switch - pitcher's blog

別名:くりぃむしちゅーな風景があるブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

・元副部長さん
 アニメではよく“うるさい団体”のバッシングを受けますが、映画は“家族愛”だとか、大切なものを描いてますよね。
 ホント、どれも名作ぞろいです。


・星野さん
 そうですよね、断定されるまでは内心そうだと思っていても…(・ω・`)

 私も「大都会」という曲名をあれで知った気がします(^^;
 キャラも結構濃いものがそろってましたよね。

2009.09.22/00:00  管理人:スイッチピッチャー  編集

十中八九そうだろうと思ってましたが、
いざ死体が本人と断定ということを知った時はショックでした。
しかも事故死なんて・・・・。

オトナ帝国の逆襲はまさに至高の名作。
それと大都会を知ったのも、しんちゃんの映画だったりするwww
あれも地味に好きだったなぁ

2009.09.21/19:03  星野  編集

このニュースを聞いて、ショックを受けました。クレヨンしんちゃんの映画は、名作揃いですよね。どれだけ泣き笑いしたことか…。

ご冥福をお祈りします。

2009.09.21/00:24  元副部長  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

岩壁下の遺体「クレヨンしんちゃん」作者と判明

2009.09.20 23:55

category : 時事関連

岩壁下の遺体「クレヨンしんちゃん」作者と判明

 群馬県下仁田町南野牧の荒船山(1423メートル)の岩壁下で発見された男性の遺体は20日、県警の調べで、人気漫画「クレヨンしんちゃん」の作者・臼井儀人(よしと)(本名・臼井義人)さん(51)(埼玉県春日部市)と確認された。

 遺体は、20日朝から発見現場に向かった下仁田署員らが収容、県警ヘリで搬送され、同署で検視が行われた。臼井さんは今月11日、「荒船山に行く」と言い残して行方不明になり、群馬、長野両県警が県境付近を捜索していた。


 臼井さんが住む埼玉県春日部市で、焼き鳥店を経営する長村幸夫さん(67)は「よくネギマを注文しては、『おいしい、おいしい』と言ってくれたり、サインをくれたりした」と惜しんだ。

 臼井さんは、約2年前まで2か月に1回程度、店を訪れ、「ここは俺の隠れ家」と言って、店の隅に座っていたという。長村さんは、「最後に来た時、『そのうち、この店のことを漫画に書くよ』と言ってくれた。春日部といったら『しんちゃん』なのに残念だ」と声を詰まらせた。


 ◆ギャグ漫画で幼児の本音表す◆

 臼井さんは、静岡県生まれ。広告会社勤務などを経て、1987年「だらくやストア物語」を「週刊漫画アクション」(双葉社)に発表しデビュー。

 90年に同誌で連載を開始した「クレヨンしんちゃん」は、埼玉県春日部市に住む、おませな5歳児、野原しんのすけ(しんちゃん)が家族や幼稚園の先生たちの間に騒動を巻き起こす、ギャグ漫画。2000年11月からは、アクションから同社の月刊「まんがタウン」へと発表先を変え連載中だ。

 92年からはテレビ朝日系でアニメ版の放送がスタートし、人気が沸騰、海外でも世界30か国以上で放映された。劇場用映画も93年から毎年製作され、2002年には、文化庁メディア芸術祭賞大賞を受賞。単行本は49巻で総発行部数約5000万部に達している。

 アニメ版の人気で、しんちゃんのギャグをまねる子どもが増え、親が選ぶ「子どもに見せたくない番組」の上位に選ばれるなど物議を醸す一方、幼児の本音を表す国民的漫画として評価されてきた。

 漫画の連載について、双葉社では、「10月発売の11月号については、掲載する予定。原稿はその先の分まで入稿しているが、掲載するかどうかは未定」とコメントしている。

 アニメの「クレヨンしんちゃん」は、毎週金曜夜、テレビ朝日系で放送されている。特別番組が続くため、次回放送は10月16日の予定だが、同社広報部は「原作者としてのこれまでの功績に感謝し、心からお悔やみを申し上げます。今後の放送に関しては、関係者の方々と相談して決めていきたい」と話している。


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090920-OYT1T00608.htm?from=top
【YOMIURI ONLINE より引用】


 当に残念でならない…(´・ω・`)
 「死体ごっこ」とか、「リアルおままごとの死体役」なんかであってほしいけど…そうじゃないもんなぁ…。


 クレヨンしんちゃんは、映画はどれも名作なんだよな。
 特に、実写映画にもなった「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」は名作中の名作。この1年前の作品「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」もなかなかよかった。

 「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」では、冒頭で本人役として「大都会」を熱唱していたな。


 …そういや、初めて親に買ってもらったゲームソフトも、クレヨンしんちゃんだったなぁ。スーパーファミコンの「クレヨンしんちゃん2 大魔王の逆襲」っていうヤツ。

 あれをやったのは、ちょうどしんちゃんと同じくらいの年?まぁ、近い年齢だった。それから15年近く経つのか。随分と長くやってたんだな。


 クレヨンしんちゃん以外の作品は知らないし、臼井さんの顔も「夢を売る仕事」として表に出られないから知らない。
 でも、本当にあなたの作品には笑わせてもらいました。

 クレヨンしんちゃんが未完の作品となってしまったのが残念。ぶりぶりざえもんの声優だった塩沢さんと仲良くやってください。


 ご冥福をお祈りします。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

コメント

・元副部長さん
 アニメではよく“うるさい団体”のバッシングを受けますが、映画は“家族愛”だとか、大切なものを描いてますよね。
 ホント、どれも名作ぞろいです。


・星野さん
 そうですよね、断定されるまでは内心そうだと思っていても…(・ω・`)

 私も「大都会」という曲名をあれで知った気がします(^^;
 キャラも結構濃いものがそろってましたよね。

2009.09.22/00:00  管理人:スイッチピッチャー  編集

十中八九そうだろうと思ってましたが、
いざ死体が本人と断定ということを知った時はショックでした。
しかも事故死なんて・・・・。

オトナ帝国の逆襲はまさに至高の名作。
それと大都会を知ったのも、しんちゃんの映画だったりするwww
あれも地味に好きだったなぁ

2009.09.21/19:03  星野  編集

このニュースを聞いて、ショックを受けました。クレヨンしんちゃんの映画は、名作揃いですよね。どれだけ泣き笑いしたことか…。

ご冥福をお祈りします。

2009.09.21/00:24  元副部長  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

スイッチピッチャー

Author:スイッチピッチャー
名前の由来:野球好きの両利きで、左右どちらでもボールを投げられることから。
もちろん、ラジオネームも同じ^^
だけど、最近はあまり活躍せず…

出身:生まれは京都、育ちは埼玉(・w・`)

好きな球団:巨人…だけど、基本的にはプロ野球全体が好き^^


なんだか、この1、2年でくりぃむしちゅー色が強いブログになっちまった(^^;

通算投球数【アクセス数】
球目
※次のキリ番は【200,000】人目!

ソザイガローさんより、キャッチボールのGIFアニメをお借りしてます。
My Blog Data
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー

ブログアーカイブ
直近1年分は月単位で表示し、それ以外は年単位で表示しております。
年をクリックすると、その年が月単位で表示されます。
ブログ内検索
RSSフィード
人気記事ランキング
人気ブログランキング
相互リンク集
24時間以内に更新されたブログには、マークがつきます。
管理者ページ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム(FC2ブロガーのみ)

Copyright ©switch - pitcher's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。