switch - pitcher's blog

別名:くりぃむしちゅーな風景があるブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

(´・ω・`)【<山内氏死去>ゲーム産業歴史築く ファミコン「遊び」変え】

2013.09.19 22:35

category : その他ニュース関連

<山内氏死去>ゲーム産業歴史築く ファミコン「遊び」変え

 19日に85歳で死去した任天堂相談役の山内溥さんの生涯は、ゲーム産業がたどってきた歴史と重なる。任天堂が発売した携帯型ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」や、据え置き型ゲーム機「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」は、子供の遊びやライフスタイルを大きく変えた。くしくも今年はファミコン発売から30年。近年はゲーム人気のお株をスマートフォン(多機能携帯電話)向けゲームに奪われつつあるが、山内さんが育てたゲーム文化の灯は消えることはない。

 1949年に22歳で社長に就任した山内さんは、77年に任天堂初の家庭用ゲーム機「カラーテレビゲーム15」を発売。80年に発売した「ゲーム&ウオッチ」は一大ブームを巻き起こし、その後の任天堂のゲーム路線を決定づける原点となった。

 最大のヒット作は、83年7月に発売したファミコンだ。ゲームセンターでしか遊べなかったテレビゲームが家庭でも楽しめるようになった。ファミコンは発売後2年間で約5000万台が売れ、テレビゲームが一挙に子供の遊びの中心へと躍り出た。山内さんは後に「タイミングが良かった。それまでもテレビゲームはあったが、遊びたいと思える代物ではなかった。そこに格段に楽しく面白いものが現れた。ラッキーだったんでしょう」と語っている。

 次々と有力ソフトも誕生し、85年の「スーパーマリオブラザーズ」は、全世界で4000万本以上を売り上げ、「世界一売れたゲーム」としてギネスブックに登録されている。88年に「ドラゴンクエスト3」が発売されると、ソフトを手に入れるために「子供たちが学校を休んで行列した」とか、「徹夜でゲームに熱中する子供たち」などマスコミをにぎわせ、ファミコン人気は頂点に達した。

 89年には「ゲームボーイ」、90年に「スーパーファミコン」と、ゲーム機を立て続けに発売。96年のゲームボーイ用ソフト「ポケットモンスター赤・緑」の大ヒットで、ゲーム市場の拡大に大きく貢献した。

 ゲーム市場の広がりとともに、会社の業容も拡大した。ファミコン発売前の81年8月期の任天堂の連結売上高は239億円、最終(当期)利益が16億円にとどまっていたが、スーパーファミコン発売後の93年3月期には売上高は26倍の6346億円に、最終利益は55倍の886億円に成長した。

 しかし、このころからライバルメーカーが台頭。94年には、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)」でゲーム市場に参入。CD-ROMと3Dグラフィックスで業界に革命を起こし、任天堂から業界首位の座を奪い取った。松下電器産業(現パナソニック)も94年に「3DO REAL」で参入。セガも「メガドライブ」や「セガサターン」を発売した。

 「コンピューターはソフトがなければただの箱。ユーザーはより面白いソフトを求める。決め手はソフトなんです」。それでも山内さんはソフト重視の姿勢を貫き、盟主の座を奪い返す。

 01年に「ゲームキューブ」を発売。02年に社長に岩田聡氏を抜てきし、自らは経営の一線から退いたが、04年に「ニンテンドーDS」、06年に「Wii(ウィー)」と、ともに1億台以上を売り上げた大ヒット商品を発売。「脳トレブーム」を巻き起こし、それまでゲームに縁がなかった女性などを取り込み、任天堂を売上高1兆円企業に育てる礎を築いた。12年には6年ぶりの家庭用ゲーム機「Wii U(ウィーユー)」を市場に投入した。


 ◇試行錯誤の果て 「ゲームの任天堂」へ脱皮

 19日死去した前任天堂社長の山内溥さん(85)は、老舗の花札メーカーだった任天堂を世界的なハイテク優良企業「ニンテンドー」に育て上げた立役者だ。しかし、その成長の過程は試行錯誤の連続だった。

 わずか22歳の若さで家業を継いだ山内さんは、「いつまでも花札とトランプに頼っていてはいけない」と、新事業参入を決意。しかし、最初に手がけた乾燥米に湯をかけて食べるインスタントライスは失敗。エレクトロニクス玩具の光線銃(1970年)も不良品続出だった。ボウリング場を転用するレーザークレー射撃システム(73年)も、オイルショックのあおりで成功しなかった。

 試行錯誤の果てにたどり着いたのが、家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」(83年)だった。市場には既にゲーム機が出回っていたが、「いかにハード本体の機能が高くても、ソフトが面白くなくては売れない」と考えた。ファミコンは、子供でも買えるように徹底的にコストを下げ、カセットを交換すればさまざまなソフトが動くようにした。ここから一世を風靡(ふうび)した「スーパーマリオブラザーズ」などのヒットソフトが登場し、「ゲームの任天堂」への脱皮に成功した。

 その後、参入企業が相次ぎ、ゲーム市場は年々拡大していった。しかし、山内さんは「面白くないソフトが増え、ゲーム市場は危機に瀕(ひん)している。任天堂は面白くないソフトは売らない」と警鐘を鳴らし続けてきた。その姿勢が、時には業界の“孤高の人”と映ることもあった。しかし、「消費者に楽しんでもらいたい」という原点にこだわり、自分が切り開いたゲームという新市場に、最後まで熱いまなざしを持ち続けた。

 74歳だった2002年には社長職を、当時42歳の若さの岩田聡さん(現社長)に譲り、世間を驚かせた。岩田さんは山内さんの期待に応え、任天堂をさらに発展させた。

 財界活動から距離を置き、独自の経営哲学を貫いたことから、村田製作所の創業者、村田昭さん(故人)やロームの創業者、佐藤研一郎さんとともに「京都の3大奇人」と呼ばれたことも。その一方で、京都大病院に私財の75億円を寄付し、2010年に新病棟「積貞(せきてい)棟」を完成させた。

 また、任天堂の筆頭株主だったことから、米経済誌フォーブスで日本の富豪ランキングの上位に毎年選出された。


http://mainichi.jp/select/news/20130920k0000m020093000c3.html
【毎日jp より引用】


 や、まいったね。

 今も昔も、ずっと任天堂のゲームが好きなオレとしては、ちょっとショックだなぁ…。


 スーファミの後期ぐらいからしか分からないけど、昔っから任天堂のゲームは親しみやすいというか、いかにも“ゲーム”というか、「ゲームとは何ぞや?」というのを分かっていた気がすると思うのよ。

 記事にも書いてあるが、「コンピューターはソフトがなければただの箱。ユーザーはより面白いソフトを求める。決め手はソフトなんです」「いかにハード本体の機能が高くても、ソフトが面白くなくては売れない」というのが、それを指し示しているでしょ?

 今でもN64版のスマブラとかマリカが面白いと思えるのはそういう事。
 ハッキリ言って、他のメーカーでそう思えるソフトは少ないもん。


 彼がいなければ、ゲームがここまで普及はしなかっただろう。

 任天堂は、ソフトが大事という事を忘れないでほしいな。



 ご冥福をお祈り申し上げます。


  人気ブログランキングへ

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

スイッチピッチャー

Author:スイッチピッチャー
名前の由来:野球好きの両利きで、左右どちらでもボールを投げられることから。
もちろん、ラジオネームも同じ^^
だけど、最近はあまり活躍せず…

出身:生まれは京都、育ちは埼玉(・w・`)

好きな球団:巨人…だけど、基本的にはプロ野球全体が好き^^


なんだか、この1、2年でくりぃむしちゅー色が強いブログになっちまった(^^;

通算投球数【アクセス数】
球目
※次のキリ番は【200,000】人目!

ソザイガローさんより、キャッチボールのGIFアニメをお借りしてます。
My Blog Data
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー

ブログアーカイブ
直近1年分は月単位で表示し、それ以外は年単位で表示しております。
年をクリックすると、その年が月単位で表示されます。
ブログ内検索
RSSフィード
人気記事ランキング
人気ブログランキング
相互リンク集
24時間以内に更新されたブログには、マークがつきます。
管理者ページ
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム(FC2ブロガーのみ)

Copyright ©switch - pitcher's blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。