switch - pitcher's blog

別名:くりぃむしちゅーな風景があるブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

夏の高校野球で話題をさらった“カット打法”

2013.08.23 23:55

category : 野球関連

夏の高校野球で話題をさらった“カット打法”


■花巻東の千葉翔太外野手の“カット打法”は是か非か!?

夏の全国高校野球は、前橋育英(群馬)の初出場初優勝で幕を閉じたが、話題をさらったのは花巻東(岩手)の身長156センチの千葉翔太外野手(3年)だった。

2つある。1つは、決勝進出を延岡学園(宮崎)とかけた準決勝で、自分のバッティングができず、4打数無安打に終わったことだ。

ベースに覆いかぶさるように構える左打者の千葉は、バントに近い構えからボールを頻繁にカットしてファウルで粘っていた。これが、「高校野球特別規則・17」の「バントとは、バットをスイングしないで、内野をゆるく転がるように意識的にミートした打球である。自分の好む投球を待つために、打者が意識的にファウルするような、いわゆる“カット打法”は、そのときの打者の動作(バットをスイングしたか否か)により、審判員がバントと判断する場合もある」という項目に抵触するとして、大会本部から花巻東に伝えられた。つまり、3バントと見なされる可能性を示唆され、千葉の“カット打法”は準決勝の大舞台で封印されたのである。

結局、4打数ノーヒットでの敗戦。「ファウルしてカットする自分の役割ができなかった。いつも通りの野球ができなかった」と千葉は涙が止まらなかった。確かにバントと見なされて仕方がないカットもあっただろうが、どれが認められるカットで、どれが違反のカットかの明確な基準がない以上、審判の判断に任せるしかない。準決勝を前にして、禁止と判断されれば従わなければいけなかったのである。

しかし、ここで問題なのは、それを千葉及び花巻東側に知らせる時期だ。延岡学園との準決勝までに、彦根東、済美、鳴門と戦ってきた花巻東。その間、千葉は“カット打法”で打率.700と大活躍し、とくに準々決勝の鳴門戦では相手投手が投じた163球のうち41球を1人で稼いだ。準決勝進出の立役者である千葉に対し、準決勝直前に「その打法は禁止ですよ」というのは今さらである。せめて甲子園での初戦が終わった時点か、もしくは岩手県での予選の段階で指摘すべきだった。または、大会終了後に「今後はしっかりと適用したい」とすればよかったのではと思う。

ボールをカットする技術はプロでも“高等”であることと、指摘した時期を考えれば、千葉を責めることはできないだろう。


■塁上でのサインを出す疑いのある行為は断じて許されない

しかし、もう1つの話題は決してやってはいけないことだ。鳴門との準々決勝で、八回の花巻東の攻撃中、二塁走者の千葉が打者に向かってサインを出していると指摘され、球審に注意されたことだ。指摘したのは鳴門の日下大輝捕手(3年)で、二塁走者の千葉が塁上から手を一、三塁方向へ向けるなど不自然な動きをし、それに合わせて打者が打席で立つ位置を変えたりしたため、「走者がサインを出しています」と小山球審に訴えた。大会の試合規定では、捕手のサインを見てコースや球種を伝える行為を禁じ、疑いでも許されていない。これを受けて審判は試合を止め、千葉に注意し、ベンチには千葉に注意したことを伝え、試合は再開された。

花巻東の佐々木監督は試合後、「千葉がズボンをポンと触っていたのをサインを出しているのではないかと相手捕手にアピールされたんです。わざわざズボンを触って、手でサインを出すなんてことはないです」と否定したが、とにかく、疑わしい行為ですらやってはいけないのだ。

もし、このような行為をメジャーリーグでしたら大変なことになる。二塁走者は次の打席でぶつけられることがある(死球)。その走者が交代していたら、代わりの選手がぶつけられる可能性がある。それほどやってはいけない行為で、ベンチでは二塁走者の動きを必要以上に見ていると言っていい。

千葉個人でやったのか、チームの指示なのかはわからないが、メジャーでもタブーである行為は、正々堂々とスポーツマンシップを謳う高校野球ではなおのことやってはいけないのは間違いない。


http://allabout.co.jp/gm/gc/417436/
【All About より引用】


 れ…サイン盗み疑惑を指摘するついでに、千葉選手の“カット打法”禁止を言った感が否めないんだけど。


 サイン盗みなんてご法度であるのは、別に野球に限った事ではないので、ここであーだこーだ言うつもりはない。
 問題は、千葉選手のカット打法。

 確かに打つ気がなくて、見ている方はイラッと来るものがあった。
 きわどい球のカットならいいが、甘い球ですらカットしているんだもんな…。

 スイングしているかどうかの部分も、(ひとつの見方として)手首が返っているか微妙な部分もあって、規則に抵触する可能性は否めなかったと思う。


 ただ、なんであのタイミングで言うのかが、理解できないのよ
 この一点に尽きる。

 向こうの言い分としては、「他の試合では問題なかった」としているが、そんな言い分で納得はできないよ。

 あれが彼のプレースタイルならば、他の試合だって探せば微妙な場面があると思う。
 地方大会の段階で、審判は目をつけていたらしいしね。

 だったら、その時に言うべきだと思う
 過去にも同様の場面があった時は、その場で指摘し、バントと見なした事もあったらしいじゃないか。


 それなのに、なぜ今回はこのタイミングなのか…と、考えると、それまでの審判が揃いも揃って節穴だったのか、サイン盗み疑惑で心証が悪くなって、そのついでに言ったのか ― そう考えちゃうよなぁ。

 まぁ、審判の目が揃いも揃って節穴だった場合、それはそれで別問題が生じるけどな…。


 あと、「高校野球特別規則・17」に「バントとは…(中略)…自分の好む投球を待つために、打者が意識的にファウルするような、いわゆる“カット打法”は…(以下略)」って書いてあるけど、この論理だと敬遠もアウトじゃね?と、少なからず思うんだけど。

 カット打法がアウトで、松井秀喜が受けた5打席連続敬遠はセーフって、おかしいだろ…。



 ホント、高野連はやる事成す事下手くそすぎ。
 それだけは、カット打法がスイングしていたかどうか以上に明確に分かった。



 あったかくして寝ろよ~。


ランクリ、お願いしますm(_ _)m
  人気ブログランキングへ

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

スイッチピッチャー

Author:スイッチピッチャー
名前の由来:野球好きの両利きで、左右どちらでもボールを投げられることから。
もちろん、ラジオネームも同じ^^
だけど、最近はあまり活躍せず…

出身:生まれは京都、育ちは埼玉(・w・`)

好きな球団:巨人…だけど、基本的にはプロ野球全体が好き^^


なんだか、この1、2年でくりぃむしちゅー色が強いブログになっちまった(^^;

通算投球数【アクセス数】
球目
※次のキリ番は【200,000】人目!

ソザイガローさんより、キャッチボールのGIFアニメをお借りしてます。
My Blog Data
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー

ブログアーカイブ
直近1年分は月単位で表示し、それ以外は年単位で表示しております。
年をクリックすると、その年が月単位で表示されます。
ブログ内検索
RSSフィード
人気記事ランキング
人気ブログランキング
相互リンク集
24時間以内に更新されたブログには、マークがつきます。
管理者ページ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム(FC2ブロガーのみ)

Copyright ©switch - pitcher's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。