switch - pitcher's blog

別名:くりぃむしちゅーな風景があるブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ごもっともな解説でした【巨人戦 初解説 落合博満 原巨人をメッタ斬り】

2012.04.23 23:55

category : 野球関連

巨人戦 初解説 落合博満 原巨人をメッタ斬り

「言ってることとやってること違う」
 皮肉交じりの「落合節」が炸裂した。

 19日の中日―巨人戦。落合博満前監督(58)が監督退任後、初めてナゴヤドームでテレビ解説をした。4―1で中日が巨人を下したこの試合。巨人の原監督の采配について次から次へとツッコミを入れた。

「今日のゲームはこれが全てだったと思います」
 落合前監督がこう振り返ったのは、巨人の1―4で迎えた六回の場面だ。先頭の長野が安打で出塁。阿部が倒れて1死一塁となり、打席には村田。その3球目に巨人ベンチは長野に盗塁を指示したが、これが失敗に終わり、反撃ムードが一気にしぼんだ。

「私には考えられません。(もし長野を)動かすなら阿部のところ。走らすことは悪くない。成功した失敗したじゃなく、展開を考えたらね。あれ以降、巨人の打者は誰も塁に出ていない。これで終わったという感じを(巨人の選手が)持ったんじゃないか。ちょっと残念です。(中日監督時代)巨人とやってて、どっしりと(構えて)攻撃されるのが嫌だった。あの強力打線ですから、ホームランを打たれるのが一番嫌だった。送ったり、走ったり動いてくれると楽だった。(長野の盗塁は)その最たるものです」

 落合前監督は試合中に再三、中日先発の吉見について、「状態は良くない」と指摘していた。吉見自身もお立ち台で「きょうは苦しかった」と振り返った。その吉見を打ち崩せなかったのは、巨人のベンチワークのミスと言うのだ。

 昨季から不振が続いている小笠原についても、「左ひざが折れるのが早いから、前に体重が乗ってこない。バットが前に出てこない。そこが直れば普通に打てる。本人は気づいてないと思う。あとは練習で手助けしてやらないと」と指摘。首脳陣の指導力が足りないと言わんばかりだった。

「谷の2番はもったいない。小笠原が2番でもおもしろい」
 そう言って巨人打線の並びにも注文をつけた落合前監督はこうも言った。

「(原監督は)口で言ってることと実際にやってるのが違うんだなと」
 巨人はこの3連戦、内海と沢村を20日からのヤクルト戦(神宮)に回し、杉内、ホールトン、ゴンザレスのローテを組んだ。巨人はこのナゴヤドームで、昨年は5勝5敗2分け。一昨年には2勝10敗とコテンパンにやられた。原監督が「ナゴヤドームでの中日戦で本当の力を出せるのがレギュラー」と言っているのも、苦手意識があるからこそ。それを払拭するためにもこの敵地での最初の3連戦は重要だった。

 だが、原監督は左右エースを回避させた。巨人は今季、中日に対して東京ドームでは2勝1分け。17日の初戦も杉内で勝っていた。中日はここで3連敗でもしようものなら、大きなダメージを受けたはずだ。それを踏まえて落合前監督は「巨人はナゴヤでどういう戦いをするかが一番大事だった」と、こう続けた。
「きょう、ゴンザレスと聞いてエッと思った。ホールトンを後ろに回して、勝つ確率が高くて、(中日が)一番嫌がるローテを組んでもいいのかなと。(原監督は)言っているのと実際にやってるのが違うんだと」

 実は落合前監督は、4月に行われた講演会で巨人について、「巨人はタツ(原監督)がベンチで寝ていれば勝つ。あの打線の組み方はイヤでもなんでもない。選手のプライドをズタズタにしているから、うまいこと機能しない」と辛辣な言葉を投げかけたという。
 結局、この3連戦を1勝2敗で負け越した巨人。落合前監督が言うまでもなく、やられるべくしてやられたといっていい。


http://gendai.net/articles/view/sports/136270
【ゲンダイネット より引用】


 ースがゲンダイというのが、何とも言えん感じがしてならんのだが…とりあえず、この記事だけは間違っている事を書いてないと思うので、引用しておく。


 まぁ、しかしひどいね、今年の巨人
 落合が解説していた19日の中継は途中から見ていたけど、納得のいく解説だったわ。

 記事にも書いてある通り、6回に仕掛けた長野の盗塁は、阿部がバッターボックスに立っている時にやるべきだったね。

 阿部は左打者だから、位置的にキャッチャーは二塁へ送球しにくくなる ― つまり、盗塁が成功しやすくなるいうのもある。

 仮に阿部の時に盗塁を仕掛け、失敗しても1死ランナーなしで、阿部は比較的自由に打つ事ができ、もしこれで長打でも出ようもんなら、村田は右打ちを意識したバッティングで進塁打を打てば最低限の仕事が可能。
 二死三塁…文字通り、ワンヒットで1点だな。


 だが、阿部が倒れ、長野も盗塁死となればチームのモチベーションは急激に下がる一方、ただでさえ打撃不振の村田は気楽になんか打てやしない。

 …と、オレは思ったんだけど、どうだろう?
 まぁ、重量打線の巨人だから、そもそも足で揺さぶる事自体どうなんだという見方もあるけど。


 まぁ、他にも言いたい事はいろいろあるよ。

 阿部の送りバント指示や、由伸小笠原らのベテランのプライドを傷つける様な起用法、不調のボウカー亀井なんかにこだわってスタメン起用したり、こういう状況だからこそ経験を積ませるべき若手の宮國を早々と降板させたり、2、3打席しかたってない太田を二軍降格させる、逆に二軍でボウカーより打っている松本らを昇格させないなど、ホントやる事成す事ムチャクチャ。


 落合が講演会で言ったという、「巨人はタツ(原監督)がベンチで寝ていれば勝つ」というのは、まさにその通りだと思うわ。

 選手個々の能力の高さは12球団を見ても抜けているんだから、監督は下手に干渉せずにどうすればモチベーションを維持できるのかとか、何か異常はないか観察するとか、それこそ落合が監督の時に選手に対してやっていたような事でもやってりゃいいと思うんだわ。

 WBCの時は、だいたいそれができていたような気がするんだけどな…。
 記憶違いだったらスマン。


 このままだったら、の首は飛ぶだろうね。
 他の球団やサッカーだったから、途中解任を考えられてもおかしくないレベル。



 あったかくして寝ろよ~。


 ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

スイッチピッチャー

Author:スイッチピッチャー
名前の由来:野球好きの両利きで、左右どちらでもボールを投げられることから。
もちろん、ラジオネームも同じ^^
だけど、最近はあまり活躍せず…

出身:生まれは京都、育ちは埼玉(・w・`)

好きな球団:巨人…だけど、基本的にはプロ野球全体が好き^^


なんだか、この1、2年でくりぃむしちゅー色が強いブログになっちまった(^^;

通算投球数【アクセス数】
球目
※次のキリ番は【200,000】人目!

ソザイガローさんより、キャッチボールのGIFアニメをお借りしてます。
My Blog Data
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー

ブログアーカイブ
直近1年分は月単位で表示し、それ以外は年単位で表示しております。
年をクリックすると、その年が月単位で表示されます。
ブログ内検索
RSSフィード
人気記事ランキング
人気ブログランキング
相互リンク集
24時間以内に更新されたブログには、マークがつきます。
管理者ページ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム(FC2ブロガーのみ)

Copyright ©switch - pitcher's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。