switch - pitcher's blog

別名:くりぃむしちゅーな風景があるブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

・ツバメエースさん
 まっ、所詮夕刊フジ…で片付く話なんですけどねー(^^;

 今年のFA市場は、ランクがBとCの選手だけで盛り上がりがないですね。
 速球派投手は向こうではごろごろいますし、同じタイプの五十嵐の活躍は難しいかと。フォークが使えたら道は開けそうですけど…。

 今日の薮田がロッテに復帰したように、数年後には出戻りですかね?同じくヒサノリも…。

2009.11.24/01:30  管理人:スイッチピッチャー  編集

全くの妄想ごとですな。(他球団幹部)とありますが、仮にも巨人は育成枠だった山口・松本を育てて日本一にまで登りあがったチーム。
少なくともそれより下の球団が巨人に対しつべこべいやるような立場ではありません。
球団名が公開されていない時点で信憑性がもう…

そういや、関係ないけどそろそろ野間口とか辻内君とか上がってこないかなぁ(A;´・ω・)

あとは…気になりますね。FA宣言選手のメジャー挑戦。
私的にはヒサノリよりリョータの方が心配です。
五十嵐のような直球を持った投手はメジャーでも結構いますし、彼は怪我に悩まされた選手ですから…
日本にきた林昌勇みたいになればいいのですが。。。

2009.11.23/04:52  ツバメエース  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

(=゚ω゚)!【尚成、メジャー挑戦正式表明「気持ちはスッキリ」】

2009.11.17 23:55

category : 野球関連

尚成、メジャー挑戦正式表明「気持ちはスッキリ」
 巨人・高橋尚成投手(34)が17日、東京・大手町の球団事務所で会見を行い、フリーエージェント(FA)権を行使して米メジャーリーグに挑戦することを正式に表明した。

 高橋尚は「気持ちはスッキリしています。10年間お世話になった巨人のチームメート、監督、コーチのみなさんに感謝します」と話した。国内他球団への移籍については「他球団のユニホームを着て巨人と戦うことは考えられなかった」と、メジャー移籍1本で交渉に臨む姿勢を示した。

 高橋尚は今後、代理人を立てて交渉の準備を進める。巨人での公式行事参加は、11月22日に東京・大手町から銀座にかけて行われる「読売巨人軍日本シリーズ優勝パレード」が最後となる。

 高橋尚成「大リーグ挑戦を決意したのは3日前。上原が米国で野球をしているのを見て、あこがれが強くなった。自信がなかったら、こんな選択はしない。必要としてくれるところに行きたい。先発で使ってくれたら最高だと思う」

 巨人・清武球団代表「電話を含めて5回話し合い、残留を要請してきた。(後輩に)直言できる選手には残ってもらいたかった。彼が迷いに迷って決めたことを尊重したい」


http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20091117-OHT1T00130.htm
【スポーツ報知 より引用】


 サノリFA宣言メジャー挑戦を表明したね。

 「また勘違い野郎が…」という声が多いが、岡島のケースがある以上、一概には言えないんだよね。

 もっとも岡島は、MLBのボールとの相性から、決め球をカーブからチェンジアップに一新したという経緯があってこその活躍だったんだけど。


 だからヒサノリも、ボールとの相性次第では、お買い得選手になる可能性はあると思う。

 ただ、1年間スターターとして活躍するのは厳しすぎるとは思うから、リリーフ転向が成功の条件かな?
 実際問題、巨人時代では中盤で崩れるケースが目立って降板しているし。


 まぁ、たった一度しかない人生。悔いのないようにやってこいよ!(`・ω・´) b ビシッ!!



 …さて、ここで今日の更新を終わらせようと思ったんだけど、盛大に吹いた記事を見つけたので紹介する。

 記事自体が長文だから、[READ MORE...]にて(`・ω・´) b ビシッ!!



育成の巨人に?? 有望株伸び悩みで他球団から疑問の声

 7年ぶりに日本一を奪回し、「育成の勝利」とも評された原巨人。育成枠から主力に成り上がった選手たちの成功物語は目を引くが、対照的に高い契約金を払って獲得したドラフト上位の有望株は伸び悩みも。他球団からはその育成手法にも疑問が持ち上がっている。(笹森倫)

 16日に都内で催された日本シリーズ優勝祝賀会で、巨人・渡辺球団会長は「育成選手というシステムを清武(球団)代表が考案して、オビスポ、松本、山口という名選手がその中から育った」と称賛し、「これからも若手を育て、これをよく指導し、投手をあと1人、2人良くしてくれたら、10連覇も夢ではない」と壮大な目標を掲げた。

 2005年に育成選手制度が始まって以来、もっとも際立った成果を上げているのが「育成の巨人」だ。05年育成ドラフト1巡目の山口は昨季セットアッパーに定着して新人王に輝き、WBC日本代表に選出。06年3巡目の松本は今季「2番・中堅」の定位置を獲得し、三井ゴールデングラブ賞を受賞。18日発表される今季新人王でも最有力候補だ。2年連続で巨人の育成選手から新人王が出れば快挙といえる。

 渡辺会長からねぎらいの言葉をかけられた清武代表も、日本シリーズ終了後に「これからも選手を育てることに重点を置いてやっていく」と語っており、球団の強化方針に自信を深めた様子だ。

 だが他球団からは「あれを育成と言ってよいものか」と眉をひそめる向きもある。「下手な鉄砲も数打ちゃ当たるじゃないけど、毎年のようにごっそり育成ドラフトで獲っていれば、中には山口や松本のような選手が出てくることもあるだろう」(他球団幹部)。

 各球団の支配下登録選手の上限は70人だが、育成選手の人数には制限がない。今季の巨人は育成11人を含む78人態勢でシーズンを乗り切った。

 では他球団も追随して育成選手をたくさん抱えればいいのでは? と言いたいところだが、懐事情がそれを許さない。育成選手は年俸は下限240万円と安く抑えられても、寮や用具、遠征などには支配下選手と同様の費用がかかるのだ。

 資本主義の原則に従えば、資金力のある球団が巨大な戦力を持つのは当然だ。だが「優勝劣敗」の風潮が強まると必ずひずみも生じてくるのは、ここ数年の日本を眺めれば明らか。前出の球団幹部は「大して試合にも出られないまま、1年や2年でクビを切られる育成選手が何人もいる。指名したせいで、彼らの人生を狂わせてしまった可能性もあるのに…」と、“派遣切り”にも似た体質に異議を唱える。

 球界には高卒5年、大卒・社会人卒なら3年はプロで面倒を見るという暗黙の了解があり、クビになっても球団やOBが仕事の世話をするケースが多い。だが育成選手に旧来の常識は通用しない。例えば巨人が06年に育成ドラフトで指名した7選手のうち、3人が1年限りでクビを切られ、支配下登録された2人を除く全員が今年までに現役を退いている。

 巨人は今年も通常ドラフトで5人を指名したうえ、育成ドラフトでも5人指名した。さらに通常ドラフトで獲った高卒2年目の竹嶋、同3年目の伊集院も育成契約に格下げ。まさに「育成枠の巨人」は加速の一途だが、育成3巡目の金光大阪高・陽川尚将内野手が入団を拒否して進学する誤算もあった。

 巨人の育成には別の問題もある。ある球団のスカウトは「下位指名や育成の選手が出てくるとマスコミはもてはやすが、逆指名や1位指名の逸材を腐らせているようではね…」と指摘する。

 確かにスカウトが足繁く通って実力を見極め、時には億単位の契約金を積んで迎え入れた選手が穀潰しでは、本末転倒というものだ。今世紀に入ってから巨人は上位でエース候補を中心に指名してきたが、今季の先発陣を支えたのは内海だけ。04年7巡目の東野の台頭は立派だが、内海のほかに6人もの投手が即戦力と見込まれて逆指名入団しているのに、期待外れとしか言いようがない。

 ところがここ2年のドラフトは方針転換。昨秋は大田、今秋も花巻東高・菊池をスルーして長野と野手を1位指名。来秋こそは主戦投手の獲得が至上命題となる。巨人が今後、早大・斎藤佑樹投手に狙いを定め、逆指名制度の復活を提言するとの観測も。だが上位で獲った「金の卵」たちの近況を見れば、巨人にとってプラスになる制度かどうか怪しいところだ。


http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20091117/bbl0911171620008-n2.htm
【ZAKZAK(夕刊フジ) より引用】


 いやぁ、さすがは夕刊フジ。相変わらずのゴミ記事だ∵ゞ(≧ε≦o)


 とりあえずさ、その疑問の声をあげている他球団とやらが実在するのなら名前を出せよ
 まっ、どうせこの記事を書いた記者の妄想に過ぎないんだろうけどな!


 巨人以外のすべての球団が、ドラフトで上位指名した全ての選手を第一線で起用しているというならともかく、実際問題そうじゃないでしょ?

 この記事内の言葉を借りるなら、どこの球団だって選手を腐らせている


 この前、ルビコンの決断という番組でやっていたのだが、育成枠をつくった理由の一つとして、アマチュア時代の実績がなかったり、身長が低いといった理由でドラフト候補から門前払いを受けている選手の中にも、光るものを持つ選手がいるから、早いうちからプロの世界で育ててみようというのが始まりだという。


 ドラフト候補者というのは、言ってしまえば能力や実績などをすべて含んで平均基準を持った、ほぼ完成品の選手しかリストアップされない

 一方、育成選手は総合力はないものの、いいものは持っている選手。山口はたった1球のシンカーがスカウトの目に止まったし(さらに言うと、横浜のテストを落ちている松本は身長の低さ(170cm)が理由でドラフト候補から外されていた。

 そういう育成選手を見つけるには、スカウトの人はドラフト候補者を見る以上に目を凝らす必要があるって事だ。
 金にモノを言わせて育成契約をバンバンしてる訳じゃない。


 そういう番組をついこの間放送していたのに、知ってか知らずかこういう記事を書いてメシが食えるなんて良い身分だな!



 あったかくして寝ろよ!


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

コメント

・ツバメエースさん
 まっ、所詮夕刊フジ…で片付く話なんですけどねー(^^;

 今年のFA市場は、ランクがBとCの選手だけで盛り上がりがないですね。
 速球派投手は向こうではごろごろいますし、同じタイプの五十嵐の活躍は難しいかと。フォークが使えたら道は開けそうですけど…。

 今日の薮田がロッテに復帰したように、数年後には出戻りですかね?同じくヒサノリも…。

2009.11.24/01:30  管理人:スイッチピッチャー  編集

全くの妄想ごとですな。(他球団幹部)とありますが、仮にも巨人は育成枠だった山口・松本を育てて日本一にまで登りあがったチーム。
少なくともそれより下の球団が巨人に対しつべこべいやるような立場ではありません。
球団名が公開されていない時点で信憑性がもう…

そういや、関係ないけどそろそろ野間口とか辻内君とか上がってこないかなぁ(A;´・ω・)

あとは…気になりますね。FA宣言選手のメジャー挑戦。
私的にはヒサノリよりリョータの方が心配です。
五十嵐のような直球を持った投手はメジャーでも結構いますし、彼は怪我に悩まされた選手ですから…
日本にきた林昌勇みたいになればいいのですが。。。

2009.11.23/04:52  ツバメエース  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

スイッチピッチャー

Author:スイッチピッチャー
名前の由来:野球好きの両利きで、左右どちらでもボールを投げられることから。
もちろん、ラジオネームも同じ^^
だけど、最近はあまり活躍せず…

出身:生まれは京都、育ちは埼玉(・w・`)

好きな球団:巨人…だけど、基本的にはプロ野球全体が好き^^


なんだか、この1、2年でくりぃむしちゅー色が強いブログになっちまった(^^;

通算投球数【アクセス数】
球目
※次のキリ番は【200,000】人目!

ソザイガローさんより、キャッチボールのGIFアニメをお借りしてます。
My Blog Data
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー

ブログアーカイブ
直近1年分は月単位で表示し、それ以外は年単位で表示しております。
年をクリックすると、その年が月単位で表示されます。
ブログ内検索
RSSフィード
人気記事ランキング
人気ブログランキング
相互リンク集
24時間以内に更新されたブログには、マークがつきます。
管理者ページ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム(FC2ブロガーのみ)

Copyright ©switch - pitcher's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。