switch - pitcher's blog

別名:くりぃむしちゅーな風景があるブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ゼルダの“伝説のコンサート”

2011.10.11 23:55

category : 日記

11_10_10_01.jpg

 やぁ…まいったね!

 ゼルダの伝説 時のオカリナ3Dを購入すると応募ができた、ゼルダの伝説 25周年記念 シンフォニーオーケストラコンサート
 昨日、コイツに行ってきた!もちろん、初の生オーケストラ!!


 会場のすみだトリフォニーホール(大ホール)は1801席で、2回公演

 応募ができた期間で売り上げた本数がおよそ27万本で、1枚の応募券で最大4枚までチケットの応募ができる


 ソフトを買った人の約3割(約9万人)が、平均3枚のチケットを応募したと仮定しても相当な倍率だというのに、運よく当たってしまったオレ(^^;

 しかもS席(=゚ω゚)!
 後方の席だったが、ほぼセンターの席だったので全体を見渡す事ができる、いい席だった\(*゚∀゚*)/



 会場の柱がゼルダ仕様となっていて、入る前から気持ちが高ぶってくる><

11_10_10_02.jpg

11_10_10_03.jpg

 開場前から人が集まっていたので、予定より10分早く開場(`・ω・´)


 ホール内は撮影禁止なのが残念だったが、開演前のパイプオルガンの上にはマスターソードハイリアの盾が飾ってあった(=゚ω゚)!


 そして開演。

 指揮者は竹本泰蔵、演奏は東京フィルハーモニー交響楽団が担当。

 東京フィルハーモニー交響楽団は今年、日本のオーケストラとしては初めて100周年を迎えた歴史あるオーケストラ。


 司会進行は、なんと宮本隆治氏と“しょこたん”こと中川翔子!\(*゚∀゚*)/
 本人のブログでも事前に出演を匂わせる発言はなかった様なので、完全にサプライズ^^

 あと、ゼルダの伝説の制作に携わった宮本茂氏近藤浩治氏青沼英二氏の3人も登場!


 後に分かった事だが、新作ゼルダの伝説 スカイウォードソードに出てくるゼルダ姫にそっくりな衣装と髪型だったしょこたん。

 あくまでも、“メイクさんに頼んだら、偶然そうなった”との事(^^;


 曲の合間には短いトークが挟まれるのだが、完全に1人のゼルダファンのしゃべりっぷりだったね
 司会の仕事忘れてるんじゃないかと思うくらい、熱く語っていた。

 覚えているだけでも、

「(2階席を指差し)あそこにフックショットを打ち込みたい!」
「とりあえず、民家に入ったら壺を割る」
「(サリアの歌を聴いて)ゴロン族の様に踊りだしたくなった」
「(あまりのマシンガントークに)息継ぎを忘れた」
「(ラスト曲のフリをお願いされて、)わ、私でいいんですか!」
「ゼルダの為に、長生きをする!」

…と、いう感じだったかな?



 …と、ここまででかなりの長文になったから、これ以降は[READ MORE...]にて(`・ω・´) b ビシッ!!



 さて、今回のオーケストラは二部構成

 第一部はこちら。

1.ハイラル城(「神々のトライフォース」より ハイラル城)

2.ゼルダ姫のテーマ(「神々のトライフォース」より ゼルダ姫のテーマ)

3.風のタクトメドレー(「風のタクト」より 勇者伝説 ~ プロロ島 ~ 旅立ち ~ 海賊 ~ 妹との再会 ~ 大海原 ~ ゼルダ覚醒 ~ 風の勇者 ~ ガノンドロフ戦 ~ スタッフクレジット)

4.組曲オカリナメドレー(「時のオカリナ」「ムジュラの仮面」より 太陽の歌 ~ ゼルダの子守歌 ~ 森のメヌエット ~ ゴロンのララバイ ~ 光のプレリュード ~ 炎のボレロ ~ ぬけがらのエレジー ~ 潮騒のボサノバ ~ めざめのソナタ ~ いやしの歌 ~ 水のセレナーデ ~ 大翼の歌 ~ 時の歌 ~ エポナの歌 ~ 闇のノクターン ~ 誓いの号令 ~ 魂のレクイエム ~ 嵐の歌 ~ サリアの歌)

5.ボス戦闘曲メドレー(「時のオカリナ」より 中ボス戦闘 ~ 恐竜系ボス戦闘/「風のタクト」より モルドゲイラ/「大地の汽笛」より ボス戦その2/「トワイライトプリンセス」より ボス戦その2)

6.カカリコ村~トワイライトプリンセステーマ(「神々のトライフォース」より カカリコ村/「トワイライトプリンセス」より テーマ)

7.ゼルダの伝説25周年シンフォニー(「神々のトライフォース」より トライフォースの部屋/「大地の汽笛」より 汽車フィールドその2/「風のタクト」より 竜の島/「神々のトライフォース」より 裏の地上/「時のオカリナ」より ゼルダ姫のテーマ)


 オープニングを飾った「ハイラル城」はもちろんいいんだけど、第一部でベストだったのは「組曲オカリナメドレー」。

 このメドレーは、オーケストラの楽器紹介も兼ねている。

 各楽器の良い部分を引き出しての選曲はもちろんの事、最後の「サリアの歌」で合唱団も含めた演奏は、まさしく“ゴロン族も踊りだしたくなる”感じだった(=゚ω゚)!
 メドレーの中で最も長い曲、トリ、そしてオーケストラの力をフルで使うとか、卑怯だぜ…!


 この他にも、例えば「大地の汽笛」なら汽車が走る重厚感だったり、「風のタクト」なら壮大な大海原を自由に進む爽快感を感じさせる演奏で、オーケストラが持つ音の重み、深み、躍動感がこの時点で存分に味わえる内容だった。

 それもそのはず!

 通常、オーケストラは60人編成らしいのだが、今回は90人と1.5倍の編成だという。
 それだけ、音に強さを持たせられるワケだ。



 そして、休憩を挟んだのち、第二部。

8.ガノンドロフのテーマ(「時のオカリナ」より ガノンの塔 ~ ガノンドロフのテーマ ~ ガノンドロフ戦闘 ~ ガノン最終戦)

9.ゼルダの伝説 小品組曲

10.ゲルドの谷(「時のオカリナ」より ゲルドの谷)

11.「時のオカリナ」ハイラル平原(「時のオカリナ」より ハイラル平原)

12.大妖精のテーマ(「神々のトライフォース」より 大妖精の泉)

13.トワイライトプリンセスメドレー(「トワイライトプリンセス」より タイトル ~ 精霊の嘆き ~ ミドナのテーマ ~ ハイラル平原 ~ 賢者のテーマ ~ ガノンドロフ戦 ~ スタッフクレジットその2)

14.ゼルダの伝説 メインテーマ(「ゼルダの伝説」より タイトル ~ 地上テーマ/「神々のトライフォース」より 表の地上)


 第二部は非常に熱い内容の連続だった。


 まずは、「ガノンドロフのテーマ」。

 ここでパイプオルガンが使われたのだが、パイプオルガン奏者の鈴木隆太氏が黒のマントを纏って登場し、着席する。

 その時のマントを広げる様は、まさしく「時のオカリナ」のガノンドロフ!
 観客のほとんどは一瞬で理解し、ざわついたな∵ゞ(≧ε≦o)

 マントには特に装飾されてなかったが、あれくらいのパフォーマンスをしてくれるとは思わなかった。


 「ゼルダの伝説 小品組曲」は、アイテムゲット時のファンファーレをはじめ、細かい曲をたくさん組曲にしたもの。
内訳は

「ゼルダの伝説」より 笛 ~ 地下 ~ デスマウンテン/「リンクの冒険」より 神殿クリア/「神々のトライフォース」より 迷いの森/「シリーズ共通」アイテムゲット/「神々のトライフォース」より 神殿/「時のオカリナ」より 家の中 ~ ミニゲーム/「ムジュラの仮面」より 町長の部屋会議室/「時のオカリナ」より ハイラル城中庭ゲーム/「ムジュラの仮面」より ミルクバー/「神々のトライフォース」より ボスクリア


 ネットで検索したら、この内訳との情報があった。
 正直、全部は分からなかった(^^;


 「時のオカリナ」ハイラル平原は、なんと観客とのインタラクティブ演奏だった。
 簡単に言えば、その場で曲の構成を観客が決めるというもの。

 その構成を決める方法なのだが、会場に入る時に配布されたパンフで意思表示をする。

11_10_10_04.jpg

11_10_10_05.jpg

 緑を基調とした25周年記念イラストと、「イマカラ モウヒトツノ タビ ガ ハジマリマス  スタートボタン ヲ オシテクダサイ  NINTENDO」と書かれた黒の裏表紙

 イラストを掲げると戦闘モードに、裏表紙なら静寂に包まれたハイラル平原が演奏される。
 ちなみに何も掲げなかった場合は、通常のリンクが走っている時のハイラル平原。

 で、どのタイミングでこれを出すのかというと、近藤氏が曲中、手に持ったマスターソードを天に掲げた時!
 その時にざっと見て多かった意見を指揮者に伝えるというもの。

 これは面白い試みだったね。
 オーケストラの光景としてはシュールなんだろうけどw


 で、そんなこんなで、ラストの「ゼルダの伝説 メインテーマ」。

 目を瞑るとゼルダの光景が、目を開けると躍動感あふれるオーケストラ、そして魂のこもった指揮者の動き…時間があっという間に過ぎていった。

 涙が出そうだったぜ…音楽を聴いているだけなのに><
 ってか、泣いてる人いたね。最初から泣いてる人もいた様だし。


 あっという間に過ぎて行った2時間。

 これで終わり…ではなく、アンコールとして近藤氏のピアノで、風のタクトより「おばあちゃん」が、新作・スカイウォードソードからは「女神の歌」が演奏された。



 初めての生オーケストラだったけど、これはすごいね!

 S席3000円は安すぎる…3倍くらい取ってもいいんじゃないかと思うくらい、満足のいく演奏だった。


 観客の層が、意外と高めだったのにも驚きだった。
 まぁ、当然親が子供の同伴で…というのもあるだろうけど、そうじゃない人も少なくなかった。

 応募には時オカ3Dを買って、中のシリアルナンバーを入力する事が条件だから、ただのオーケストラファンじゃないと思うんだけど…これは、個人的にびっくりしたね。


 あと、これはオーケストラとは関係ないけど、3DSのすれ違い通信の頻度がパネェ事になっていた(=゚ω゚)!

 1回につき、最大10人までしかデータが維持できないからすべて回収はできてないけど、それでも200人以上とはすれ違ったなぁ…半分以上がゼルダ仕様のMiiにしていたね。

 会場見渡しても、開演ギリギリまですれ違い通信の回収に明け暮れる人が多かった(^^;

 オレも、くりぃむ・上田のMiiにリンクの帽子をかぶせてやったったw


 その200人の中に、なんと任天堂の岩田社長と会場にいらっしゃった御三方の公式Miiが紛れ込んでいた\(*゚∀゚*)/

 これもサプライズのひとつだね。
 たぶん、会場内で配信されていたんだと思う。ポケモンの映画館内での配信みたいな感じで。



 いやぁ…しかし、1日経っても興奮が冷めないね。

 ちょっとオーケストラに興味が出てきたし、他のゲームのオーケストラバージョンも聴いてみたいね。

 指揮者の竹本氏も参加しているPRESS START -Symphony of Games-とかが代表例なのかな…まぁ、時間とタイミングが合ったら行ってみたいね。



 あったかくして寝ろよ。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

スイッチピッチャー

Author:スイッチピッチャー
名前の由来:野球好きの両利きで、左右どちらでもボールを投げられることから。
もちろん、ラジオネームも同じ^^
だけど、最近はあまり活躍せず…

出身:生まれは京都、育ちは埼玉(・w・`)

好きな球団:巨人…だけど、基本的にはプロ野球全体が好き^^


なんだか、この1、2年でくりぃむしちゅー色が強いブログになっちまった(^^;

通算投球数【アクセス数】
球目
※次のキリ番は【200,000】人目!

ソザイガローさんより、キャッチボールのGIFアニメをお借りしてます。
My Blog Data
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー

ブログアーカイブ
直近1年分は月単位で表示し、それ以外は年単位で表示しております。
年をクリックすると、その年が月単位で表示されます。
ブログ内検索
RSSフィード
人気記事ランキング
人気ブログランキング
相互リンク集
24時間以内に更新されたブログには、マークがつきます。
管理者ページ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム(FC2ブロガーのみ)

Copyright ©switch - pitcher's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。