、中国の軍事費は右肩上がりな上、中国の領海(空)侵犯なんて日常茶飯事だろ?
 去年なんて、中国だけでも400回はスクランブル発進しているんだろ?

 米軍があるからまだその程度(侵犯)で済んでいるが、それが無ければ沖縄辺りはとっくの昔に中国の支配下にあったっておかしくないだろ…。

 でもその米軍も、国防費は削減の方向に進んでいるから、日本は米軍におんぶにだっこしてもらえる程、期待は持てなくなってきていると思う。


 そういう現状、分かってないよなぁ。

 誰だって戦争はしたくないけど、相手がそう思っているかどうかは別。

 相手が銃口を向けてきているなら、守る為に何とかしないと。


 話し合いで解決できる?
 それで解決できた試しが無いじゃないか。

 憲法9条?
 そんなにすばらしいものなら、じゃあなんで世界各国がそれに見習ってないの?



 現状の安保法は、その行使は限定的なものなんでしょ?
 だったら、いいじゃない。

 「将来的に拡大解釈が進んで ― 」は、今分かる訳がないでしょ。
 事態は時間が進むにつれて変わってくるもんだから、その時必要な事かも知れないし、明らかに権利の暴走なら、選挙でそうさせない様にすればいい。


 オレは大して頭がいい訳じゃないけど、それくらいは理解できる。

 決まるまでの経緯がちと強引だなとは思うけど、現状のリスクを考えたら少しでも早く…とも思うし、そもそも野党の連中が揃いも揃ってロクな議論をしてないというか、今回みたいな“パフォーマンス”が目立つあまりに強引に見えた(見せられた)部分もあるし。



  人気ブログランキングへ

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

スイッチピッチャー

Author:スイッチピッチャー
名前の由来:野球好きの両利きで、左右どちらでもボールを投げられることから。
もちろん、ラジオネームも同じ^^
だけど、最近はあまり活躍せず…

出身:生まれは京都、育ちは埼玉(・w・`)

好きな球団:巨人…だけど、基本的にはプロ野球全体が好き^^


なんだか、この1、2年でくりぃむしちゅー色が強いブログになっちまった(^^;

通算投球数【アクセス数】
球目
※次のキリ番は【200,000】人目!

ソザイガローさんより、キャッチボールのGIFアニメをお借りしてます。
My Blog Data
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー

ブログアーカイブ
直近1年分は月単位で表示し、それ以外は年単位で表示しております。
年をクリックすると、その年が月単位で表示されます。
ブログ内検索
RSSフィード
人気記事ランキング
人気ブログランキング
相互リンク集
24時間以内に更新されたブログには、マークがつきます。
管理者ページ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム(FC2ブロガーのみ)

Copyright ©switch - pitcher's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。