switch - pitcher's blog

別名:くりぃむしちゅーな風景があるブログ

2009年☆プロ野球総括【パ・リーグ編】

2009.12.12 22:30

category : 野球関連

 やぁ…忘れてたね(-_-;

 今年のプロ野球の予想結果&総括をまだやってなかったぜ(^^;

 とりあえず、前置きはなしで、さっそくパ・リーグがらやっていこう!(`・ω・´) b ビシッ!!


 まずは、シーズン前の順位予想と結果。

【予想】
1.オリックス・バファローズ
2.埼玉西武ライオンズ
3.福岡ソフトバンクホークス
4.千葉ロッテマリーンズ
5.北海道日本ハムファイターズ
6.東北楽天ゴールデンイーグルス

【実際の順位】
1.北海道日本ハムファイターズ【CS:1位】
2.東北楽天ゴールデンイーグルス【CS:2位】
3.福岡ソフトバンクホークス【CS:3位】
4.埼玉西武ライオンズ
5.千葉ロッテマリーンズ
6.オリックス・バファローズ

 当たっていたのはホークスだけ∵ゞ(≧ε≦o)


【北海道日本ハムファイターズ】
 ここ数年は守備を重視したチーム構成で、打撃に関してはワースト街道まっしぐら(犠打を除く)だったのだが、今年は打線が爆発した。

 2008年の打撃成績は、得点(533)、本塁打(82本)、打率(.255)がすべてリーグワーストであったが、今年は得点(689)と打率(.278)が12球団トップという成績に変わった。
 本塁打はリーグ5位の112本なので、つなぐ意識が徹底されていたと言える。

 投手の方は、ダルビッシュが今年も安定した成績でスターター陣を引っ張ったが、やはり2番手以降に安定感を欠く。
 MICHAELが抜けた事によってクローザーに穴が開いたかと思われたが、武田(久)が見事に役目を果たした。

 自慢の投手力に打線との歯車が見事に一致したシーズン。来季も上位に食い込むのは間違いない!?


【東北楽天ゴールデンイーグルス】
 ムラのあるチームで、シーズン通しての安定がなかったばかりに低迷していたが、今年はそこそこの安定感を持つ事が出来た。

 投手は、岩隈田中に続くスターターに永井が加わり、3本柱がようやく完成した。悩みのクローザーも、シーズン途中から戻ってきた福盛がなんとかその座を務めた。
 セットアッパーは、有銘が前半戦を、小山が後半戦に安定感を見せたものの、シーズンを通して活躍できたとは言い難い。

 打線は、新加入の中村(紀)は期待外れに終わったものの、鉄平が首位打者を獲得する活躍、山崎(武)も主砲として数字を残した。

 課題はリリーフ陣の強化。シーズンを通して安定感のあるリリーフが欲しい。
 そして、野村監督が退団した事による影響も懸念される。


【福岡ソフトバンクホークス】
 交流戦は全球団から勝ち越しての完全優勝を決め込んだが、終盤に負けが込んでしまい、3位という結果になった。

 投手陣は、杉内ホールトンの両腕の活躍が目立った。特に杉内はWBCの影響が懸念されたのにもかかわらず、クオリティスタート(先発で6回3失点以下)を23回記録する、絶対的な安定感を見せた。
 だが、この2人に続くスターターが不在。若い選手であと1人欲しいところ。

 リリーフ陣は、摂津ファルケンボーグ馬原の「SBMの方程式」に安定感。他にも水田が3人に次ぐ安定感を見せた。結果として、チーム防御率はリーグ2位の3.69を記録。

 打線は、長谷川が自身初の打率3割を記録するも、松田多村の故障、川崎らの不振も目立つ。
 シーズンオフに、韓国からイ・ボムホ(登録名:Lee)を獲得。打線に厚みが出た。


【埼玉西武ライオンズ】
 球団としては50年ぶりに、前年度日本一からのBクラスを経験してしまった西武。

 スターターは涌井帆足が合格点の成績を残したものの、リリーフ陣が崩壊
 クローザーのグラマンの故障で代役を務めた小野寺防御率3.98、5敗とピリッとせず。セットアッパーも大沼以外はボロボロだった。
 ちなみに、リーグワーストの14度のサヨナラ負けを記録している。

 打線は、昨シーズン大活躍だった片岡栗山の1・2番コンビが不調。片岡は13本塁打とパンチ力がつき、自慢の足も盗塁王に輝く成績を残したが、打率が.260、出塁率も.309と前年度を下回る。栗山も106個の三振を記録するなど不調。
 クリーンアップは、中村の打率が大幅に改善され、中島G.G.佐藤も結果を残した。それだけに、出塁が仕事の1・2番の不調が悔やまれる。


【千葉ロッテマリーンズ】
 バレンタイン監督の退任騒動はシーズンに入ってもくすぶり続け、ファンと選手の対立にまで発展。なかなかいいニュースではなかったし、これがチームに悪い影響を与えたといってもいい。

 投手陣は全体的に安定感がなかった。チーム防御率はリーグ5位の4.23
 スターターは、成瀬以外で10勝をマークした選手が不在、リリーフ陣もシコースキー以外に安定感はゼロ。

 打線は、サブローの活躍などはあるものの、チーム打率がリーグワーストの.256に沈む。

 投打に渡って不調が目立ち、チーム外での騒動もあった。課題は全体の底上げだが、投手は清水(直)が横浜へトレードされ、シコースキーの退団もあってさらに厳しいものと予想。打線はキム・テギュンの加入があるが、投手力の事を考えると来季も苦しいか。


【オリックス・バファローズ】
 昨シーズンの若手スターター陣の登場、外国人選手による重量打線で優勝戦線に絡んでくるものと予想する人が多かっただろうが、終わってみれば見事なまでの裏切り(・ω・`)

 投手陣は、スターターが金子岸田以外で10勝をマークした選手はおらず、防御率も4点台と悲惨。
 リリーフ陣も崩壊しまくりで、クローザーの加藤(大)防御率5.23。終盤にはスターターの金子をクローザー転換せざるを得なかった。

 打線は、ローズフェルナンデスカブレララロッカの4選手が故障により全員戦線離脱、外国人に頼り切っていた事による弊害が露呈した。チーム打点王はローズの62打点からも、得点力不足が伺える。

 課題は野手陣の底上げか。投手陣も同じ事は言えるのだが、素材はいいだけになんとかなると思う。
 ただ、打線に関しては日本人選手の活躍がここ数年目立っていないだけに、若手のT-岡田らの台頭がカギとなる。



 セ・リーグはまた後日(`・ω・´)



 あったかくして寝ろよ!


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

コメント

・森○
 今月中には書きたいけど、間に合うかどうか…(^^;

2009.12.14/00:20  管理人:スイッチピッチャー  編集

セリーグのほうも期待しています!!

2009.12.12/23:18  森○  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

スイッチピッチャー

Author:スイッチピッチャー
名前の由来:野球好きの両利きで、左右どちらでもボールを投げられることから。
もちろん、ラジオネームも同じ^^
だけど、最近はあまり活躍せず…

出身:生まれは京都、育ちは埼玉(・w・`)

好きな球団:巨人…だけど、基本的にはプロ野球全体が好き^^


なんだか、この1、2年でくりぃむしちゅー色が強いブログになっちまった(^^;

通算投球数【アクセス数】
球目
※次のキリ番は【200,000】人目!

ソザイガローさんより、キャッチボールのGIFアニメをお借りしてます。
My Blog Data
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー

ブログアーカイブ
直近1年分は月単位で表示し、それ以外は年単位で表示しております。
年をクリックすると、その年が月単位で表示されます。
ブログ内検索
RSSフィード
人気記事ランキング
人気ブログランキング
相互リンク集
24時間以内に更新されたブログには、マークがつきます。
管理者ページ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム(FC2ブロガーのみ)

Copyright ©switch - pitcher's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.